せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!




せどりと出版流通;amazon在庫復活は見抜けるか?!

本は回る、いや回ってない?

 

質問を頂きましたのでシェアさせて頂きます。

 

その前に一言。

本来は、「本を回らせる」のが出版社や取次と

書店の役割なのですが、それがうまく(全然?)

できていないからこそ、「せどりが稼げる」わけです。

 

「うまく【回らせる】とせどりは稼げる」という

意識は意外と大事かもしれません。

 

では、質問です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新品雑誌を仕込もうと思ってアマゾン在庫状況を

見ていると、無くなったり・復活したりして、なかなか

購入時期の判断が難しいです。

それで一点質問ですが、「新刊書店はすぐに返品してしまう」

との事ですが、これは返品 –> 廃棄となるのでしょうか? 

それとも廻りまわってアマゾン在庫復活となるような事

があるのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

なかなか本質を突いた鋭い質問かと思います。

新品系のせどりは、雑誌に限らず、CDでもDVDでも

ゲームでも、最終的には、【アマゾン在庫復活の有無】

かなり左右されるからです。


 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

質問への答えですが、本の種類によって結構違いが

あるので、過度な一般化はできませんが、雑誌に特化して

説明させていただきます。

(新しい読者の方はご存じないかもしれませんし、

せどり系のブログやメルマガで出版流通等について、

結構いいかげんな事を書いている人が目につくので、

念のため書いておきますが、僕はもともと出版社勤務

編集者だったので、出版流通についてそれなりに

知っております。プロフィールはこちら。

http://ponkichi01.com/profile  

まあ、いいかげんと言っても、「間違ってないけど、決して

正確ではない」とか「よく知らないままに適当に書いてる」

程度で、悪意は全然無いと思いますけど。でも、そういう

【一見正しそうだけど不正確な情報】というのが一番危険

ですね)

 

本の流通の基本

まず、本(書籍も雑誌も)の流通の基本(基本以外も存在します)は、

「出版社→取次→書店」

返品はその逆、

「書店→取次→出版社」

です。取次(とりつぎ)とは、まさに「本を取り次ぐ」存在です。

書店やブックオフに転がっているダンボールに、

「トーハン」とか「日販」と書いてあるものです。

大手二社を「トーニッパン」と呼びます。

 

本は、基本的に(例外もあります)「返品自由」の

「委託販売制」

という制度によって流通していますので、書店は、

利幅は少ない代わりに、「いつでも返品できる」

という建前になっています(実際そうです)。ですから、

70年代や80年代は、「書店経営はリスクの少ない商売」

と言われていたようです。

 

しかし、今では、「アホほど新刊が送りつけられてくる」

ので、売れもしない(しかも、一方的に送られてくる)新刊

を並べるのと、置けない本を返品するという不毛な作業に

忙殺され、新刊書店の経営は極めて苦しいものになって

いることが多いです。

 

あまりにも、新刊+返品の作業が多いので、書店に来たけど、

一回も棚に並ばずにそのまま返品される本も結構あったりし

ます(本当の話です。「直返品」だとか「即返品」とかいう符丁

もあった気がします)。

出版社も書店も取次も、「仕事のための仕事;アリバイ仕事」

をしているわけですね。そういう、極めて非合理的なことを

新刊市場の人たちがしている限り、書籍せどりは稼ぎ続け

られると思いますね。

 

 

その辺の話を始めると長くなるので~略~

 

amazon在庫復活への流れ

まず、在庫が切れた商品が、amazonで在庫復活する

流れの基本(何事にも基本以外がありますが)を書いておきます。

これを見ると、「時間がかかる理由」と「せどりが稼げる隙間」が

分かるかもしれません。

 

●在庫切れ発生!amazonから取次(出版社へではありません!)へ注文

   ↓

●取次で受注、確認、その他(まあ9時~5時)

   

●取次の倉庫等に在庫があればそれを出荷(無いことの方が多い?)

(この場合、在庫復活は早いと思います)

   

●無い場合、取次が出版社へ発注(9時~5時)

   

●出版社の営業が受注(会社によるが、9時~5時)

   

●出版社が契約する倉庫会社に確認(9時~5時)

(埼玉とかにあります。出版社とは別会社です。新潮社なんかは

自社倉庫も持ってますね。在庫全部があるとは思いませんが)

   

●倉庫会社でピッキング、梱包

   ↓

●取次の巡回トラックに載せる。毎日~週3(9時~5時)

   ↓

●取次のamazon専用倉庫に納品

   ↓

●やっと! ご存知、小田原のFBAに到着!→受領 ステータスが「在庫あり」に変更

(amazonは24時間稼動でしょうね)

 

とまあ、こんな感じでやるわけですから、とにかく時間が

かかります。しかも、「しょうがない」の一言で片付けたり

するのが、「慣例」です。これでも、昔よりはだいぶましに

なったと思いますけど。

せどらーにとってつけいる隙はいくらでもありますよね?

 

amazonと出版社の直取引?

ただし、ここ数年、amazonは出版社との直取引にも

動いているようで、小さい出版社などは、やっている所も

あるようです。取次を介さないので、手間がなければ、

お互いにメリットもあるでしょう。

もっとも、大手出版社とは、表立ってはまだあまりやって

いないようです。まあ、取次との関係があるので、大手は

おおっぴらには言えないでしょうから、裏でどうなっているか

は知りませんが。

 

これは、場合によって、「amazon在庫復活のスピードが変わる」

可能性がある事柄です。雑誌は基本的に、大手出版社が版元

なので、今のところ「取次経由は相変わらず遅いな~」という

状況ですけどね。

 

新品雑誌について

リアル書店のスペースは限られているので、週刊誌などは

一週間で棚からなくなります(返品されます)。コンビニを想像

してもらえば分かりやすいかと。例えば、

月曜;週刊ポストと週刊現代

火曜;週刊朝日、サンデー毎日(サンデーじゃないやん!)、SPA!

水曜;週刊サッカーダイジェスト

木曜;文春、新潮

金曜日;フライデー

といった感じで発売される曜日が決まってますが、新しい号が出ると

これらの前号は基本的に店頭から姿を消します。

(ちなみに、上記の本は、せどりはほぼできませんが、

僕が会社員時代に、毎日コンビニで立ち読みしていた

ものです。基本は朝でした。SPA!は「くだらなければ

くだらないほど」読み応えがあるので、火曜と水曜に

分けて読むことも多かったです。どうでもいいですかね)

 

これは、隔週誌でも、月刊誌でも同じです。

=====================

雑誌は、次の号が出ると、前号が返品されます

=====================

 

amazonは違いますよね?!

でもamazonは「売り場の制限」も「時期的な制限」も

無いので、常に「新品在庫を置けます」。

 

これが、せどらーにとっては厄介な所です。

一年前の週刊誌の新品がサイト上に存在したり

します・・・・・。

 

さて、ようやく質問への答えに近づいてきました。

 

週刊や月刊の雑誌は、基本的には、

「書店→取次→出版社→廃棄」

の事が多いです。

(そういった無駄な流通がものすごく多いから、

せどらーに利益がうまれるわけです)

 

ただし、amazonというのは色々な意味で特別な

存在なので、(以下憶測も含みます)おそらく、

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

amazonで在庫切れした場合、取次も出版社も急いで

補充(結果としてのamazon在庫復活)をする事は

多々あるでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その場合、返品の途中、取次に在庫がある場合は、そのまま

amazonへ振り分ける事もあるようです。

 

書店から返品→取次→amazon在庫

 

という流れです。そうすると、取次のフレキシブルな対応が大事に

なるわけですが、【大丈夫です!】取次はそんなに優秀じゃありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなみに、amazonの取次は昔は大阪屋という所でしたが、

最近、日販メインになりました。大阪屋はamazonに切られて

(まだ一部扱いがあったようですが)経営が傾き、社屋の

売却や、希望退職を募るなど苦境におちいり、ついに

amazonのライバル楽天に出資を受け(2013年)、実質的に、

楽天と大手出版社による共同経営のような形になってしま

いました・・・。ほぼ買収されたと考えていいのかもしれません。

楽天に出資を受けた以上、amazonからは完全に切られた

可能性が高いです。

 

どれだけamazonの影響力が大きいのでしょうか。

我々せどらーがamazonを巨大化させすぎたのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

週刊誌などの場合は少ないかもしれませんが、月刊誌などは、新刊書店で

返品された商品が回りまわって、amazonの在庫になる事もあると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ですから、amazonの在庫復活を完璧に読むことは残念ながら

できません。「在庫復活の可能性が極限まで低くなるキーワード」

はせどりGATE購入者特典につけましたので、お持ちの方は再読

してください。完璧には無理ですが、ある程度読めるようになります。

 

もっとも、確実に言えるのは、amazonと言えど、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

雑誌は在庫切れになると切れたままである事が多い

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です(書籍やCD、DVDに比べてということです)。

 

逆に、

=======================

「在庫復活しやすい」のは、「発売直後の在庫切れ」

=======================

です。あっ、もしかしたら重要情報かもしれません。

書いちゃったので消しませんが。

 

これは、出版社に在庫がまだある段階の事が多いので、

在庫復活することがままあります。ですから、

2~3回の在庫復活を経て、在庫切れをすると、これまでの

経験上では、雑誌の場合高確率で復活しません。

(CDやDVDの新品は違うようです)

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

「買わない判断」

まあ、もし「これは!」という商材があって、在庫復活の有無を

知りたければ、「出版社に電話やメールで聞いてしまう」という

のが実は確実だったりします。その場合、書店やアマゾンに聞

いてもダメです。「買わない判断」に立ちます。

 

中古商品の場合、モノレート(旧amashow)が「買わない判断」

をする時の必需品です。

 

でもね、大事なのはやっぱり「コンテンツの魅力」

上記したような業界事情ももちろん重要ですが、

一番大事なのはやはり「コンテンツ」です。

 

(新品雑誌の話なので雑誌と書きますが、他にも応用可能)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その雑誌がコンテンツとしてどれだけ魅力があるのか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これが最大の判断材料です。

ここでいう「コンテンツとしての魅力」は、消費者にとって

と同時に「販売者にとっての魅力」も考えた方が良いです。

具体的な点は特典等にも書いたことなので避けますが、

「替えがきくのかどうか」

ということです。

 

「コンテンツとしての魅力」があれば、長い目で見れば、

「一度プレミア化した新品雑誌」は高値で売れますよ。

いつかは在庫切れするし。

あ、ただし、「あまりにも同業者が多い」場合は別ですが・・・。

 

でも、ウォーレン・バフェット(世界的に有名な投資家)

が言っているように、「市場参加者のほとんどは、近視眼的」

です。それは、あらゆる業界に当てはまると思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新品雑誌せどりに関するブログ記事

http://ponkichi01.com/archives/1715

 

新品雑誌せどり系の無料レポート紹介

http://mailzou.com/get.php?R=79535&M=31838

・amazon上でのサーチの基本

・新品雑誌のリスト化の方法が書いてあります

・短いので2~3分で読めます

 

http://mailzou.com/get.php?R=79449&M=31838

・商品の実例が豊富です

・狙い目のジャンルについてもそれなりに触れています

 


 

せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。








コメントを残す

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2020年11月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ