せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。

期間限定で、登録者に豪華プレゼントを差し上げています!




Kindle Unlimited に見るamazonという会社

Kindle Unlimited

アマゾンジャパンが2016年8月3日にスタートさせたサービスが

 

Kindle Unlimited

 

です。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

このサービスは、国内の数百の出版社とアマゾンジャパンが

契約を結び、書籍・雑誌・漫画など、計約12万冊が月額980円

(30日間は無料)で読み放題になるというものです。

 

ダウンロード数に応じて、本を提供してもらった出版社

に利用料の一部を配分するという契約だったようです。

 

予想以上の利用者数

このキンドル・アンリミテッドですが、予想以上の利用者数が

いたことで、いくつかの問題が発生しているようです。

 

「充実したラインナップ」という最も重要な魅力を提供したい

アマゾンは、各出版社に、年内に限って、配分する利用料を

上げる等のオファーを出すことで、人気作品の提供をしてもら

ったようです。

 

が、しかし、

「月額980円で読み放題+魅力的なラインナップ」

という内容が思った以上の利用者を獲得したために、

アマゾンが出版社に払う金額が上がりすぎたと見られます。

 

特に、人気の漫画やグラビア系写真集に人気が集中し

たようです。

 

その結果・・・

 

「やっぱやめた」

一部の人気作品に思った以上のダウンロードが集中し、

出版社に払う利用料が跳ね上がった事が想定外だった

アマゾンは、

 

「やっぱやめた」

 

というような行動に出ます。

 

なんと、それらの人気作品を、キンドル・アンリミテッドの

ラインナップから外し始めたのです。

 

顧客も、ビジネスパートナーである出版社もそりゃ怒るでしょう。

 

アマゾンからの説明は、

「想定以上の利用者がいて、出版社に支払う予算が不足した」

「このままではビジネスとして継続できない」

ということだったようです。

 

急拡大している大企業であるのは間違いないですが、

こういうのを「一流企業」とは呼べないでしょうね。

 

当然、出版社は怒ります。某大手出版社は、提供している

すべての本の引き揚げを検討しているとアマゾンに通告

(こういう通告の場合、実際にはやらないですね、日本企業は)。

 

アマゾンからの回答は、

「道義的な責任はあるが契約違反ではない」

というものであったらしいです。

 

 

それをいっちゃ~~おしまいよ。

 

 

amazonという会社

僕はせどりを始める前は、出版社で編集者をしていたので、

会社員時代もずっとアマゾンとは付き合いがありました。

 

その後、独立してからも、せどりにおいては、売り先がアマゾン

だったこともあり、なおさら深い付き合いをしてきたとも言えます。

 

その経験上思うこととしては、やはり、多少の驕りがこの会社には

あるように思えますね。

 

現実問題として、出版社もせどらーも、完全にアマゾン抜きでやって

いくとなると、さすがに厳しいという状況にあります。

 

そういった状況を作ってきたのはアマゾンという会社の力であり、

実績であるのは間違いがないのですが、いかんせん、

「やりすぎ」

の感は否めません。

 

出版社との契約も、出品者との関係も、かなり一方的に事を

進める体質が確実にあります。

 

言い方は悪いですが、

 

「アマゾンという肥沃な土地を貸してあげている大地主でござい」

 

という感覚が既に無意識レベルで存在しているようです。

 

そうすると、出版社も出品者も小作人です。

 

なんかあったら、

「やっぱやめた」

で済ませてしまいがちです。

 

 

ビジネスパートナーとして、

「win-winの関係を築いて」

という方向で付き合うつもりはなさそうですね。

 

そうなると、我々としては、逆に、いかに

「アマゾン依存を脱却するか」

という意識で日々を過ごしていかなければならなくなります。

 

アマゾン依存は脱却できるか?

この部分については、ここ数年たまに触れてきましたが、

せどりオンリーだとやはりアマゾン抜きでは厳しいでしょう。

(ここでは細かく触れませんが、出版社の場合さらに厳しいです。

おそらくほとんどの会社はアマゾン依存から抜けられないと思います)

 

 

ということで、情報発信を始め、せどりや情報発信の収益

をトレードに回しといったことをやってきました。

 

それでも、いまだにアマゾンを使ったせどりの安定感は抜群

すぎるという現実があります。

 

アマゾンからの脱却というよりは、

「他でうまくいかなくても、いざとなれば、アホみたいにせどり

まくればどうとでもなる」

といった感じで、いわばアマゾン保険のようになっています。

 

実際、今、アマゾンは以前にも増して消費者をつかんでいます。

さらに、ブックオフから全頭せどらーが消えた事もあり、せどり

部分売上も利益も好調です。

 

 

いずれにせよ、アマゾンという会社は残念ながら信頼をおける

相手ではないという事実を踏まえる必要があるでしょう。

 

「道義的な責任はあるが契約違反ではない」

 

ここに体質のすべてが出ています。

 

 

個人的には、ゴルゴ13のように、

「口約束でも(だからこそ)命をかけて守る」

みたいなビジネスをしたいものです。

 

信頼って簡単に築けませんから。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

驕れるアマゾンは久しからず

 

となりますかどうか。

 

kindle unlimited人気から見えること

アマゾンの会社としての体質はちょっと置いておいて、そもそもこの

kindle unlimitedの大人気から見えることを少し考えてみたいと

思います。

 

そもそも、アマゾンが

「やっぱやめた」

と言い出したのは、

 

●あまりにも多くのダウンロードが発生したから●

 

です。

 

至極単純に考えて、

●安くて

●魅力的なコンテンツがそろっている

この条件を満たすだけで、人は集まるわけです。

 

かれこれ、20年近く、出版業界の右肩下がりは続いていて、ずっと

言われ続けているのが、

「本が売れない」

という事です。

 

しかし、キンドルアンリミテッドで売っているのは、電子とはいえ

書籍です。そして、売れているわけです。

 

これは、逆に考えれば、既存の業界システムが、

●安くなくて(再販制ド~~~ン!;どこで買っても定価)

●魅力的なコンテンツが揃っていない(書店に行ってもあるかどうか分からない)

部分を改善しようとしてこなかったことのあらわれだと思います。

 

キンドルアンリミテッドが大量にダウンロードされるということは、

いわゆる「書籍」はコンテンツとして魅力があるものがたくさんある

ということの証明と言えるでしょう。

 

売れないのではなく、売り方に問題があると考えるべきです。

 

なぜ、多くの消費者が(ちょっと前の)ブックオフやアマゾンに流れたのか、

なぜ、実店舗の新刊書店から一気に離れていったのか、その一つの答えが

キンドルアンリミテッドの大人気にはあるような気がします。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

おそらく、アマゾンという会社の体質が明らかになった以上の意味合いが

ここにはあると思います。

 

 

 


せどり無料メール講座

せどりをやりたいけど、何から始めればいいか分からないあなたへ

せどりで累計3億。月商500万円~800万円を
稼ぎ続けている"秘密”を徹底的に暴露します?!

知識ゼロの人やせどりに挫折したことがある人にも、
分かりやすく「無料メール講座」で教えています。
誰でもできるのが「せどり」です。








コメントを残す

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ