せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!




本せどりの思わぬメリット2つ:アカウントリスク・客層!2020年!

「本せどり」のメリットは色々あります。

・仕入れた本を自分で読める(楽しめる)

・古本屋気分で仕事ができる(実際古本屋)

etc.

 

ただ、ここ最近、特に2020年以降に感じる思わぬメリット

について書いてみたいと思います。

 

本せどりの思わぬメリット2つ!2020年!

1 アカウントリスクが少ない・垢バンされない

2020年、アマゾンは「新品の偽造品対策を強化」する事が

分かっています。

 

 

これまでも「ブランド品」や「ヘルビ(ヘルス&ビューティー)系商品」

の新品にはかなり厳しかったアマゾンですが、今後は、これまで以上に、

一発でのアカウント削除等が多発するものと思われます。

 

その点、「本せどり」であれば、「偽物」を知らず知らずに扱ってという

心配はほぼありません。さらに「中古」メインであれば、「新品」を扱う

リスクもないです。

 

本以外の商品を扱うセラーには、毎日ビクビクしながらせどり・転売を

している人も多数いるようです。また、実際にアカウントが停止された、

垢バンされたという話もよく聞きます。

 

 

少なくとも、アマゾンのアカウントに関してはある程度安心して商売

ができるというのは、2020年現在、本せどりのメリットかもしれませ

んね。

 

2 クレーマー的な客が(他ジャンルに比べて)極端に少ない

個人的にはこれも「本せどり」の大きなメリットかと思っています。

 

というのも、ゲームやヘルビ系商品、ブランド物を一時扱っていた

時は、毎日のように問い合わせやらクレームやらが舞い込み、正直

それが面倒になって撤退したという側面もあります。

 

一方、本せどりであれば、アマゾン評価数が約10000の当店ですが、

これまでに、おかしな言いがかりや、明らかなクレームをつけられた

事はない気がします。

 

何か言われた場合、こちらに原因がある。お客さんの言っている事が

基本的に正しいみたいな・・・。

 

いわば、本せどりは客層が良いですね。

 

まとめ

以上、

 

本せどりの思わぬメリット2つ:アカウントリスク・客層!2020年!

 

でした。

 

以上、思いついたままに書きましたが、2020年現在、上記の二点は

思わぬ本せどり・転売のメリットかなと思います。

 

 


 

せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。








コメントを残す

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ