せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!




ブックオフ108円せどりで月収100万稼げるか?

読者の方からの質問

私は以前大手量販店のAmazonと楽天の販売担当を

していたことから「せどりの様な商売なら自分の経験

が多少なりとも活かせるのではないか?」と興味を持

ち、メルマガに登録致しました。

 

ただ一点気になったのがAmazonは手数料が高いと

いう点です。

例えば108円でBOから本を買ってAmazonでFBA600

円で売った場合

カテゴリー成約料: ¥ -60 
出荷作業手数料 (個数あたり): ¥ -60 
発送重量手数料: ¥ -17 
販売手数料: ¥ -90 

となり入金額は373円となるはずです。

ここから更に仕入れ値やFBA納品するときに使うダンボー

ルなどの梱包料なりアマゾン物流センターまでの宅急便

の発送料なりを見積もると利ざやが殆ど無いのではない

かと思いご質問致しました。

 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

【回答】

非常にポイントをついた良い質問だと思います。

 

結論から言うと、上記のような例でも利ざやは出ます

さらに、ちょっと前までなら、それ(ブックオフ108円→600

円程度)をメインにして、月に50万円~100万円の利益をあげ

ていたせどらーがたくさんいました。

 

まず具体的なイメージをもってもらうために金額で示します。

 

【仕入れ】

ブックオフ108円は全品ワンデイサンクスパスで97円

(2015年8月で廃止が決まっています)

【FBA配送料+資材等】

ヤマト運輸や佐川急便、日本郵便等と契約を結び、100サイズ

を500円~800円で配送。100サイズに単行本や文庫、雑誌で

40~70点入るとします。ダンボールは買っても良いですが、

0円でもらってくると仮定。

(まあ間をとって、送料700円、商品数60点)

 

700÷60=11.66

一点あたりの配送料12円

 

【入金】

373円

 

ということは、

373-97-12=264円。

粗利264円となります。

 

仮に月に20日仕入れに行き、毎回108→600を

50点仕入れると、50×20×264=264000円

 

月収26万ですね。

 

まあ、ガソリン代とか交通費とか、色々ありますから、

20~25万くらいですかね。

 

以前はFBAの手数料が安かった

以前は、今よりも「安いものの手数料がかなり安かった」ので、

おそらく上記と同じ基準(105円(当時)→600円)のもので、

粗利が300円~350円あったと思います。

 

そうすると315円だったとしても、50×20×315=315000円

まあ、諸経費引いても30万前後ですね。

 

しかも、ビームせどり全盛になる前なら、終日で100点とかは

普通でしたので、仮に100点だと、100×20×315=630000円。

諸経費引いても月収60万くらいですね。

さらにいえば、100点もあれば、105円(当時)→1000円とかも

普通にありましたから、月収100万円くらいになってもおかしくは

ありませんでした。

 

大事なのは効率

しかし、上記の話はあくまでも「机上」の話です。

現実には、105円(当時)をライバル不在でザックザック

やれた時期はかなり短かったというのが実際だと思います。

(それでも1年~2年くらいはあった気がします)

 

大事なのは、入金額が373円でも利益を出せるようにする

システムです。そうすると、当時(2011年とか2012年前半)は、

バーコードリーダーによる全頭検査が非常に効率的で、結果とし

て、一日に100点とか、一店舗で100点とか仕入れられましたので、

入金額が373円でも十分に必要な利益になっていました。

 

つまり、見るべき所は、入金額の多寡(373円)ではなく、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それが必要な利益を生み出せるシステムになっているかどうか

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

 

ですから、「入金373円では諸経費を引いたら利ざやがでないのでは?」

という問題意識は非常に大事ですし、ポイントをしっかり捉えていると

思いますが、一方で、「入金が373円=利ざやがでない」という、入金額

ベースのみで考えてしまうのは少々危険です。

 

何故なら、数年前には、

【入金が同じ額でも、利益で100万円を生み出せるシステム】

は確かにあったわけです。

 

繰り返しますが、入金額の問題ではなく、それがシステムとして

機能しているかどうかがポイントになります。

 

具体的に言えば、上記のようなやり方(108円→600円)の場合、

見るべき所は【額】ではなく、【量】です。

 

その基準のものが、「量として、一回の仕入れで必要なだけあるのか

どうか」が大事です。それが、YESならそのシステムは機能しますし、

NOなら機能しません。

 

要するに「効率」の問題です。

 

今は厳しい、が、その人次第

【ブックオフ+108円→600円】

のシステムは、できますが、以前よりははるかに厳しいです。

 

一日に50点なら正直行ける気がしますが(単純な「価格差」以外

のものも入れていく前提です)、やりづらくなっているのは間違い

ありません。

 

そのやり方はあまり効率的ではなくなっているという事です。

 

同じだけの「利益額」をより効率的に生み出すシステムは他に

いくらでもあると思います。

 

とはいえ、「108円」という極端に低い仕入れ値はやはり魅力だと

思うので、もしブックオフに行く場合は、いつでも取り掛かれるように

しておいて損することはないでしょう。

 

一応、こちらのブログ記事に、ブックオフ108円の基本の一つが

載っていますので、よろしければどうぞ。

http://ponkichi01.com/archives/854

 

また、単純に、「検索するスピード」というのは、効率に

直結します(全頭検査しましょうと言っている訳ではありません。

強いて言えば、「目利き」+「バーコードリーダー」が最強の組み

合わせですかね)。サーチ用バーコードリーダーについてはこちら。

http://ponkichi01.com/archives/245

 

ですから、考え方としては、

「目利き最強」+「バーコードリーダーのスピード最速」

それでも、108円→600円が、自分が使える時間で必要な数

見つからない場合は、そこで初めて「108円撤退」の時です。

(なお、ここで言う「目利き」は「価格差以外のせどり」も含みます。

その場合バーコードリーダー自体いらないんですけどね)

 

もっとも、ブックオフの現状がどうこうということはありますが、

そもそも、人によって、「必要な利益」や「使っても良い時間」

は違うと思います。

例えば、「会社の行き帰りにブックオフがあって毎日の

ように寄る。月に1~2万で良い」ような場合は、108円→600

円で十二分にいけると思います。永久にいける気もします。

 

そういった発想の積み重ねが自分なりのシステムを作る

ブックオフ108円で利益が出るのか?という質問だったわけですが、

こういった発送は大事です。何故なら、思考のベクトルが、

 

「このやり方で利益が出るのか?」→「どうやってやればいいのか」

 

というように前に向いているからです。

 

結局、そういった発想、思考の積み重ねから、自分なりの

【利益の出るシステム】

はできてくるのだと思います。

 

もちろん、そのためには、他の人のうまくいったやり方を

たくさん研究するのも有益でしょうね。

 

状況に合わせて最適解を選ぶ

ここまでの話を見てくると分かるように、「システム」構築に

おいて、大事なのは、いくつかの対象に対して、状況を

正確に把握し、最適解を選ぶという事です。

 

「ゲーム理論」的に言えば、登場人物は、

●自分

●ブックオフ

●アマゾン

●配送業者

●ライバル

あたりでしょうか?

 

それぞれに、(例えば)「ブックオフ108円→600円」で必要な

情報を入れていき、解答を導いてみれば良いわけです。

 

●自分→そもそもいくら欲しいのか。時間は? 資金は? 場所は?

●ブックオフ→108円から200円になってる? バーコードリーダーに厳しい?

●アマゾン→FBAの「安いものに対する値上げ」

●配送業者→どれだけ送れば、安くしてくれるの?

●ライバル→減少傾向?

この辺の組み合わせで、それが機能するかどうかが分かります。

一見キビシメな記述が多いですが、僕なりの感覚では、数年前が

甘すぎたのだと思います。

 

バーコードリーダーをピッピピッピしているだけで、月収50~100万

っていうのは甘甘でしょう。まあ、バブルだったわけですね。

 

その分、今はブックオフ108円に関しては、ライバルは明らかに減っています。

 

稼ぎ続けるということは、最適解を選び続けること

過去を振り返りながら、現在の最適解を選び、未来を見据えて、

常に少しずつ変化し続ける。

 

その結果が「稼ぎ続ける」という事ではないでしょうか。

(一回だけの「月収100万」なら、意外と簡単です。月収100万を3年

続けるのは、一回の月収1000万より大変で価値があると思います)

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

「同じことを繰り返していて、違う結果を求めるのは狂気の沙汰だよ」

アインシュタイン

 

「同じことを繰り返しているだけなら、結果は少しずつ悪くなるよ」

ぽんきち

 


せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。








コメントを残す

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ