せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!




西野亮廣『革命のファンファーレ』を読む

キングコングの西野亮廣とは知らなかった

メディア系せどりのメリットの一つは、

 

●仕入れた商品を自分で楽しめる事●

 

です。

 

僕はしょっちゅう仕入れた本を読んでから出品しています。

楽しめて、勉強にもなって、お金にもなる、良い事だらけだ。

 

そんな中で、紹介したい一冊があったので、書きたいと思います。

本の存在は知っていたし、人気があるのも知っていたけど、

著者が、お笑い芸人の西野亮廣とは知らなかった。

 

新聞広告で顔写真見たときは、

「ああ、今風の若い二枚目実業家か」

と思っていた。

 

読み始めても、

「ああ、賢い人だな。IT関係の経営者かな」

と思った。

 

奥付みたら

「1980年生まれ。芸人」

とあったので、

 

「んん?」

と思ってググッたら、お笑いコンビキングコングの

西野亮廣と分かり、少しビックリ。

 

まあ、同世代。

僕は、ビートたけし、明石家さんま、ダウンタウンと

いう、いわば保守本流くらいしかお笑いを見てこな

かったので、顔と名前は分かっても、お笑い芸人と

しては正直分からない。

 

ただ、本の書き手として、現代的なマーケッターと

して、この人が、とてもとても優れていることはよく

分かった。

 

多くのタレント本は、

「そもそもゴーストライターだな」

とか

「面白いけど、しゃべりの方が良い」

とかといった感じで、読んで感心する事は

ほぼない。

 

でも、この本は違った。もし仮にこれをゴースト

ライターが書いてるなら、その人が自分でビジネスを

やった方がはるかに稼げるだろう。

 

ネットビジネスの本質しか書いていない

読後の結論を言ってしまうと、

 

この本にはネットビジネスの本質しか書いていない

 

ですね。

 

もちろん、同種の事は多くの人が色々な所で言っているの

だろうけど、もともと頭が良いのか、編集が良いのか、読

みやすくて無駄がないので、正直とても勉強になった。

 

 

内容としては、

2016年のハロウィーン時期に出された

『えんとつ町のプペル』

 

という本のマーケティング戦略や戦術を惜しむことなく、

分かりやすく書いているが、そういった

 

●具体●

 

と、インターネットによって距離や時間の壁がなくなった、

「情報革命」の時代の(ビジネス的)生き方といった、

 

●抽象●

 

がとても読みやすく書かれている。

 

 

僕は、

もともと、出版社にいて、そこをやめてネットビジ

ネスに入っていったので、興味深くないわけがない。

 

そして、このお笑い芸人は、努力を怠らない、非常に

非常に優れたマーケッターのようで、ドラッカーが言う

所の

 

「優れたマーケティングはセールスを不要にする」

 

を21世紀的なやり方で実現している。正直脱帽。

 

その点について、西野さんは

「負けようがない下準備をする」(p281)

と書いている。

 

 

基本的にすべて興味深い内容だが、一つ具体例を上げると、

「個人」と「組織」の関係、物差しが今後どうなるのか、

という部分が面白かった。

 

 

「事務所や芸能界は、タレントから仕事をとり上げる事は

できても、個人からインターネットをとり上げる事はできない。

 

旧態依然とした事務所は上下関係が破壊されてしまうことを

恐れ、タレント個人のクラウドファンディングの使用を禁止する

方向に向かうだろうが、それをした時点で終りが始まる。

 

次代の才能は、わざわざそんな窮屈な場所には集まらない。

組織が個人を支配する事は、もはや不可能だ」(p236)

 

僕にはこういう才能がなかったから・・・

この人が、本質的に売っているのは

「信用」

かもしれないが、

今のところ最終的に売っているのは

「絵本」(ビジネス書もある)

で、この『革命のファンファーレ』にも、

 

「本の売り方」

 

についての話が多数出てくる。

 

僕は、出版社をやめたとき、最初は一人で出版社を

やろうかと思った。でも、この人のような賢さが

なかったので、それはやめて(その時点ではやめて

おいて正解だと今でも思うが)、より金銭的リスク

の小さい、ネットビジネスの方向に少しずつ入って

いった。

 

西野さんのような知名度というのは、僕にはないけれど、

もしかしたら、こういった形での「出版」であれば、金銭

的に失敗する可能性が低く、結果としてやりたいことが

できるのかもしれないと強く強く思った。

 

まあ、ネットビジネスで言う所の、

 

集客・教育・販売

 

をしているわけなので、やはり本質は同じだし、

ネットビジネスの出口が「絵本の販売」という

言い方もできるかもしれない。

 

 

ともすれば、「個人で出版をやる」というのは、

経済的には破綻するのが当然という、

「古い常識」

があるけれども、この本からは逆のエネルギーしか

出ていない。

 

需要を事前に知れる時代に、

需要を事前に知る努力をサボり、

延々と博打を続けている出版業界

p283

 

この本のアマゾンレビューの☆1つには、厳しい指摘が

並んでいるが、別にそこで書かれていることが間違って

いるとは言わないが・・・・。

 

あまりにも紋切り型の批判で、まったく心に響かないんだよな~。

 

そういった、昭和的な制度言語で批判をしようとまったく

思わず、素直に敬意を表せる僕にはまだ前に向かう覇気が

あるのかな?

 

まあ、向かっているつもりなんですけどね。

 

 


せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。








コメントを残す

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ