せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!








最新情報

ユダヤの商法新装版出版で旧版はどうなる?せどりプレミア本紹介!

『ユダヤの商法』新装版が出版される

せどりの鉄板本に

 

『ユダヤの商法』(藤田田、KKベストセラーズ)

 

があります。

 

2019年4月に、この『ユダヤの商法』の新装版が出版されました。

 

 

2019年4月18日現在、さっそく在庫切れでプレミア化してます。

 

人気がある理由は、シンプルに、「面白くてためになる」から、継続的に

読者が存在し、絶えず新たな読者が生まれ、同時に読み返したい人もいる

からという事になります。





 

旧版・旧装版は基本的に安くなる

内容が変わらずに新装版が出る場合、基本的には、

旧版・旧装版は安くなります。プレミア化は終わる事が

多いです。

 

多いですが、この『ユダヤの商法』は特別なのか、まだ高い

ままですが・・・。通常1万円~2万円でしたが、8000円程度に

下がっています。

 

 

 

繰り返しますが、基本的には新装版が出れば、それまでプレミア化

していた、旧版、旧装版のせどりアイテムとしての寿命は終了です。

 

この、『ユダヤの商法』は特別な本なので、しばらくは高いままかも

しれませんが・・・。





 

新装版を寝かせればプレミア化するか?

では、今回、2019年4月に発売された、

『ユダヤの商人 新装版』

は、旧版と同じように、今後プレミア化するのでしょうか?

 

ある程度はすると思います。

 

また、この本は一読、ないしは、手元に置いておくことをオススメ

しますので、定価、ないしは安い中古価格で買えるのであれば買って

おいてはいかがでしょうか?

 

 

 

アマゾンアカウント取り消し+売上凍結?!

アマゾンアカウント凍結+売上凍結!?

年末年始は色々なドタバタがあるものですが、せどりビジネス的にも

同じです。

 

あやうく、

 

★「自己発送」出荷のアカウント取り消し+売上金凍結★

 

になる所でした。

 

事の推移をまとめると、

 

●自己発送の一部で「受注発注」の「空売り」をしていました

(出品だけしておいて、売れてから仕入れます)

●注文が来たものの、中々見つからず、一部「出荷遅延」がついてしまいました

●出荷遅延率が10%に近づきました・・・

●出荷遅延率が10%を越えました・・・

●アマゾンから電話が・・・・

●「出荷遅延率が高い」「目標は4%以下」と怒られました

●「原因・改善したかどうか・今後の方法」の「改善策」を24時間以内に出せ

●その「改善策」が認められないと、

「出品者出荷アカウント停止(FBAはOK」)」「売上金凍結」と言われました・・・

 

海外アマゾンは過去に「アカウント停止」「売上金凍結」の

めに遭った事がありましたが、日本のアマゾンでは初めてです。

 

 

アマゾンからの電話が来たのが、家族で旅行に出るまさにその瞬間

だったので、急遽、20分出発を待ってもらい、大急ぎで「改善策」を

書いて提出!

 

 

車で出発し、目的地に着いたら、すぐにスマホでGメールをチェック!

 

どうなる!!

 

改善策が認められる

なんとか、許してもらえました・・・・・・。

 

が、年末年始には同様の手法をとっている人も大勢いるようで、

中には「自己出荷アカウント停止+売上金凍結」という事態に

本当になった人もいる事が分かっています。

 

許されたのとアカウント停止+売上金凍結の差は?

 

僕の場合、「遅延率」は一時的に10%を越えたものの、

「タマタマ」「普段はほぼ遅延がない」というのが

あると思います。

 

いわゆる「新品の空売り」メインの人は、ほぼ確実に遅延が

多くなります。注文が入ったけど、仕入れができない事が

発生しやすいからです。

 

もしかしたら、そういった場合は、出荷遅延にならないように、

発送する前に「出荷通知」を送ってしまうのかもしれません。

 

ただ、これをやると、結果として仕入れられなかった場合、

返金する必要がありますし、それをしなかったら「詐欺」です。

 

返金が増えれば、今度は「注文不良率」が上がり、同じように

アカウントのリスクにさらされます。

 

つまり、仕入れできない可能性があるものを出品する「空売り」

はとてもリスクが高いという事になります。

 

僕の場合、「新品の空売り」はほとんどやらないので、

 

●何個も送れない商品が売れてしまった●

 

という事はほぼありません。

 

ただ、新品のプレミアねらいで空出品するとこの種の

事は頻繁に起こりそうです。

 

そして、アマゾンは最近この手の出品者にかなり厳しいです。

実際に、「自己出荷アカウント停止+売上金凍結」のニュースを

複数確認しています。

 

やはりトレンドせどりが強い

そうすると、「プレミア商品空売り」では稼げないのでしょうか?

 

いやいやいや、そんな事はありません。

 

「新品プレミア商品空売り」

はやめておいた方がいいですが、

「プレミア商品」で稼ぐ事はできます。

 

やはりそこで「トレンドせどり」ですね。

 

トレンドせどり―成功の本質

 

「トレンドせどり」というと、話題になっているもので

プレミア化しているものを狙う=新品ばかり

 

と思っている人も多そうですが、そんな事はありません

 

むしろ、中古の方が多いです。

やり方によっては、中古だけでも全然稼げます

 

どうやってやるの?

 

 

まあ、全てを教えるわけにはいきませんが、

ノウハウの一部を具体的に書いてしまうと、

 

「先読みでトレンドせどり」

「上がった直後をアマゾン刈り取り」

「上がっているものをブックオフ等中古屋で仕入れる」

 

この3点だけでもかなりいけます。

 

このやり方だと、「空出品」の必要がありません

少なくとも、アカウントのリスク(アカバンや売上金凍結」は

ほぼありません(ゼロと言っていいでしょう)

 

 

新品せどりや新品空売りの手法が難しくなってきた

今こそトレンドせどり?

 

一例をお見せします。

3000円程度→18888円です。

 

188888

 

 

 

 

ゆうパック、スマホアプリで値引き?

 

日本郵便は、2018年9月25日、「ゆうパック」の

発送手続きをスマホアプリでやれば、料金を1個

あたり180円値引きするサービスを始めました。

 

手順としては、

●専用アプリをスマホに入れる

●宛先、品名を入力

●登録したクレジットカードで決済

 

●荷物は郵便局に持ち込む

●スマホの画面を専用端末にかざすと宛名ラベルが出てくる

 

との事です。




 

ん?

 

よく見ると、「郵便局に持ち込む」とありますね・・・。

ヤマト運輸の宅急便も、持ち込むと100円くらい

割り引かれましたよね?

 

80円ですか? このサービスの価値は?

 

いやいやいや。だからいまだに「官」の意識の

郵便局は・・・。

 

FBAに大きい荷物を送る場合、

「持ち込む」

という選択は最初からないかと思います。

 

集荷でしょ、基本。

 

 

amazonが主導したときは、郵便局と

提携して「無料」のサービスを打ち出しました。

 

郵便局単体だと、持ち込ませて、180円引きですか・・・。

そうですか・・・。

 

実質80円の割り引きかい!

 

ほんと「官」はすかんわ。

 

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ