せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!




SEO対策としてキーワードを増やすのはどこからスパム認定される?【2019年】SEO内部対策!比率5%以下!

SEO対策(Googleの検索エンジンで上位表示されるための各種

取り組み)は日々移り変わるものですが、この記事では2019年

後半時点の状況で

 

「SEO対策として記事内にキーワードを増やす」

 

という事について検証してみたいと思います。

 

SEO対策としての記事の書き方ですから、2019年以降のSEOの内部対策

という事になります。

 

まず、

 

大前提として、2019年後半現在、SEO対策のもっとも

有効な方法は、Googleが評価する記事をたくさん書く事

 

です。その前提を踏まえた上での

議論となりますので、決して裏技や特殊な方法ではありません。

 

 

その、「SEO対策の最も有効な方法」以外にも、当然「少しずつは有効」

なSEO対策は多数あり、そのひとつとして、

「記事内のキーワードの数を意図的に増やす」

事について検討してみました。

 

SEO対策としてキーワードの数を増やすのは有効か?

SEO対策として記事内にキーワードを増やすのは有効な施策(しさく)です。

 

ただし、2010年~2015年頃にGoogleのアルゴリズムの穴をついて一世を風靡

した、下記のような「ブラックハットSEO」は2019年現在では使えないどころか、

かなり高確率でペナルティー(Googleから検索圏外に飛ばされる)を課される

事になりますので、予めご注意ください。

 

SEO対策として、やってはいけないキーワードの増やし方は以下です。

 

背景と同じ色でキーワードを大量に埋め込む

例えば、

 

●白字の背景に白字の文字(見えない)にキーワードを大量に埋め込む●

 

こんな子供だましのような手法でグーグル1位をとる事ができた時代が

つい数年前までありました。

 

検索エンジン(Google)のアルゴリズムが

「キーワードがたくさん入っている=重要なページ」

と判断したようですね。

 

例えば、「ルイ・ヴィトン」というキーワードを白地の背景に白字で無数

に埋め込んでそれだけで「ルイ・ヴィトン」のキーワードで1位を取れた

ページが以前にはあったそうです。

 

もちろん、今(2019年~)のGoogleのAIにこんな子供だましは通用しません。

 

自動生成でキーワード入りの文章を作成:ワードサラダ

ツールを使って、狙うキーワード入りの文章を自動生成する手法がありました。

「ワードサラダ」と呼ばれていました。

 

ただ、この手法も当然2019年以降のSEOには全く役に立ちません。

 

理由は、まったく文章になっていないからです。

ワードサラダを使って作った被リンク用のサイトを大量に自動生成し、

それを上位表示させたいサイト等とリンクさせるという【ブラックハットSEO】

が一時はやりましたが、当然のように今ではペナルティーの対象です。

 

 

どちらも、そのキーワードで検索してきたユーザーにとって役にたたない

どころか明確に「迷惑(スパム)」ですから、Googleがペナルティーを

課すのは当然です。

 

では、キーワードを意図的に記事内で増やす事はSEO対策として意味が

ないのでしょうか?

 

冒頭に書いたようにそんなことはありません。

 

SEO対策として記事内にキーワードを増やすのは有効な施策(しさく)です。

 

では、どのようなやり方(増やし方)なら、SEO対策として意味がある

のでしょうか?

 

具体的に考えてみたいと思います。

 

SEO対策としてキーワードを増やすのはどこからスパム認定される?

結論を先に書いてしまうと、

狙うキーワードを検索してくるユーザーにとって過不足のない、

分かりやすい情報を提供しつつ、悩みを解決し、その上で、

意図的に少しだけキーワードを増やす。

 

これが答えです。

 

では、具体的にはどのように、

意図的にキーワードを増やせば

いいのでしょう?

 

1 読者が離脱しないように(滞在時間・不自然さ)

最も基本となるのは、ユーザー(読者)が「うざい」と思わない範囲でキーワードを

記事内に入れていくことです。

 

Googleはサイト内での「読者の滞在時間」というのを検索順位決定プログラム

(アルゴリズム)で重視していると思われます。

 

ですので、

「キーワードを無理やり入れすぎでうざい→すぐにサイトから離脱」

となりますから、不自然でない範囲でキーワードを増やすというのが

基本です。

 

記事内にキーワードを不自然でなく意図的に増やすというのはなかなか

高等技術かもしれませんね・・・。

 

とはいえ、以下のようなやり方だとマニュアル化もできますし、簡単です。

 

2 見出しのキーワードを増やす(H1、H2、H3)

いわゆる「見出し」にSEO対策をしたいキーワードを意図的に入れると

効果が高く、それでいてスパム認定はされないようです。

 

wordpressのHTMLでいうと、

「H1」「H2」「H3」「H4」といった部分ですね。

 

この、見出し部分に意図的にキーワードを盛り込む形になります。

 

3 キーワード比率は5%~10%以下にする

また、記事内で狙いたいキーワードの分量は全体の5%程度

にするのが良いと思われます。

 

どんなに多くても10%以下でしょう。

 

普通に文章を書いても、その「テーマ=キーワード」が20%も

入っていたら、しつこくて・くどくなります。

 

 

以上、スパム認定されないキーワードの増やし方について3つの

方法をみてきました。

 

この3点は、おそらく常に意識して記事を書くことができますし、

キーワード比率を記事内の5%程度にしておけば、スパム認定される

可能性はほぼないでしょうから、SEOの内部対策として、すぐにできて

有効な手法だと思います。

 

記事執筆・修正後はチェックを忘れずに

SEO対策としてキーワードを増やす策を施した場合、その後、Googleの

サーチコンソール等で、キーワードの順位を定期的にチェックした方が

良いです。

 

もちろん、徐々に上がっていればそれに越したことはないですし、仮に

大きく順位が落ちたりした場合は、おそらくキーワードの増やしすぎだ

と思いますので、減らした方が良いでしょう。

 

「記事内にはキーワード5%程度」

 

これを守ればそういった可能性は低いかと思いますが。

 

まとめ

以上、

 

SEO対策としてキーワードを増やすのはどこからスパム認定される?【2019年】SEO内部対策!比率5%以下!

 

でした。

 

SEO対策として記事内にキーワードを増やすのは有効な施策

●むやみやたらにキーワードを増やすのはペナルティーの対象になる

●不自然にならない・見出しにキーワード・比率5%程度

 

となりますね。

 

SEO内部対策として、キーワードの比率、増やし方についてでした。

 

 

 


 

せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。








コメントを残す

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2022年12月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ