せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!




SEO内部対策でやるべき10のこと!テクニカル編!

この記事では「SEO内部対策でやるべき10のこと」をまとめてい

ます。そもそも、SEO内部対策?SEO外部対策?という方は、先に

こちらの記事をお読みください。

 

 

SEO対策の基本をおさえましょう

そもそも、

SEO(search engine optimization)とは、検索エンジン最適化

の事です。要するにGoogleで少しでも上位に表示してもらうための

各種技術や施策(しさく)の事です。「SEO対策」とよく言われます。

 

Googleが考えていることは、検索ユーザーにとっての良質な

体験(検索結果の提供)ですから、グーグルの考える良い記事

やグーグルが考える訪問者に優しいサイト(設計)は、結局は

ユーザー(読者)にとって使いやすいサイトという事になります。

 

そのための色々な手段・対策・施策をSEOというわけですね。

 

 

では、SEOの内部対策についてですが、「テクニカルな10のこと」

の前に、最も大事な基本についてです。

 

SEO内部対策とはサイトの作り方のこと

SEOの内部対策とはGoogleが考える「良いサイト」

にしていく事です。

 

・どういった記事の書き方をするか

・サイトの具体的な設計をどうするか?

 

上が基本。下がテクニカルなSEO内部対策です。

 

SEO内部対策は、SEO外部対策とは違い、ほぼすべて

自分でできる事です。

 

その分、できる事は実質的に無限にあります。

優先順位をつけてSEO内部対策として大事なことからやっていく

べきでしょう。

 

SEO内部対策としてやるべき事を10個下記に紹介しますが、その大前提

となる基本についてを先におさえておきましょう。

 

SEO内部対策も基本は同じ

テクニカルなSEO内部対策はもちろんあるのですが、

最も基本的で最重要のSEO内部対策は、

 

Googleが考える「良い記事」をたくさん書く

 

です。

 

究極のSEO内部対策です。

 

グーグルに高く評価してもらうためには、

 

・記事の質が高いこと(質が高いかどうかはグーグルが決めます)

・良質の記事の量・数が多いこと(サイト全体が評価されます)

 

これが大事です。むしろこれだけで良いです。

 

どんな記事をGoogleが高く評価するのかを把握し、それに沿って

たくさんの記事を書く、これがSEO内部対策の基本中の基本

なります。

 

取り扱うジャンル(ライバル)によっても違いますが、一般的には

「3ヶ月・記事100本」

が、SEO対策の効果が出る一つの目安です。

 

 

2019年後半から2020年にかけて、SEO対策とは、コツコツ

真面目に良い記事を書く、この超正攻法になりつつあります。

 

となると、俄然、

「どんな記事をGoogleは高く評価するのか」

という点が気になりますよね?

 

2019年・SEO内部対策(記事執筆)としてグーグルに評価される四点

僕の見る限り、2019年現在SEO内部対策(記事執筆)として

グーグルに評価される四点は以下です。

 

1 検索者の質問・知りたい事に分かりやすく答えるコンテンツ

2 検索者(ユーザー)がしっかり読むコンテンツ:滞在時間の長いブログ

3 サイトがグーグルに信頼されている(1、2の記事がたくさんあるサイト・ブログ)

4 オリジナリティーがあるサイト・ブログ

 

これだけです。

 

上記四点の詳細は下記の記事をどうぞ。

 

 

最も基本的で最重要のSEO内部対策は、

 

Googleが考える「良い記事」をたくさん書く

 

というのは事実でおそらく2020年以降のSEOにも、21世紀後半の

SEOにも言える事だと思います。

 

 

では、それを踏まえた上で、以下でやっておく(意識する)と良い

であろう、「テクニカルなSEO内部対策」をまとめます。

 

SEO内部対策でやるべき10のこと!テクニカル編!

「テクニカルなSEO内部対策」とは、

基本的には、記事をチェックするGoogleのロボットや訪問者

(検索エンジンユーザー)が快適に過ごせるサイトにするため

の、「サイトのカスタマイズ」「サイト設計方法」になります。

 

とはいえ、下記の多くの事はいかんせん、プロのプログラマーでは

ない、我々素人には難しい事もありますので、まずは確実にできる

事、危険(wordpressやサイトが表示されない!といった事)がない

ものから慎重にやることをオススメします。

 

テクニカルなSEOの内部対策としてやるべき10の事

 

1 サイトの表示速度は速くする(遅いとSEO上よくない)

2 文章の構造をシンプルにする(見出しの使い方)

3 サイトマップを送信する

4 パンくずリストを設定する

5 h1タグにはキーワードを入れる

6 リンク切れは避ける・なおす

7 URLを正規化する

8 グローバルナビはテキストにする

9 2クリックでサイト内全ページにいけるようにする

10 タグの配置を正しくする

 

 

一つずつ現実的に何ができるか考えてみたいと思います。

 

1 サイトの表示速度は速くする(遅いとSEO上よくない)

サイトの表示速度はSEOにとって重要ですし、今後もさらに

その傾向を強めそうです。

 

単純にページがなかなか開かないと、すぐに読者は離脱して

しまいます。また、Googleは「読者の滞在時間が長い=良いサイト」

というSEO評価をしている可能性が極めて高いですから、早期

離脱はいずれにせよよくありません。

 

これは特にスマホでの表示速度を確認した方が良いです。

サイトの表示速度を確認するのは、

Google ページスピードインサイト

ここで、サイトのURLを入れればすぐに点数が出ます。

 

スマホとパソコン両方の得点が分かりますが、

どちらも70点以上あると問題ないかと思います。

 

サイトのページ表示スピードを上げる方法は別途記事を作成

したいと思います。

 

ここで簡単に書いておくと、色々と専門的な要素が必要になるものは

後回しにして、

ブログ・サイトに載せる画像を圧縮する

これだけをまずはやりましょう。

 

「画像圧縮」で検索すればいくらでも出てきます。

たとえば、

https://www.iloveimg.com/ja/compress-image

 

こういった所でサイトに載せる画像を圧縮して容量を小さくしましょう。

これだけで多少はサイトの表示スピードが速くなります(遅くならない)。

 

それ以外にも色々とできることはありますが、いかんせん、

wordpressのfunctions phpをいじるとか、サーバーの設定をいじるとか

初心者にはハードルが高いです。

さらに、「じゃあ、プラグインで」と新たなプラグインを入れると、wordpress

が真っ白になったりとか色々と起こり得るので、まずは「画像を圧縮して載せる」

これですね。

 

2 文章の構造をシンプルにする(見出しの使い方)

これはGoogleのロボットがサイトを巡回した時に回りやすくするという

意味でも、読者が見出しがきれいに構造化されていて読みやすいという

意味でも大事です。

 

kouzou (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:https://manablog.org/internal-seo/

 

こんなイメージですね。

 

章・節・項をきちんとたてて読みやすく見出しを入れて記事を書く

というだけです。wordpressの場合、H1、H2、H3、H4等と見出しが

ありますので、それをきちんと使うのがポイントです。

 

ただし、「h1」はタイトルに使うものなので、いわゆる章・節・項には

使いません。基本的に記事内で「h1」の見出しはSEO上は使いません。

 

3 サイトマップを送信する

サイトマップとは、サイト内のページリンクをまとめたページのことです。

サイトにどのようなコンテンツがあるのかを一覧でまとめてみれるページ

のことです。

 

基本的にはGoogleのクローラー(ロボット)がウェブサイトを巡回した

時に便利だから作るものとお考え頂いて良いかと思います。SEO内部対策上、

必要だといわれています。

 

(サイトマップの例)

https://yellowpage01.com/?page_id=161

 

記事を書くたびに上記のようなものに加筆していたら疲れてしまいますので、

これはwordpressのプラグイン(ツール)を使えばいいと思います。

 

Google XML sitemaps

 

というプラグインを使って記事を書いたら自動的にサイトマップが作成

されるようになります。

 

とはいえ、なくてもSEOで上位表示されているサイトはたくさんあり

ますけどね・・・。でもあって損する事は絶対にありません。

 

Google XML sitemapsの使い方等は下記のサイトを参考にすると

良いかと思います。

 

https://bazubu.com/how-to-create-an-effective-site-map-26793.html

 

4 パンくずリストを設定する

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88

画像出典:https://manablog.org/internal-seo/

 

「パンくずリスト」というのは上記画像で赤枠で囲った部分です。

 

これもあってもなくても良いかとはおもいますが、パンくずリストは検索結果

に表示されるので、よりユーザービリティーは上がるかと思います。

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c

画像出典:https://manablog.org/internal-seo/

 

パンくずリストを作るためにfunctions.phpをいじってうんぬんと

いった事は素人はやめておいた方が良いでしょう。

 

2019年現在、多くのwordpressテンプレートでは、記事執筆の

際にカテゴリーをきちんと分けて書けば、勝手にパンくずリストを

作成してくれるようです。

 

ですから、多くの人は、そんなに気にしなくても良さそうです。

自分のサイトに「パンくずリスト」がなかったら考えてみましょう。

 

5 h1タグにはキーワードを入れる

「h1タグ」というのはいわゆる「タイトル」ですが、wordpressには

「h1タグの文字」

といった箇所が記事作成画面の下部にあることがあり、そこにタイトルを入れます。

 

ただ、これも、2017年以降くらいの新しいテンプレートでは、

勝手にh1タグを生成してくれるようで、何もしなくても変わらない

きもしますが・・・。

 

入れる箇所がある場合はタイトルを入れておきましょう。

タイトルには狙いたいキーワードが当然入っているものと思われますが、

H1タグには「キーワード」を入れるのが常道です。

 

6 リンク切れは避ける・なおす

リンク切れ等が大量にあるとユーザーにも不便ですし、グーグルの

クローラーにも「管理が行き届いていないサイトだ」とみなされて

しまうかもしれません。

 

これはwordpressのプラグインで簡単にできます。

 

Broken Link Checker

 

を使ってください。

 

7 URLを正規化する

このサイトは、

 

http://ponkichi01.com/

 

です。これが、例えば

 

http://ponkichi01.com/index.php

 

このURLでも、同じようにトップページが表示されてしまうと

グーグルは「同一コンテンツが二つある・コピーだ」と判断します。

 

まずいです。

 

http://ponkichi01.com/index.php

をクリックしたら、

http://ponkichi01.com/

にリダイレクトされて表示されるようにしましょう。

 

URLの正規化・リダイレクトの方法はこちらのサイトをどうぞ。

https://seolaboratory.jp/37066/

 

まあ、サーバーの中身をいじるような話なので、怖い場合は

放置でもいい気はしますが・・・。

 

8 グローバルナビはテキストにする

特別なテンプレートを使ったりしなければ問題ないかと思います。

 

Googleのロボットがトップページに来た際に、テキストであれば

グローバルナビを読み取れますが、画像だと読み取れないからと

言われています。

 

ただ、個人的には、今後のグーグルのAIなら画像でも問題なくなって

いくと思いますが・・・。

 

9 2クリックでサイト内全ページにいけるようにする

これは、ユーザービリティーの問題と、Googleのロボット対策です。

 

確かに、どこに何が書いてあるのか探すのが大変なサイトだと、

訪問者(人間のユーザーとグーグルのロボット)が迷ってしまいます

よね?

2ページ以内

画像出典:https://manablog.org/internal-seo/

 

このようなイメージです。

 

絶対に2クリックで全ページにいけなければならないという事は

ないですが、さすがに5~6クリックしないと、目的のページに

たどり着けないとまずいですね。

 

カテゴリーの構造をある程度シンプルにしておけば問題ない

かと思われます。

 

10 タグの配置を正しくする

これはgoogle対策です。ロボット向けのユーザビリティーです。

 

googleのロボットに、この記事は読みやすいなと思ってもらう

ための構造です。

html%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%af%e3%82%99%e9%85%8d%e7%bd%ae

画像出典:https://manablog.org/internal-seo/

 

こんな感じです。

 

そこまで気にする必要はないかと思いますが・・・。

 

まとめ

以上、

SEO内部対策でやるべき10のこと!テクニカル編!

を見てきました。

 

繰り返しになりますが、

 

SEOの内部対策とはGoogleが考える「良いサイト」

にしていく事です。

 

・どういった記事の書き方をするか

・サイトの具体的な設計をどうするか?

 

上が基本。下がテクニカルなSEO内部対策です。

 

テクニカルなSEO内部対策はもちろん大事ですが、

大前提として、最も基本的で最重要のSEO内部対策は、

 

Googleが考える「良い記事」をたくさん書く

 

です。

 

その上で、上記の10のテクニカルな内部対策を検討してみてください。

 

 


せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。








コメントを残す

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ