戦術ドログバ

 

明日は、日本―コートジボワール戦。

 

ヤヤ・トゥーレがどの程度の回復具合かにもよるが、

コートジボワールには、「戦術ドログバ」の名言をうんだ、

ドログバ大先生がいる。

 

いくら36歳とはいえ(僕とそう変わらないじゃんか・・・)、圧倒的

なフィジカルなので、彼に決定的な仕事をさせないかどうかだろう。

10番のジルビーニョは、かなり個人プレーが目立つし、ヤヤ・トゥーレ

とドログバ以外は日本代表の方が上だと思う。チームの機能、組織的な

プレーも日本の方が少し上だと思う。今の日本は決勝トーナメントレベル

には行っている。

 

 

ただし、ドログバ先生は、サッカーだけでなく色々な意味で特別

な存在なので、

 

youtube

まとめブログ

ニュース記事

 

敬意を持って試合をしてほしい。

間違っても、前回のW杯の前、親善試合で跳び蹴りをして、ドログバを

怪我させた、トゥーリオのようなラフプレーはしないでほしい。

意図的でない?

たまたま?

 

意図的でなく、たまたま、ああいうプレーはしないことは、自分が

一番よくわかるはずだ。

2002年のワールドカップ前に、韓国代表がジダンを怪我させた

時も思ったが、「お前らごときが触ってはいけない相手」

がいるんだよ、世界には。

 

あれ以来、僕はトゥーリオは一切認めていない。ザッケローニが代表に

呼ばないのも、あれがあるからではないかと、半分本気で考えている。

 

僕が日本代表を好きなのは、基本的に非常にクリーンにプレーする

から。世界の至宝を怪我させて勝つ後ろ暗いチームよりは、正々堂々と

戦って負ける、いわば「義に死ぬサムライ」であってほしい。

ワールドカップは勝ち負けだけではない。

優勝はできなくても、82年のブラジル、ジーコは語り継がれるチームだ。

2002年のアイルランドも良かった。

 

そのドログバも、チェルシー時代、CL準決勝で、かなりのバルサ寄り判定で

負けた時は、

 

It's a disgrace, it's a fu●●ing disgrace!!

 

と言って、出場停止になったりしてたけどさ。

まあ、後、ドログバ先生は、しょっちゅう「ダイブ」して反則もらおうと

しますけどね・・・。背負ってるものが違うから。大目に見て・・・。

 

商品紹介



にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

ファーガソン

サッカーの本で良い思いをしたのはこれくらい。

105円だった。

 

何度か書いているが、「サッカー」はメディア商材としては

そんなにおいしくはない。下手したら、「内田篤人」単独の

方がキーワードしては上。要するに、まだまだ日本人に本当

に浸透しているスポーツだと僕は思えない。

ただ、(これも書いた気がするが)今の小学生くらいの年代に

は、「世界のサッカー」がより一般的になっているようなので、

5年後は結構変わっていると思う。

 

無敵艦隊沈没

 

オランダ5-1スペイン

 

1次リーグ屈指の好カード。というか、前回の決勝と同じ対戦。

ブラジルやスペインみたいに、決勝トーナメント前提で戦っている

チームは、往々にして1次リーグはもたつくことが多いとはいえ、

この結果は・・・・。

 

スペイン(やバルセロナ)の強さは、

 

ポゼッション力+相手ボールになった際のすごい寄せ

 

だったが、今日は相手ボールになった時のプレスが、全盛時に比べると、

全然きいていなかった。相手にボールを持たれた時に、前線からプレスで

きないと、スペインのやり方の場合、後ろに広大なスペースがあるので、

どうしてもリスクを招きやすい。まさに、紙一重の所で、これまでの芸術的な

サッカーはうまれていた。

 

バルサを相手にする時のモウリーニョなんかは、完全にカウンター狙いだけど、

今日のオランダは、特に後半は、カウンター以前に、最終ラインや、中盤から、

普通に前線へパスを通せてた。

強い時のバルサやスペイン代表は、圧倒的にボールを持ちながら、カウンター

もほとんどさせない(取られた瞬間から、チーム全体で機能的にプレスをかけ

るから)。ましてや、相手にボールを回されて崩される場面なんて、ほとんど

見た記憶がない。

が、今日は、信じがたいことに、相手の方がうまく崩していて、スペインに

決定機は正直あまりなかった。

 

まあ、もちろん、オランダの前の3人が超強烈っていうのはあるけどね・・・。

特にファンペルシーの一点目は、まさに「世界クラス」。

 

スペインは、一点取った段階で、「まあ、最悪引き分けでいけるな」とチーム全体が

考えてしまったのかもしれない。

 

それよりも、このままだと、スペインはチリにもオーストラリアにも勝たなければ

ならない。大丈夫か・・・。

 

昨年のコンフェデ決勝についてのブログ記事で「スペインの時代の終り」を心配

していたが、、スペイン無敵艦隊は、残念ながらやや沈みつつあるようだ。

決勝トーナメントには行ってほしいが。

 

2014年のワールドカップ・オランダ戦が、スペイン代表(無敵艦隊)にとっての

「アルマダの海戦」にならないことを、一ファンとして願いたい。が、全体の年齢

からいっても、今回がラストチャンス。

 

ブラジル3―1クロアチア

 

今日は晴れで、暑い=梅雨の中休みのはずが、

昼から、雨で、蒸し暑い=梅雨に。と思ったら、

午後から晴れ。

 

今日から2014ブラジル・ワールドカップ開幕。

開幕戦、

ブラジル3―クロアチア1

 

序盤、ブラジルガチガチ(そりゃそうだ)で、クロアチアが

オウンゴールで先制。

「これは面白くなる」

と思いながら観戦。

 

が、ネイマールがスーパーゴールを決めて、前半で1-1に。

 

この時点で勝負あり

戦略とか戦術とか飛び越えて、決定的な「差」を生み出せる

人はやはり凄い。

 

さすがに、同点になるとブラジルも落ち着いてきて、

クロアチアの弱い所(左サイドバック)にボールを集めて、オスカルを

中心にうまく攻めだす。

が、クロアチアはもともとが良いチームなので、実質互角。

 

後半もなかなか良い試合だった。クロアチアのレベルが高いので、

ブラジルも全然気を抜いていない。マンジュキッチがいたら、さらに

接戦になっただろう。

 

PKと、オスカルのこれまたスーパーゴールで、3-1。

 

ただ、ブラジルは平均年齢が若い事もあって、まだまだ「横綱相撲」

という感じではない。まあ、だんだん良くなるんだろうけど。決勝トー

ナメント入ってからだね、このチームは。

 

あとは、ネイマールが82年のマラドーナみたいに、「老練なDFの挑発」

にのらない事も大事かもしれない。何しろ、いくら上手でも、まだ22歳

(だっけ)。何にせよ、決勝トーナメントが楽しみ。

 

この試合は、日本人のチームが審判。主審は西村さん。前回の

南アフリカ大会で、ベスト8:ブラジル―オランダの主審だった人。

 

あの試合はよく覚えているが、とても上手に裁いていた。

フェリペ・メロのレッドカードも、多くの場合、自チームにレッドが出ると、

審判に詰め寄って抗議! のパターンが多いが、あの時はブラジル

選手ほとんど抗議していなかったと思う(まあ、試合序盤の、ロビー

ニョの「審判を威嚇して優位に吹かせよう」的な態度はいかがなも

のかと思ったが、西村さんは極めて冷静に吹いていたと思う)。

あの試合以来、この審判は好きだし、同じ日本人が、敬意を持たれて

(おそらく前回大会のブラジルーオランダ戦が転機だと思われる)

ワールドカップで活躍しているのはうれしいものだ。

FIFAにとっても、欧州でも、南米でもない地域に、有能な審判が

いると便利だろう。審判は、まず選手の信頼を得なければならないが、

西村さんは既にそれはクリアしている気がする、そのうち、「決勝」

も期待したい。

 

今日の、PKとクロアチアの2点目になりそうな場面の判定は、両方

とも「結果として」ブラジル寄りだったが、まあ誤審ではないと思う。

ただ、あんまりどっちかに偏ると、選手たちの信頼をなくすから、

難しいよね。

 

 

午後から、

某関係で、通帳作った銀行の支店に出向かなければならず、

行く。

サラリーマン時代の通勤ルートとまったく同じ。服装は、短パン、

ポロシャツ、麦藁帽子だけど。

駅に着く、歩いて銀行に向かう。

 

え、ない!

え、え、え、な、な、ない。

仲のよかった金物屋のおっさんの店がなくなってる!

まあ、いつもくっちゃべってるだけだったしな。

 

IMG_20140613_144031

 

 

 

 

 

 

おっさん元気かな?

 

ということで、諸行無常を感じながら、銀行に行ったら、

 

 

 

 

こっちもない!!!

 

まじでない!

 

元都銀とはいえ、しょぼい銀行だからか。

と思ってよく見たら、「移転」。

 

何だよ、電話した時に言えよ。

一駅分歩かされる。

 

しかも、「本人確認登録が必要なのでお越しください」

と言っていたのに、やったのは、免許証見せただけ・・・。

郵送じゃだめなんすか?

また、銀行嫌いになるよ。

 

大丈夫か。担当者の名刺ももらわなかったけど、本当に

大丈夫なのか?

 

ついでに、配送のあるブックオフへ。

基本のブックオフせどり。

これは単品管理なのか? 

という値段がちらほら。

普通にたくさん買う。

ちゃんと売れるかどうか分からないが、某トレンドが

一応値上がりしているので、買ってみる。

 

何度か会計。

最後は、日本語微妙な方が店員。

大丈夫か、結構買ったけど、配送は大丈夫なのか?

 

電車が混む前に帰る。もうラッシュとか無理。

 

 

商品紹介

 

一応トレンド?

 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ 

 

今日も、先制されたら、ブラジルファン、しーーーんとしてた。

だから、やっぱりネイマールの一点目だよね。

あそこで決めるのはやはり「持ってる」。

持ってるといえば、ハンカチ王子はマー君に1億馬身くらい

離されたね。

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ