せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!








最新情報

弱小個人がNFTの転売・販売で儲けるための方程式は?バブルは?→小さくコツコツではなく一発逆転ホームランを地道に狙う

先にまとめを。

★弱小個人がNFTの転売・販売で儲けるための方程式は?★

・個人が副業レベルでやってもほぼ無理(ガス代損するだけ)

・SNSの(きちんとした)フォロワー数が大事:有名人やインフルエンサー強い

・マーケティング力の勝負

・「商品」自体はあんまり関係ない

・流動性があり注目が集まっているNFTを途中で買えれば:めっちゃむずい

小さくコツコツではなく一発逆転ホームランを地道に狙う

弱小個人がNFTの転売・販売で儲けるための方程式は?

有名人orインフルエンサーであれば、

【NFTを買う→クリプト系アーティストとコラボ→自身のSNS等をフル活用でローンチ】

これでガッポガッポの人が多数いますが、前提が「有名人orインフルエンサー」です・・・。

(関連記事)

NFTとは?イーサリアム(ETH)・OpenSea・買い方・作り方

NFTが日本で普及しない理由はこの3つ!OpenSea+イーサリアム(ETH)+ガス代か?流動性が必須!

(以下の話はすべて2021年10月時点です)

・個人が副業レベルでやってもほぼ無理(ガス代損するだけ)

悲観的な話から入りますが、個人がチョロットした金額(10万円単位)で

参入しても、「NFTの転売でぼろもうけ」となる可能性は極めて低いです。

 

理由の一つは、ガス代(手数料)が高い事です。

(関連記事)

NFTが日本で普及しない理由はこの3つ!OpenSea+イーサリアム(ETH)+ガス代か?流動性が必須!

もともと、仮想通貨は「手数料がかからずに送金できる画期的システム!」として

煽られた記憶がありますが・・・はて?

とにかく現実には、

NFTをOpenSeaに出品するだけで5000円ほどかかります(2021年10月時点)。

買う場合も、オファーしただけで5000円ほどかかります(買えなくても!)

 

・個人が副業レベルでやってもほぼ無理(ガス代損するだけ)

 

・SNSの(きちんとした)フォロワー数が大事:有名人やインフルエンサー強い

NFTはしょせんJpeg画像データ(音楽その他もできますが、現状はほぼ画像)なので、

個々のNFTにまつわる「物語」が大事になります。

 

そうなると、名もない作家がどんな優れた小説を書いても、そもそも出版されない、

誰の目にも届かないという事になるのと同じで、どれだけ優れた絵を描けるNFT

アーティストであっても、それを世に広げる部分での能力が必要になります。

 

ですので、既に多数のフォロワーを抱えた有名人・インフルエンサーが圧倒的に

有利な世界です。

 

twitterやインスタグラムで(きちんとした)フォロワーが万単位でいれば、

それだけでNFTでぼろ儲けできる可能性は高そうです。

 

ただし、まだ勃興期のNFT市場なので、たまたまセレブやインフルエンサーに

SNSで紹介されるといった事があれば、弱小個人の作品も「世に出る」事に

なりますから、その点は(運次第とはいえ)夢がありますね。

 

マーケティング力の勝負

NFT自体に価値は(実質)ないので、あたかも価値があるように思わせる

マーケティングが極めて極めて大事です。

 

ドラッカーが言う、「優れたマーケティングはセールスを不要にする」

というやつですね。

 

自己売買も含めて、NFTに価値があるように見せる「演出」が大事に

なります。

 

まあ、この点も弱小個人にはきつい部分ではあります・・・。

 

「商品」自体はあんまり関係ない

ここまでの話をまとめると、

「商品」自体はあんまり関係ない

という事になりますね。

約18億円で落札されたCryptoPunksのドット画のNFT

上記のドット絵が、「作品」として優れていると思う人はどれくらい

いますかね?

画像

こちらのゴッホの「夜のカフェテラス」の真作ならそりゃ億で買う人が

いても驚きませんが・・・。

 

いずれにせよ、現状(2021年10月)、高値で取引されているNFTをみても、

とてもとても、アートとして優れていると思えるものはありません。

そもそも、複製可能なjpegデータですからね。

でも、一部に超高額で取引されているNFTがある事も事実です。

 

つまり、「商品」自体はあんまり関係ないです。

 

流動性があり注目が集まっているNFTを途中で買えれば:めっちゃむずい

もちろん、世界的に見れば、流動性もあり、価格がどんどん高騰している

NFTコレクションも多数あります。

 

ありますが、弱小個人がそれらのNFTに参戦して、転売で大儲けする

というのは少々考えが甘いです。

例えば、有名なCryptoPunksだと買うだけで100万円、1000万円単位ですので、

そもそもが弱小個人投資家には対象外ですね?

 

ありうるとしたら、「将来の値上がりを見越して安い段階でNFTを仕込む」という

形ですが、これも実は甘くありません。

 

この考え方からすると、「多数」のNFTを保有しないと当たらないわけ

ですが、既に述べたように、流動性があり値上がりするためには、現在(2021年10月)

の所、

「プラットフォームはOpenSea+仮想通貨はイーサリアム(ETH)」

である必要があります。

が、この組み合わせですと、ガス代(手数料)が高いです。また、他の購入者と

バッティングして買えない場合でもオファーを出すだけでガス代が5000円とか

かかります。

 

つまり、投資として、100円~1000円単位で大量にNFTを保有し、どれか

一つがアホほど値上がりするという戦術は基本的に取れません。

だって、ガス代(手数料)が高いですからね。

 

小さくコツコツではなく一発逆転ホームランを地道に狙う

NFTの転売・販売で儲けるための方程式は?

という問いへの答えは、有名人やSNSフォロワーを万単位で持っている

インフルエンサーであれば、色々なやり方でかなり楽に稼げるのは

事実ですが、そうではない弱小個人の場合、

 

小さくコツコツではなく一発逆転ホームランを地道に狙う

 

これが一番可能性は高そうです。

 

「薄利多売」はガス代がかかるので、現実的に無理です。

転売でも販売でも同じです。

 

資金が億単位であればまた別ですが、そういう人はNFTに限らず、極々少数

でしょう。

 

NFTの転売で儲けるためには、

市場調査をして、諸々のマーケティングの状況を見て、

「こいつ(このNFT)は買ってすぐ転売できる流動性がある+ドカンと

高値で売れる」

という確証を得たものに投資をするという事になりそうです。

 

とはいえ、そのホームランを狙える絶好球を地道に素振りをして待つ

という事になるわけですが・・・。

 

まとめ

★NFTの転売・販売で儲けるための方程式は?★

・個人が副業レベルでやってもほぼ無理(ガス代損するだけ)

・SNSの(きちんとした)フォロワー数が大事:有名人やインフルエンサー強い

・マーケティング力の勝負

・「商品」自体はあんまり関係ない

・流動性があり注目が集まっているNFTを途中で買えれば:めっちゃむずい

小さくコツコツではなく一発逆転ホームランを地道に狙う

以上、

NFTの転売・販売で儲けるための方程式は?バブルは?→小さくコツコツではなく一発逆転ホームランを地道に狙う

でした。

 

(関連記事)

NFTとは?イーサリアム(ETH)・OpenSea・買い方・作り方

NFTが日本で普及しない理由はこの3つ!OpenSea+イーサリアム(ETH)+ガス代か?流動性が必須!

 

 

NFTが日本で普及しない理由はこの3つ!OpenSea+イーサリアム(ETH)+ガス代か?流動性が必須!

NFTが日本で爆発しない理由はイーサリアム+ガス代か?

NFTという言葉は、Non-Fungible Token:非代替性トークンの略です。

(この記事は多少細かい話なので、基本がまだの方は下記関連記事を先にどうぞ)

(関連記事)

NFTとは?イーサリアム(ETH)・OpenSea・買い方・作り方

2021年夏ころから、一部のインフルエンサー(ネットの波乗り芸人)たちが

煽りに煽っているので、それなりに認知度が高くなってきたNFTですが、

どうもいまいち、「爆発的な普及」にはいたっていないようです。

その辺りを検証しました。

NFTが日本で爆発しない理由はOpenSea+イーサリアム(ETH)+ガス代か?

1 NFTはOpenSea+イーサリアム(ETH)の取引がほとんど

2 イーサリアム(ETH)は手数料(ガス代)がバカ高い

3 出品するだけで5000円!(2021年10月時点)

弱小の個人が大量に入ってくる仕組みになっていない

→流動性が圧倒的に少なくなる

 

1 NFTはOpenSea+イーサリアム(ETH)の取引がほとんど

(以下はすべて2021年10月時点の状況です)

NFTの売買がされているプラットフォームは圧倒的にOpenSeaという所です。

OpenSeaは世界最大のNFTプラットフォームです。

2021年現在は、NFTのプラットフォーム=OpenSeaと言っていいでしょう。

 

そして、OpenSeaでNFTを売買する際の仮想通貨はイーサリアム(ETH)がほとんどです。

Polygonというものもありますが、現実的には、

NFT=OpenSea(プラットフォーム)+イーサリアム(ETH)(仮想通貨)

となっています。

 

2 イーサリアム(ETH)は手数料(ガス代)がバカ高い

そして、イーサリアム(ETH)は手数料(ガス代)がバカ高いです。

 

ここでいう手数料(ガス代)は、イーサリアム(ETH)上のブロックチェーンに

売買履歴を正確に落とし込む「マイナー」と言われる業者へ支払われるものです。

 

具体的には、NFTをOpenSeaに出品するだけで5000円ほどかかります(2021年10月時点)。

買う場合も、オファーしただけで5000円ほどかかります(買えなくても!)

 

そして、売買されているものは、コピペ可能なJpegの画像データです(音楽や動画も

NFTにできますが、現在は画像データがほとんど)。

 

こうなると、

弱小の個人が大量に入ってくる仕組みになっていない

→流動性が圧倒的に少なくなる

という帰結にならざるを得ないですね・・・。

 

また、投資の対象としてNFTを見た場合、絶対に必要なのが「流動性」です。

仕手株でも、仕手筋が吊り上げて、個人のイナゴ投資家が寄ってくることによって

大相場になりますが、ほぼそれと同じ仕組みです。

株であれば、ネット取引によって、「手数料」が0円の場合もあり、とにかく、手数料

が劇的に下がったことでデイトレードという手法も産まれてきました。

しかしNFTはガス代(手数料)という宿命がある限り、「個人のイナゴ」・いわゆる

「カモ」が市場に入ってきづらいです。

そのために、個々の商品の流動性が極端に少なくなっています

インフルエンサーによって煽られている商品も、売買履歴を見ると、「わずか数人」

という状況です(自演も可能ですが・・・)。

 

特に、最初は売れない可能性が高いのに、出品するだけで5000円というのは

正直ハードルが高いです。100点だしたら50万円です。

 

なおPolygonであれば、2021年10月時点では手数料(ガス代)はほぼ0円ですが、

圧倒的に使われていないので、出品しても売れない、買っても転売できないという

状況が容易に想像できます。

 

さらにさらに、イーサリアム(ETH)のガス代が高いのは、仮想通貨としての

売買が多いからと言われてしまうと、今後NFTの流動性が仮に高まったとしても、

さらに手数料(ガス代)が高くなる可能性が高そうです・・・。

 

イーサリアム(ETH)のガス代を安くする4つの方法

イーサリアム(ETH)のガス代(手数料)を安くする方法はありますが、すべて

対処療法的で、根本的な解決にはなりません。

1 https://ethgasstation.info/ こちらで「相場」を確認する

2 (比較的)安い時間帯をねらう:日本時間だと昼間。深夜が高い。

3 取引回数を最小限に:流動性減るだけやん!

4 イーサリアム(ETH)の手数料のアルゴリズム変更を待つ:あほらし!

イーサリアム(ETH)のガス代が「安くなる」というよりは、少しでも節約する

(しかも本当にごくわずか)という話ですね。

 

まとめ

(関連記事)

NFTとは?イーサリアム(ETH)・OpenSea・買い方・作り方

NFTの市場が大きくなるには、個人の売買が活発化して、流動性が高くなる必要が

絶体にあるでしょう。

しかし、仕組み上、どうしても「弱小個人はガス代にしり込みする」事になりそうです。

となると、NFTの未来として想像できるのは、極々一部の好事家や資金のある投資家

が投機の対象として極々一部のNFTを高値で売買しあうような形でしょうか・・・。

NFTが日本で爆発しない理由はOpenSea+イーサリアム(ETH)+ガス代か?

1 NFTはOpenSea+イーサリアム(ETH)の取引がほとんど

2 イーサリアム(ETH)は手数料(ガス代)がバカ高い

3 出品するだけで5000円!(2021年10月時点)

弱小の個人が大量に入ってくる仕組みになっていない

→流動性が圧倒的に少なくなる

 

 

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2021年12月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ