せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!




SEO外部対策とは被リンク!内部対策とはGoogleに合わせたサイト作り!初心者用!究極のGoogle対策はこれ!

SEO(search engine optimization)とは、検索エンジン最適化。

要するにGoogleで少しでも上位に表示してもらうための各種技術

や施策の事です。「SEO対策」とよく言われます。

 

ただ、ネットビジネスを始めたばかり、ブログアフィリエイトをやって

みようかと思っているけど・・・といった人には

 

「Googleで検索した時に上位に表示されるのが大事なのは分かるけど、

SEO対策と言われても具体的に何をやれば良いのかわからない」

 

と思います。

 

結論は常に一緒で、

 

Googleに評価されるサイト作りをする

 

事です。これは究極のSEO対策です。

 

でも、具体的にどうやって?

 

多くのSEO対策の記事では、専門用語が羅列してあって

意味不明・・・となりがちですよね?

 

という事で、この記事では、噛み砕いて、

「SEO外部対策」

「SEO内部対策」

について説明したいと思います。

 

とはいえ、先にポイントを書いておくと、

 

Googleが考えていることは、検索ユーザーにとっての良質な

体験(検索結果の提供)ですから、グーグルの考える良い記事

やグーグルが考える訪問者に優しいサイト(設計)は、結局は

ユーザー(読者)にとって使いやすいサイトという事になります。

 

そのための色々な手段・対策・施策をSEOというわけですね。

 

 

個々の詳細は別途記事がありますので、ここでは、かなり

完結にまとめています。

 

(関連記事)

 

SEO外部対策とは被リンクのこと

SEO外部対策とは他のサイトからリンクをもらうことです。

他のサイトからリンクしてもらう事を「被リンク」と言います

 

リンクとは、他のサイト(ブログやHP)・SNS等が、

「このページから引用しました」

とか、

「この点についてはこのサイトが便利です」

といった時に、クリックすればその対象サイトに飛べるように

設定する事です。

 

https://yellowpage01.com/

 

こういった、URL(http~~~のこと)もリンクですし、下記のように

文字にするのもリンクです(クリックしてその対象サイトにいけること

が大事です)。

 

一味違うカレーレシピ!子供用の甘口と大人用の辛口を同時に両方作る方法!

 

いずれにせよ、「SEOの外部対策」とは、どこかから自分のサイトに

リンクをもらう(被リンク)事です。

 

ブログ・HPでも良いですし、twitterやfacebook、インスタ等のSNS

でも構いません。最近(2018年以降くらい?)のGoogleはSNSからの

流入をSEO上高く評価しているようなので、SNS対策というのも立派な

SEO外部対策と言えるかもしれません。

(ここでは、SNSも含めて、被リンクとしています)

 

いずれにせよ、誰かの自発的な自サイトへのリンクがSEO外部対策です。

ですから、SEO外部対策は、他者依存です。

 

なぜ、SEO外部対策(被リンク)が重要かと言うと、Googleが

検索結果・順位を決める際に、被リンクの数(と質)を重視して

いる(いた)からです。

 

被リンクの自作自演・購入は時代遅れ

「被リンク数=SEO対策・効果あり」

となると当然悪い事を考える人がいて、

「被リンクの自作自演や被リンクの購入」

といったSEO外部対策をしました。

 

この記事はSEO対策の初心者を対象としていますので、

詳細は省きますが、以前はこの手法で検索結果の上位に表示される

事もままありましたが、被リンクの自作自演は2019年現在、そして

2020年以降は、逆にGoogleにペナルティーを科されてしまいます。

 

Googleのペナルティーとは、ブログの記事を検索の圏外に飛ばされ

て、グーグル上に存在しなくさせられたりします。

 

(関連記事)

 

 

ですから、既に書いたように、究極的な事を言うと、2019年、2020年、

そして今後のSEO外部対策(被リンク獲得)としては、するべき事は

他の人がシェアしたくなる、リンクを貼りたくなる記事を書くしかない

とも言えます。

 

変に手練手管をろうするよりは、そこ(良質の記事を書く)に神経を集中

させる方が効率がよさそうです。

 

「Goolgleが考える良い記事」を書くことは下記に書く

「SEO内部対策」の基本中の基本でもあります。

 

SEO内部対策とはサイトの作り方のこと

SEOの内部対策とはGoogleが考える「良いサイト」

にしていく事です。

 

・どういったブログサービスを使うか(無料ブログはダメってだけです)

・どういった記事の書き方をするか

・サイトの具体的な設計をどうするか?

 

主には下記の二点です。

 

はい、またGoogleのご機嫌を伺わないといけません。

ネットビジネスで稼ぐための8割から9割はGoogleと

の付き合い方で決まりますからね・・・。

 

 

 

SEO内部対策は、SEO外部対策とは違い、ほぼすべて

自分でできる事です。

 

その分、できる事は実質的に無限にあります。

優先順位をつけてSEO内部対策として大事なことからやっていく

べきでしょう。

 

SEO内部対策としてやるべき事は10~15程度ありますが、それは

別途記事を用意しますので、ここでは基本的な考え方と、いくつか

の具体的な事柄をまとめます。

 

無料ブログはダメ

SEO内部対策として、そもそも「どんなブログを使うか」ですが、

ビジネスとしてブログ・HPを考えた場合、アメブロやFC2ブログ、

So-netブログ等の無料ブログはダメです。使えません。

 

以前(2015年くらいまで)は、FC2ブログでもアフィリエイト等を

ガンガンやれていましたが、2019年後半現在、SEO的に考えると、

無料ブログで上位表示させるのはかなり難しいです。

(できないわけではないですが難しいです)

 

さらに、Googleの各種サービスが無料ブログをドンドン排除して

きています。アドセンス広告とか。

 

 

ですから、必要なのは、

独自ドメイン+wordpressを使った有料ブログ

です。

 

「独自ドメイン+wordpress???」

 

となる方もいるかと思います。

 

下記記事をどうぞ。

 

 

 

要するに、SEOうんぬんの前に、ブログでビジネスをしようと

思ったら、(現在は)無料ブログではできないので、有料サービス

が必要ですという事になります。

(SEO内部対策以前の問題ですが)

 

SEO内部対策も基本は同じ

細かなwordpressのいじり方とか、「サイトマップ」がどうした

とか、サイトの表示スピードがどうしたとか、「2クリックで全ページに

いけるように」とか色々とテクニカルなSEO内部対策はあるのですが、

最も基本的で最重要のSEO内部対策は、

 

Googleが考える「良い記事」をたくさん書く

 

です。

 

どのような形でブログの収益化を図りたいのかは色々な方法が

ありますが、そのあらゆる手法で「SEO対策=上位表示」は

大事になります。

 

そのための究極の方法は、

 

上位表示されたいキーワードに関わる

記事でグーグルに高く評価される事

 

これが最も大事で最も重要で、ほぼ全てです。

 

究極のSEO内部対策です。

 

グーグルに高く評価してもらうためには、

 

・記事の質が高いこと(質が高いかどうかはグーグルが決めます)

・良質の記事の量・数が多いこと(サイト全体が評価されます)

 

これが大事です。むしろこれだけで良いです。

 

どんな記事をGoogleが高く評価するのかを把握し、それに沿って

たくさんの記事を書く、これがSEO内部対策の基本中の基本

なります。

 

取り扱うジャンル(ライバル)によっても違いますが、一般的には

「3ヶ月・記事100本」

が、SEO対策の効果が出る一つの目安です。

 

 

2019年後半から2020年にかけて、SEO対策とは、コツコツ

真面目に良い記事を書く、この超正攻法になりつつあります。

 

となると、俄然、

「どんな記事をGoogleは高く評価するのか」

という点が気になりますよね?

 

2019年・SEO内部対策(記事執筆)としてグーグルに評価される四点

僕の見る限り、2019年現在SEO内部対策(記事執筆)として

グーグルに評価される四点は以下です。

 

1 検索者の質問・知りたい事に分かりやすく答えるコンテンツ

2 検索者(ユーザー)がしっかり読むコンテンツ:滞在時間の長いブログ

3 サイトがグーグルに信頼されている(1、2の記事がたくさんあるサイト・ブログ)

4 オリジナリティーがあるサイト・ブログ

 

これだけです。

 

この記事はSEO初心者、入門者向けなので、上記四点の詳細は

下記の記事をどうぞ。

 

 

 

最も基本的で最重要のSEO内部対策は、

 

Googleが考える「良い記事」をたくさん書く

 

というのは事実でおそらく2020年以降のSEOにも、21世紀後半の

SEOにも言える事だと思います。

 

 

ですが、一方で、テクニカルなSEO内部対策というものが

存在するのも事実です。

 

テクニカルなSEO内部対策

グーグルが考える優れた記事を書くという事は、記事内容だけではなく、

記事をチェックするGoogleのロボットや訪問者が快適に過ごせるサイト

である事ともほぼイコールです。

 

そのための「サイトのカスタマイズ」「サイト設計」もSEO内部対策

です。

 

詳細は別途記事を用意しますので、ここでは箇条書きにします。

すべてテクニカルな事で、書く記事の内容とは別です。

 

1 サイトの表示速度は速くする(遅いとSEO上よくない)

2 文章の構造をシンプルにする(見出しの使い方)

3 サイトマップを送信する

4 パンくずリストを設定する

5 h1タグにはキーワードを入れる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6 リンク切れは避ける・なおす

7 URLを正規化する

8 グローバルナビはテキストにする

9 同じ記事は書かない

10 タグの配置を正しくする

 

「5」までは絶対やった方が良いでしょう。

「6」以降も余裕があれば忘れない方が良いです。

 

 

しつこいようですが、テクニカルなSEO内部対策は、

 

Googleが考える「良い記事」をたくさん書く

 

という究極のSEO内部対策ができていなければ、上記の10点全てを

完璧にやってもほぼ意味がありません。

 

逆に、上記10点を無視しても(無理に無視する必要はありませんが・・・)、

Googleが考える「良い記事」をたくさん書く

ができていれば上位表示される可能性は高いです。

 

 

テクニカルなSEO内部対策の詳細は下記記事をどうぞ。

 

 

 

まとめ

以上、

 

SEO外部対策とは被リンク!内部対策とはGoogleに合わせたサイト作り!初心者用!究極のGoogle対策はこれ!

 

でした。

 

冒頭に書いたことを再度書きます。

 

 

Googleが考えていることは、検索ユーザーにとっての良質な

体験(検索結果の提供)ですから、グーグルの考える良い記事

やグーグルが考える訪問者に優しいサイト(設計)は、結局は

ユーザー(読者)にとって使いやすいサイトという事になります。

 

 

 

 

 


せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。








コメントを残す

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ