せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!




トレンドブログの記事キーワードの決め方!ずらし方!やってはいけない事!トレンドアフィリエイト!

トレンドブログの記事キーワードの決め方

トレンドブログにおける「キーワード」とは?

トレンドブログでキーワードを決めるというのは、タイトル内にユーザーが

検索するであろうキーワードを意識的に入れる事です。

 

なぜ「キーワード」が大事かと言うと、googleのユーザーはキーワードを

検索欄に入れて検索するからです。

 

ですから、トレンドアフィリエイトでは、タイトルを考えるのと同時に、

キーワードを考える事が大事ですし、キーワードを(無理やりにでも)

入れたものが記事タイトルになります。

 

例えば、

「小泉進次郎と滝川クリステルが結婚」というニュースが2019年

8月にありましたが、もし、いちはやくそのトレンド情報を知り、すぐに

ブログ記事に書いて、googleで上位表示されれば大量のアクセスを集める

事ができたはずです。

 

トレンドブログの記事キーワードはずらす!

ただし、

小泉進次郎 滝川クリステル 結婚」

というキーワードは、大手メディアのサイトがすぐに上位に表示されます

ので、少し「ずらして」

小泉進次郎 滝川クリステル なれそめ」

といった形で書くのが基本となります。

 

トレンドブログ・トレンドアフィリエイトでは記事キーワードをずらす

というのが基本中の基本です。

 

キーワードをずらさないと、「小泉進次郎 滝川クリステル 結婚」

では、大手サイト(ヤフーニュースや新聞、テレビ等)にほぼ勝てません。

 

もう一度書きますが、googleのユーザーは、キーワードを検索欄に

入れて検索をします。ですから、そのキーワードを先回りして記事を

作り、タイトルを作り、といった作業をするのがとても大事になり

ます。

 

キーワードをタイトルに入れたからといってそれだけで上位表示はされ

ませんが、ユーザーが検索してくるキーワードがタイトルに入っていな

ければ上位表示されてもPVは全く伸びず(上位表示されるのは誰も見ない

キーワードになります)、砂漠に砂をまいているようなことになってしま

います。

 

大事なのは、大手サイトと被らないけれども検索ボリュームのある

キーワードで記事を書き、上位表示されることです。極論を言えば

それがトレンドアフィリエイトの全てとも言えます。

 

 

実際に、「小泉進次郎 滝川クリステル なれそめ」のキーワードで検索

してみると以下のようになります。

 

koizumi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これくらいのビッグニュースでも、大手サイトに並んでトレンドブログ

が上位表示されていますね。おそらく(ほぼ間違いなく)

 

小泉進次郎 滝川クリステル なれそめ」

という検索キーワードを意識して記事を書いたものと思われます。

 

キーワードは検索されるものと一致させたい

基本的には、キーワードは一致していればいるほど良いです。

 

どういうことか? 

上記は3語のキーワードですが、1語のみ一致している(滝川クリステル)よりも、

3語全部(小泉進次郎 滝川クリステル なれそめ)がタイトルに入っている方が

そのワードで検索された場合上位に表示される可能性が高まります。

 

もちろん、キーワード(タイトル)と本文の記事内容がガッチリ一致

していなければダメですけどね。

 

「関連キーワード」(複合キーワード)が大事

上記のように2語以上のキーワードの組み合わせの場合、2語目以降の

「関連キーワード」が大事です。

 

1語目はメインキーワードと言います。ここだけでは上位表示はほぼされ

ません。「小泉進次郎」で上位表示されたら凄いですよね?

 

つまり、トレンドブログが狙うのは、「二語目、三語目以降の関連キーワード」

です。「複合キーワード」とも言います。

 

「小泉進次郎 母親」「小泉進次郎 兄弟仲」「小泉進次郎 元カノ」

「小泉進次郎 母親 誰」「小泉進次郎 兄弟仲 悪い」「小泉進次郎 元カノ 誰」

といった辺りでしょうか?

 

関連キーワードの見つけ方

関連キーワード・複合キーワードは慣れてきたらいちいち調べなくても

良いですが、最初は「グーグルのサジェスト機能」を使いましょう。

 

ただ単に、メインキーワードを入れるだけです。

それで勝手にグーグルがサジェスト(提案)してくれます。

koizumi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはgoogleが過去の検索履歴から表示しているものなので

非常に有意義です。なぜなら、検索ボリュームがある事が既に

分かっているからです。

 

適切なキーワードで内容を伴った記事を多数書いていけば、サイト全体が

googleに評価されだし、自然と上位表示されるようになります。

(基本的に、ブログ開設直後、すぐには上位表示されません・・・)

 

トレンドブログのキーワードの決め方は、慣れも大事なので、上記の点を

考慮しながら試行錯誤する事が必要でしょう。

 

 

キーワードが決まったら次に記事の「タイトル」を決めていきます。

 

(関連記事)

 

トレンドブログの記事キーワードを決める際にやってはいけないこと

これは、トレンドブログ・トレンドアフィリエイトのキーワードの決め方

で大事な事の反対がやってはいけないことになります。

 

●キーワードをずらさない:ニュースのまま

●検索されないキーワード

●一語キーワードのみ:関連キーワードを考慮しない

●タイトルを先に決める(キーワードを考えない)

 

初心者の場合、どうしても「ニュースそのまま」のキーワードを

タイトルにしてしまい、大手サイトに被ってしまう事がよくあり

ます。

 

上記したように、トレンドブログ・トレンドアフィリエイトでは

キーワードをずらすのが基本です。

 

また、いくら上位表示されても、検索する人がいなければアクセスは

増えませんので、検索ボリュームのないキーワードを入れても意味が

ありません。

 

二語以上の関連キーワード・複合キーワードもトレンドブログの場合

大事です。

 

タイトルを先に決めて、キーワードを考慮しないのもだめです。

慣れてくると、キーワードを考え・優先しながらタイトルを作れ

ますが、最初はキーワードをきちんと決めてからタイトルを作り

ましょう。

 

まとめ

以上、

 

トレンドブログの記事キーワードの決め方!ずらし方!やってはいけない事!トレンドアフィリエイト!

 

でした。

 

再度まとめますと、

 

●トレンドブログの記事キーワードはずらす!

●トレンドブログの記事キーワードは検索されるものと一致させたい

●「関連キーワード」(複合キーワード)が大事

●関連キーワードの見つけ方は「グーグルサジェスト機能」

●トレンドブログは記事キーワードの後に記事タイトルを決める

 

となります。

 

(関連記事)

 

 


せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。








コメントを残す

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ