メルカリで利用制限されたのはせどりのせい?そうではない?24時間・72時間・垢バン

mercari

2020年現在、メルカリは電脳せどり(PC、スマホを使ったせどりの仕入れ)

に必須のプラットフォームです。

その「メルカリで24時間の利用制限」をされました・・・。

正直困ります・・・。

↓  ↓

mercari

 

 

 

 

メルカリで利用制限されたのはせどりのせい?そうではない?

メルカリで利用制限をされたのはせどりのせいではない

メルカリの掲示版などでも「せどり」関連のスレッドはたくさんあるよう

ですが、2020年4月時点では、メルカリはせどりに関しては基本的に

放任・黙認のようです。

 

一日平均5~10程度の商品をメルカリで購入していましたが、その点は

全く問題なかったようです。

 

今回、僕がメルカリで利用制限をされたのも、せどり・転売とは無関係

でした

 

では、理由は?

 

メルカリで利用制限されたのは「取引キャンセル」を繰り返したから

下記のメルカリからのメールにもあるように、「取引中の迷惑行為」が

問題だった様です。

↓  ↓

mercari

 

 

 

「取引中の迷惑行為」の具体的な内容は、「取引キャンセル」です。

 

ちなみに、「制限」される機能は、

・いいね!

・コメント

・商品の購入

・出品した商品の販売

です。購入も販売もできないので、実質何もできないですね・・・。

 

メルカリで商品を仕入れる場合、どうしても「スピード勝負」の所が

ありますので、商品説明をよく見ずに「さっ」と買う事が多々あります。

 

そうするとどうしても、その後、

「あれ、これ全巻て言ってるけど、よく見たら抜けがたくさんあるやん・・・」

「あれ、これ、裁断済みじゃん・・・」

といった事が結構たくさんあります。

 

そうすると、どうしても「キャンセル申請」する事も出てきてしまいます。

 

とはいえ、そこまで頻繁にキャンセルもしていないのに・・・。

では、メルカリで利用制限をされる「取引キャンセル」の回数は具体的に

何回くらいなんでしょう?

 

「取引キャンセル」を一日2回以上or計5回くらいでメルカリの利用を利用制限される?

僕の場合は、「メルカリ・24時間の利用制限」をされた際の状況は、

 

●同じ日に2回以上のキャンセル(12時間以内)

●累計5回目くらいのキャンセル(1~2か月程度)

 

でした。

 

おそらく「同日に複数回」「累計5回以上」辺りがポイントかと

思われます。

 

このあたりはメルカリ次第なので、いつどのように変わるかは分かりませんが・・・。

 

「取引キャンセル」を10回やるとメルカリで垢バン(アカウント停止)?

今のところ大丈夫ですが、おそらく「利用制限」が何度かあると、

永久に利用ができない、いわゆる「垢バン(アカウント停止)」に

なると思われます。

 

ならないように気をつけたいですが・・・。

 

これもメルカリ次第になりますが、おそらく、

 

「初回の利用制限・24時間」

「2回目の利用制限・3日(72時間)とか一週間」

「3回目の利用制限・永久(垢バン)」

 

といった感じではないでしょうか?

 

電脳せどりでは、メルカリは多用しているので、今垢バンになると

結構困るのでそうならないように注意したいです・・・。

 

まとめ

再度まとめます。

 

●2020年4月現在、メルカリでせどりをしてもなんら問題はない

●メルカリで24時間の利用制限をされた理由は「取引キャンセル」

●「取引キャンセル」回数累計5回、一日に2回程度で利用制限か?

●一定期間(半年とか1年?)に10回以上キャンセルすると垢バンか?

 

です。

 

気をつけましょう。

 

 

 

「ネットビジネスのススメ」―「最適化」こそが生き残る道

「ネットビジネスのススメ」―「最適化」こそが生き残る道

1 今も昔も最適化が大事

SEOという言葉は一般的には知られていないでしょうが、このブログを

読んでいる方なら、70%くらいは知っているのではないでしょうか?

SEO=サーチエンジン最適化(グーグル最適化)

の事です。グーグルで上位表示させるための各種技術の事です。

(関連記事)

話を長くしないためにいきなり結論を書きますが、ようするに、

★21世紀を生き残るためにはグーグルに最適化する事が大事★

という事ですね。もちろんITを使うならですが、そもそもITを使わない

という時点で、21世紀に最適化できていないのは間違いないですよね?

19世紀大英帝国の生物学者、チャールズ・ダーウィンは、

「生き残るのは強いものではなく、変化に最もよく適応したものである」

と言いました。

つまり、時代の変化に最適化したものが生き残るのであって、

マッチョであれば生き残れるわけではないという事です。

例えば、2020年現在の最適化が「SEO」や「ネットビジネス」であると

すると、ダーウィンの生きた19世紀の最適化は「鉄道」や「石油」だった

かもしれません。

また、もう少しくだけて考えて、現在を生き残るのに最適化された技術が、

「学歴」や「ITスキル」や「車の運転免許」といったものだとします。

では、それらは江戸時代の日本では、生き残るのに最適化された技術

だったでしょうか?

あるいは、弥生時代の(佐賀県)吉野ヶ里の集落では?

確実に違いますね。

身分制社会だった江戸時代の場合、「生まれ」というコントロールしようが

ないものが決定的だったわけです。強いて言えば、(ほとんどの人は農民なの

で)、お米を作る技術・スキルに最適化するのが一番よかったかもしれません。

(そういう意味では、弥生時代以来、長い間、水稲耕作技術は重要技術だった

かもしれませんね)

だからこそ、江戸から明治になって、「四民平等」と(建前上は)なった時に、

福沢諭吉は「学問のススメ」を唱えたわけです。

「学問」=明治時代・これからに最適化された技術

あまり知られていませんが、「天は人の上に人を作らず」で有名な学問のススメ

で、福沢は、決して、「人間は平等」という事をメインに主張していたわけでは

ありません。(部分的にはそうかもしれませんが)

「学問は大事」

  ↓

「学問をしないとこれからはかなり差がつく」

  ↓

「これからの時代に最適化された技術は学問だ」

と言ったわけです。

そして、ご存知のように、明治以来150年、福沢の言ったことは

ほぼその通りになっていますね?

いわゆる「学歴社会」ですよね?

 

2 21世紀に最適化された技術は雇われずに稼げるネットビジネス

「新型コロナウイルス」は極端な形で露呈させましたが、おそらく、

「21世紀に最適化された技術」は「学歴」ではなくなってい

でしょう。

もちろん、学歴がなくて良いといっているわけではないです。

あって損する事はないでしょう。

ただし、中身のない学歴であれば早々に淘汰されると僕は

思います。

なぜなら、福沢諭吉以来の「学問」→「学歴」というのは、

「雇われる事に最適化された技術」だからです。

 

時代に最適化された技術は、「雇われずに稼ぐ技術」です。

ネットビジネスがそれにあたるわけですが、それはまだ、端緒についた

ばかりなので、学校なんかは(基本的に)ありませんが、それこそ

ネットで色々学べる様にはなりつつあります。

 

「適者生存」をしたいのであれば、「コロナ」の騒動であらわになった

ように、「雇われる事のリスク」から少しでも距離を取っていくことが

オススメです。

 

以上、

「ネットビジネスのススメ」

でした。

 

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ