せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!




せどりは余力でやるべき?

 

 いわゆる古書業者(だいたい年配)の方と話をすると、色々と

勉強になります。何といっても、本の知識が深い人が多いです。

これは、出版関係者にも言えます。

 当たり前と言えば当たり前ですが、経験が豊富ですから。

 

 ただし、そういった人たちが「儲けているか」というと、逆の

方が多いようです。いわば、「自分たちの固定観念から出ない」

と言いますか、「これはこういうものだから」というのが、きっちり

と決まっているようです。

 これはブレナイという意味では良い事ですし、僕はある種の

敬意も持ちます。ここでも、た・だ・し、最新の動きについていけ

ているかと言うと、動き自体を知らなかったりします。

 

 「え、せどり? それは、市場、買取の余力でやるものでしょ」

 

といった反応ですね。昔はそうだったのかもしれません。露骨に言い

はしませんが、「せどり」を下に見ている所もあるでしょう。

 僕はどれが上で、どれが下という発想を基本的にしないので、そこに

は興味がありませんが、「稼いでいる額」というのは数字なので、上下

が出ます。

 古いタイプの出版関係者に言わせれば(全員ではないですけど)

「アマゾンは悪」です。同じく、古いタイプの古書関係者に言わせれば、

「せどりは余力でやるもの」です。

 さらに、ただし、そういった出版関係者のやっている出版社は、例外なく

薄給で、印刷会社にいつも支払いを待ってもらい、毎日死ぬほど頑張って、

月に20~30万が何とか残るという感じだったりします(もちろん、赤字の所も

多数です。挙げろといわれれば、あっという間に両手両足の指では足りなくなります。

現在、新刊を出している出版社は基本的にどこも厳しい情勢です。しかし、全部がダメなわけでは

ありません。与沢翼さん破産状態で紹介したダイレクト出版などは、素晴らしい活動をしていると

思います。もちろんかなり儲かってるのではないでしょうかね)。

 

 これは、古書関係者も一緒で、

「古本では稼げないよ」

「せどりで月に100万? 無理無理」

という感じです。

 

 そういう人たちは、例えば、「進撃の巨人」「妖怪ウォッチ」を知らなかったり

します。

 

 僕がそうだとは言いませんが、「せどり」全般で見れば(特に高額商品や

新品系を扱っている人たち)、月に利益で100万~500万なんていうのは、

別に珍しくないと思います。

 

 現実は、「せどりで月に100万円」稼げるわけです。

 

 もちろん、温故知新も大事です。そして、最新情報も大事です。

 どっちをやるべきか?

 決まってます。

 

 

 

 両方です。

 

 たまに、そういった古書関係者や、出版関係者がセミナーやら

メルマガやらブログやらをやることもあります。そして、「本での稼

ぎ方」を教えたりします。

 素晴らしい知識が散りばめられているかもしれませんが、そうい

ったノウハウではたくさんは稼げません。何故なら、「固定観念」から

出ていないからです。

 

 「古書市場」+「買取」+「余力でせどり」

 

これを個人レベルでやる場合。月に100万は稼げないでしょうね。

(まあ、それが僕の「固定観念」かもしれませんけどね)

 

 個人レベルで月に100万稼ぎたいなら、

 

 全力でせどり

 

が一番近いし、現実的ではないでしょうか。低リスクで

すぐに結果を出したいなら、「せどり」しかないでしょうね。

 

 ある程度組織化するなら、「ネットを使った大量買取⇒FBA

丸投げ」かな~。それでも「せどり」の方が現実的か・・・。

 

 

 商品紹介

  にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 儲かってはいないけど、いわゆる学術書を一生懸命

出している出版社です。この会社の本は、「難しい本を

作りました」系ですが、舞台裏を扱った下記のシリーズ

は大好きです。頑張って欲しいです。

 すいません、某ブックオフで見つけたので、読み終わっ

た後に売りました。

 

 こちら

 


 

せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。








“せどりは余力でやるべき?” への2件のフィードバック

  1. タカヒロ より:

    この記事は本当に勉強になりました。

    ありがとうございました。

    ポチ押させていただきました。

    • ぽんきち より:

      ありがとうございます。

      やはりせどり実践者にとっては、出版関係、古書関係の

      業界的な話は新鮮なのでしょうか?

      ポチっていただけると、筆も加速します。ははは。

       

コメントを残す

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2020年9月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ