せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!




本せどりの「事実」「理屈」「真実」

「新刊」が売れなくなっているのは間違いない

以前書いた、「返品システム」に関する記事、

せどりと出版流通;amazon在庫復活は見抜けるか?!

http://ponkichi01.com/archives/2555

で「取次」(とりつぎ)について簡単に説明しましたが、

 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

最大手の取次である、日販(にっぱん)が、「販売ルート別

出版物売上高」というのを公開しています(2013年の数字)。

_______________________________

■販売ルート別推定出版物販売額2013年度販売ルート推定販売額■
    (百万円)         構成比(%)  前年比(%)

1.書店ルート 1,225,218      72.3%     94.9%

2.CVSルート 225,217       13.3%     91.9%

3.インターネットルート 160,700  9.5%    111.1%

4.生協ルート 34,900        2.1%     98.3%

5.駅売店ルート 34,201       2.%      85.1%

6.スタンドルート 13,863      0.8%     86.4%

合計1,694,099         100.00%   95.6%

*「CVS」はコンビニエンスストアの略

________________________________

 

ちなみに、2003年は、書店ルートで1兆6192億円、CVS4638億円、

駅売店922億円なので、10年で、書店は4000億円、コンビニは半減

ということになります。

 

結論として、「新刊が実店舗で売れなくなっている」のは間違いがないですね。

 

でも、「インターネットだけ伸びていますね」。

ここで言う「ネット」は、ほぼ≒アマゾンと考えて良いと思います。

 

また、コンビニが半減ということは、

「「新刊雑誌」が【コンビにでは】以前のようには売れていない」

という事です。

 

中古市場はどうでしょう?

アマゾンの担当者によると、

「新刊もマーケットプレイス(中古)も両方伸びている」

との事でした。数字も見せてもらいましたが、伸び率

等が、ニッパンの発表とほぼ同じでしたので、

「裏」も取れましたね。

 

見せてもらった資料では、マーケットプレイスの方が、

新品よりも伸びが若干よかった記憶があります。

 

ブックオフは1800円の本に、1750円!とかつける、

「単品管理」を一所懸命やってやや迷走中なので、

微妙ですが、「立ち読みーズ」や土日の混み具合

からして、「うまくやれば」いくらでもいけると思うん

ですが・・・・。

 

「単品管理」されてても、ブックオフせどりはできま

すけどね・・・・。

 

我々ブックオフせどらーがいけないんですかね?

ブックオフを硬直化させてしまっているのは?

 

まあ、せどらーにとってもっとも大事なのは、

 

【アマゾンは新品・中古ともに順調に成長している】

 

事です。現実的に「売り場」のメインはアマゾンなので。

 

という事は、「売れる」「売れない」は、「本」というジャンルの

問題も「0」ではないと思いますが、より厳密に見ると、

「売り方(売り場)」の方が大事だということが分かります。

 

「流通」の手数料を頂くのがせどり

せどりと出版流通;amazon在庫復活は見抜けるか?!

http://ponkichi01.com/archives/2555

にも書きましたが、今の出版業界の問題でもっとも大きい

ものの一つは「流通」です。

 

あまりにも「流通」が機能していない(昔から変わっていない

ので、結果として時代遅れになった)ために、消費者が離れ、

ものすごい勢いで、超一流の「流通」と「決済」システムを

作ったアマゾンに流れていると見ることができます。

 

(その辺りはこの記事に書きました

http://ponkichi01.com/archives/2303  )

 

そして、せどりというのはいわば、「流通の手数料を頂く」のが

基本の形です。

 

例えば、

佐賀県のコンビニの雑誌コーナーの下段奥に置かれ、このまま

では返品され、裁断されてしまう雑誌を、アマゾンマーケットプ

レイスという流通に乗せ変える事で、福島県のエンドユーザー

に届ける。その結果、いくばくかの手数料を頂く。そんなイメージ

になるかと思います。

 

ある意味「新たな需要」?

これは、見方によっては「新たな需要」と考える事もできるよう

な気がします。おそらく、「インターネット前」であれば、

 

「あ~、売り切れか、買えなかった」

 

であきらめていた人や、

 

「古い本で、どこの本屋にももうないんだよな」

 

という人が、

 

「アマゾンなら(高いかもしれないけど)ある」

(たしかに、「たいがいあります」)

 

と思って、集まってくるのだと思います。

 

実際僕は、何度も、「~~書店」や「~~大学生協」

といった同業者から注文をもらってますが、おそらく、

お客さんや学生さんに頼まれた書店員が、アマゾンで

買って渡しているのだと思います(新品の場合、赤字

になるでしょうけど・・・・。すいませんね、こっちも

商売なんで)。

 

理屈としてインターネット販売は伸びる

ここまでの「事実」を見てくると、「理屈」として、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「何故読者がインターネット(アマゾン)で本を買うのか」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

が分かる気がします。

 

「理屈」と「事実」がくっつけば、それは「真実」です。

少なくとも、商売上は間違いありません。

 

僕の持論。

「ついてるものにはついていけ、のってるものにはのっていけ」

 

からすると、「本」を扱うなら「ネット」という事になります。

 

ただし、別にお客さんは「アマゾンでなければいけない」という

ことはないはずなので、例えば、巨大なデータベースと在庫を

持っている取次が一致団結して、アマゾンに対抗するような

「ネットの本屋」をやれば、少なくとも、「在庫」だけは負けない

んですけどね・・・・。まあ、頭のつくりが違うから無理ですね。

 

「本が売れない」「出版不況だ」

としか連呼できない人が多ければ多いほど、正直ありがたいです。

 

「事実」は、

「これまでと同じ方法では本は売れづらくなっている」

「インターネット(アマゾン)では本の売上は伸び続けている」

からです。

 

これらの「事実」を現実に落とし込む事ができると、せどりは

利益をあげられます。




 


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

まあ、最近は「本せどり」も減っているようですし、僕も(意図的に

ではないですが)、割合としては減りつつありますけどね・・・・。

 


せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。








“本せどりの「事実」「理屈」「真実」” への3件のフィードバック

  1. さとし より:

    初めまして。自分もせどり始めました。
    貴サイト とても参考になりました。
    私もAmazon在庫切れ商品をヤフオクで探せるサイト書いています。Amazon在庫切れ商品を探す手間が省け、サイト間を行ったり来たりせずにサイト内で完結できるようにしています。よろしければご利用下さい。

    http://uresuji-amazon.blog.so-net.ne.jp/

  2. ヒロタロウ より:

    ぽんきちさん、こんにちは。

    ヒロタロウと申します。

    初めまして^^

    よろしくお願いします。

     

    せどりで累計2億ってすごいですね!

    どんだけ売っているんですか(笑)

    僕も以前少しせどりをやりました。。

    すぐやめましたけど…

    ブックオフで108円本を探してましたよ。

    今はアフィリエイトを実践しています。

     

    確かに現在アマゾンの利用者は増えてますよね。

    確実に実店舗の本より売れているでしょうね。

    というか本当にアマゾンならたいがいありますし。

    これからも需要は付きないし、

    もっと伸びていくのは間違いないです。

    本せどり減っているんですね。

    確かに今はCD、ゲーム、ホビーがはやってるって聞いたような….

     

    また来ますね!

    応援していきます!

    ポチ!

    • ぽんきち より:

      ヒロタロウさん
      こんにちは

      応援していただきありがとうございます。

      ブックオフ108円は、最初にやるには逆に難易度が高く

      なっています。やる人が多すぎるので。

      せどりをやる人自体は今後増えていくと考えていますが、

      「ブックオフせどり」は一時期よりは減った気がします。

      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ