せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!




ブックオフせどりはせどり禁止+単品管理の影響で減少?

ブックオフせどりも「ドッグイヤー」?

最近、(セール以外で)ブックオフに行くと、以前ほど

せどりをしている人を見なくなりました。

 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

以前は、いつ行っても「誰かいる」という感じだったのが、

最近は、「誰もいないことの方が多い」です。

 

執筆した無料レポート

ぽんきちのせどり2億円物語(上)―完璧なせどりは存在しない。完璧な絶望が存在しないように

 

を読み返しても、わずか3年半程度なのに、ブックオフせ

どりにも結構色々なことがあったものです。

 

「ネットビジネスはドッグイヤー dog year」

(説明は→http://tenaku.seesaa.net/article/134716244.html

という言われ方をしますが、ブックオフせどりも広い意味では

ネットビジネスに入りますから、ドッグイヤーかもしれません。

 

イノベーションの普及

以下の話は、この本(名著です。せどり的にも「絶対買う」クラスですね)

からの援用です(僕が考え出したわけではありません。え?当たり前だ?)

 

エベレット・ロジャーズさんの話は、マーケティングの基本(かつ「本物」)で、

「商品が顧客に普及していくモデル」

の説明ですが、

これはそのまま、

「あるビジネスが普及し、参入者が増えてくる時のモデル」

にもなるので使わせてもらいます。

そのまま「ブックオフせどり」に当てはめて考えてください。

 

参入者の割合と普及過程(『イノベーションの普及』より)

①イノベーター(2.5%) 初期参入者。

冒険家。ブックオフとアマゾンマケプレができた当初?

この時に、ビームせどりやってたら港区あたりに家が建ってたでしょうね。

 

②オピニオンリーダー(13.5%)

自ら情報を集め、積極的に参加する人たち。2010年くらいまででしょうか?

 

③アーリー・マジョリティー(34%)

オピニオンリーダーよりも慎重。参加者に聞いたりしてから参入を決める。

2011年くらい? 僕はこの辺だったかも。                       

 

④レイト・マジョリティー(34%)

新情報を疑いの目で見る。だいぶ普及しだしてから手を出す。

ブックオフせどりなら2013年以降ですかね。

 

⑤ラガード(16%)

最も保守的。「新しいもの」は基本的に採用しないか、

世間的には最後に使い始める層。ブックオフせどりなら2014年~?

__________________________________________

 

つまり、2014年現在、ブックオフせどりは、普及の初期段階は終わって、既に

成熟市場に入りつつあると言えるかもしれません。

 

「イノベーター」の頃は、「誰がやってもそれなりにうまくいく」という状況です。

圧倒的にライバルが少なくて、需要の伸びの方が早いからです。

 

しかし、「アーリー」「レイト」の「マジョリティー」段階になると、工夫が

必要です。供給者(ライバル)が増えて、差別化が必要になるからです。

 

その頃出てきた「工夫」の一つが、例えば、「バーコードリーダーせどり」

です。圧倒的な効率化が図れるので、一気に普及しました。

今では、KDC200でせどりをするのが当たり前になっています。

 

「ラガード」になると、「初心者」をなるべく早く抜け出せないと、継続する

ことができません。単純に、市場内のレベルが高くなっているからです。

 

単品管理とせどり禁止

そして、ブックオフでも「ラガード」の段階になって、ようやく、

せどり対策?

に動き出した感があります。

(バーコードリーダーを使ったせどりが普及しすぎたのが

原因と僕は考えています)

 

2013年頃から、店によっては、

「バーコードリーダーを使った検索禁止」

等の貼紙を見るようになりました。

ただし、表向き貼っているだけで、マナーが悪くなければ

ノータッチという店も少なくありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もっとも、僕は注意されたことありません。

逆に最近(2014年)は、せどらーが減って、売上が厳しいのか、

マナーよくやっていると、VIP待遇してくれる店もよくあります。

そりゃ、売上が立たなければ、店長大変ですからね。

 

つぶれるブックオフもたくさんあるのは、明らかに戦略ミス

だと思います。以前書いていたアメブロで何度も書きましたが、

削除されちゃったので

再度書いておくと、今のブックオフのやり方は、

リピーターを減らす事を重視しているようにすら見えます。

商圏が限られた実店舗商売でリピーターを減らすのは、

自殺行為です。そりゃつぶれる店も出てくるでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

そもそも、本当に、単純な「ビームせどり禁止」をしたいなら、

108円コーナーに店員を常駐させるのと、商品のバーコード

を隠してしまえばそれでおしまいだと思います。

 

もっとも、ブックオフが取った対策は、

「せどらーが買えなくする」

という方向でした。

(これは、一般客も離れていくと思いますが・・・)

 

_____________________

「単品管理」+「108円を200円にする」です。

_____________________

 

商品を単純に「定価の半額→108円」とするのではなく、

一点ごとに値段設定をして、アマゾンでの価格が高い

ものは、店舗でも高くするというやり方です。

 

この単品管理は、僕の目からは、「かなり粗い」ように

映りますが(何しろ、アマゾン価格ってすぐ変わりますから)、

意外と効果があったようです。

 

単品管理+最安値200円の店には、

明らかにせどらーが減りました。

 

ここで、減った(撤退した)人たちは、いわばかなり単純な

「価格差」によるせどりをしていた人だと思われます。

 

買えない(仕入れられない)→撤退

 

という分かりやすい流れです。

 

ブックオフせどりで生き残るには

「工夫」

です。

それだけで、たぶんずっと大丈夫です。

 

当店の仕入れに占めるブックオフの割合は減ってきてますが、

仕入れられないのではなく、「減らしている」んです。

 

仕入れ写真を載せたりするのは、「虚勢じゃありませんよ」という

ことを示しているわけです(われながら発想がちいせ~~)。

IMG_20140622_145737

 

 

 

 

 

 

(これは2014年6月頃ですね)

 

まあ、ただ、仕入先を分散し、売り先を分散し、

というのを意識的にしているのは事実です。

 

その中で、ブックオフはいまだに「最大」の仕入先です。

 

生き残りの方策は、繰り返しますが「工夫」です。

正直、ライバルが減ってるので、以前より「楽」です。

 

「工夫」の仕方ですが、ここまで読んで、

「ブックオフせどりで生き残りたい」と考える方は、

僕の無料レポートを読むのは無駄にはならないかと思います。

 

ぽんきちのせどり2億円物語(上)―完璧なせどりは存在しない。完璧な絶望が存在しないように

 

また、実際はバーコードせどりはまだまだできるわけなので、

「基本」をきちんと理解するのも大事です。

撤退していく人のほとんどは、「基本」が分かっていない

ものと思われます。

 

「ビーム+ブックオフせどり」の基本が学べるのはこちら。

http://ponkichi01.com/archives/384

 

もちろん、「ブックオフ以外のせどり」もいくらでもやりようは

ありますから、絶えずインプットを心がけましょう。

 

 

 ↑ ↑

たまにはどうぞ!

 ↓ ↓

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。








コメントを残す

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ