ヤフオク!が全国一律料金の配送サービスを10月16日から開始

ヤフオク!が全国一律料金の配送サービスを開始



ヤフオク!で全国一律の送料で商品を発送できる

サービスを開始する事が分かりました。

 

いつから?

2018年10月16日午前0時からとの事です。

 

条件は?

出品時に送料を出品者負担にし、配送方法を

「ヤフネコ!パック(ネコポス、宅急便コンパクト、宅急便)」

「ゆうパック(おてがる版)」

「ゆうパケット(おてがる版)」

のいずれかに指定する必要があるようです。

 

具体的な金額は?

yafuoku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回の、ヤフオク!による全国一律料金の

配送サービスですが、実際にヤフオク!を

買いでも売りでも使っている側からすると、

 

そんなに便利でもないかな・・・

 

 

というのが率直な感想ですかね。

 

値段のインパクトもないですし、使える配送会社

やサービスも限定的ですから。

 

amazonなどでは、昔、集客のために、郵便局を

使った「キャリアパートナー」とかいうのでは、

FBAまでの送料「無料」というのがありました。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

それ比べると、まあ、そのなんですね。

 

孫さん(我が家では、ソンどころか、「得」しか

しないから「とくさん」と呼ばれてますが)とか

が主導するともっと凄い事やるんでしょうけど。



 

 

アマゾン(amazon)時価総額1兆ドル;FAANG(ファーング)の時代?

米アマゾン時価総額1兆ドル

米アマゾン(amazon)の時価総額が、2018年

9月4日のアメリカ株式市場で1兆ドルに達しました。

 

1ドル100円で100兆円。

1ドル110円だと110兆円。

 

2018年度の日本の国家予算(一般会計総額)は

97兆7128億円との事ですから、先進国の国家予算

並のお金が、一企業に流れていることになるわけ

です。

 

もちろん、既にアマゾンは巨大IT企業になって

いるわけですが、

 

株式市場はこれからの「思惑」(期待)も織り込み

ますので、AI(人工知能)の時代と言われる、

 

今後のアマゾンにも投資家は多大な期待をしている

 

事がよく分かります。

 

既に、「アレクサ」と呼びかけると起動する、

スマートスピーカー「エコー」や、その技術を使った

機器を世界中に広げ始めています。

 

その「エコー」やクラウド事業が好調なこともあり、

2018年4月~6月期の純利益は前年同期の13倍に

なっています。

 

アマゾンがどこまで拡大を続けていくのか、

成り行きが注目されます。



まあ、個人的には、創業者ジェフ・ベゾスの

「後」が気になりますが、まだまだ元気そうなので、

先の話になるのでしょう。

 

同じITの巨人アップルは、アマゾンより先に時価総額

1兆ドルを達成していますが、スティーブ・ジョブズが

若くしてガンで亡くなった後も、順調に成長を続けて

います。

 

まあ、こちらも個人的には、ジョブズ後には iPhone 

的な革新的な製品は出てきていないように感じますが・・・。

 

FAANG(ファーング)の時代?

その、amazon, apple等を含む、アメリカの巨大

IT企業たちを、その頭文字をとって




 

FAANG(ファーング)

 

と呼ぶことがあります。

 

FAANG

 

Facebook

Apple

Amazon

Netflix

Google

 

です

 

僕の場合、

ネットフリックス(Netflix)以外は、すべてアカウントを

持っていて、サービスを利用した事があります。

 

多くの人もそうかもしれません。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

まあ、なぜか、その使った事ない、ネットフリックス

だけ株を持ってますが。

なんでだろう? 他は既に高いと思ったのかな?

 

いずれにせよ、この FAANG が時代の中心になっている

事は間違いありません。

 

しかし、FAANG はすべてアメリカ企業ですね・・・。

何ででしょうね。




 

 

アドセンスで月1万円稼ぐのに必要な2つのスキルとは?

「グーグルアドセンスで月に1万円稼ぐ!」

 

このために必要な事はなんだろう?



月に3万PV? 

 

確かにそうです。

 

でも、どうすれば月に3万PVになり、一日1000PV

のブログが作れるのかが分からなければ意味がないな~。

 

というわけで、経験則から駄文を書いてみました。

線路

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨメのブログを手伝って、

 

リンクも張れない主婦が半年で3万PV、

アドセンス収益1万円超えブログを作った物語

 

という記事もまとめて思ったことの一つは、

 

 

あれ、もしかして、

大なり小なり誰でも、一つや二つは

価値のあるネタを持ってるんじゃないの?

 

 

という事でした。

 

誰でも「価値」を持っている?

youwill

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨメのブログの場合、「懸賞」というテーマなわけですが、

懸賞歴数年、当選実績も多数となると、ノウハウがある程度

たまっています。

 

僕からしたら、やってる事の難易度が高すぎて、

ブログ記事を書いていってもらった際に、何度も

 

「レベルが高い! もっと初歩的な話からしてくれ」

「僕が分かるようにしてくれ!」

 

と言いました。

 

ヨメからすると

「そんな簡単なことからかくんか?」

という気持ちなんでしょうが、

 

最大公約数的な読者は基本的に初心者です。

 

 

仮に僕が海外サッカーブログを書いた場合、似たような事が

想定されます(今の所予定はありませんが)。

 

 

で、おそらく誰もが、一つや二つは、

 

 

それなりの数の人にとって価値のある情報や知識を持っている

 

のではないかと思いました。

 

「価値」はお金に変えられる

Google AdSense という仕組みからすると、この

 

それなりの数の人にとって価値のある情報や知識

 

というのがそれだけで結構簡単にマネタイズ〔お金になる)できて

しまいます。

 

〔参考記事)

アドセンスとは?―google アドセンスのメリット・デメリットまで

 

 

もちろん、アドセンスでなくても、

 

●ブログでの商品販売やコンサル

●ブログ→メルマガからの商品販売やコンサル

 

といった、よりビジネス寄りの手法をとる事も可能です。

 

(とはいえ、何かを売るとなると心理的な負担も生ま

れますので、クリックだけで収益が発生するアドセン

スが一番オススメだと思います。)

 


つまり、ネットを使うと、自分が持っているスキルが

他の人に「価値」があれば、意外と簡単にマネタイズ

(お金に変える事)ができるわけです。

 

 

 

が、しかし、

 

「意外と簡単にマネタイズできる」

 

というのは、慣れているから言える事で、実際は、

 

 

持っている「価値」をマネタイズするスキル

 

これが実は立派な「価値」だったりするようです。

 

例えば、ヨメは、

自分のために、ただ日記・備忘録を書いているだけで、

実際にグーグルから毎月5桁のお金が振り込まれるよ

うになって、僕にえらく感謝するようになりました。

 

なぜなら、彼女の場合、懸賞に関するノウハウ等々

を書く事はできても、それをお金に変えるまでのプ

ロセスは全くできないからです。

 

具体的には、

リンクも張れない主婦が半年で3万PV、

アドセンス収益1万円超えブログを作った物語

の記事をお読みいただけると分かりますが、

 

ざっくりと以下のようなプロセスが必要になります。

 

 

1 独自ドメインでブログを作る

2 サーバーを借りる

3 WordPressでブログを書く

4 アドセンスの審査に合格するブログにする

5 キーワードを意識して、100記事書く 

 

 

この辺りのノウハウは、それこそここ数年に固まってきたもの

と言ってもいいかもしれませんから、60歳の東大教授より、

PC好きの中学生の方が得意かもしれません。

 

少なくとも、公的な学校教育で教わるものではありません。

(教えた方が良いと思いますけどね)

 

ですから、ほとんどの一般人はできません。

 

イメージとしては「リフティング」みたいな感じかも

しれません。サッカー経験者ならだいたいできますし、

練習すればおそらく健常者の9割くらいはできると思い

ます

 

ただし、やった事がない、やる必要がない、練習が

嫌だといったことからできないままの人がほとんど

ですよね?

 

リフティングもアドセンスで稼ぐ事も、

やれば多くの人にはできるけど、一見敷

居が高いように思えるのだと思います。

 

マネタイズのインフラ整備自体が「価値」だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単にいうと、

 

グーグルアドセンスを始めるためのインフラ整備

 

これが多くの人にとっては一番高いハードルになるの

かもしれません。

 

 

だから、それは「ビジネス」になります。

 

アドセンスのノウハウを教える教材やコンサル等は

ネット上にいくらでもあります。

 

 

作家と編集者の関係に似ているかもしれません。

書き手には書くべき内容があり、編集者がそれを商品として

価値のある本にしていく、みたいな。

 

 

もちろん、自力でやることも可能です。

 

リンクも張れない主婦が半年で3万PV、

アドセンス収益1万円超えブログを作った物語

 

の記事を読めば、少しPCに慣れた人なら、多少の

時間はかかっても何とか始められるでしょう。

 

ただ、多くの人は、

 

始めることすらできない、もしくはすごく時間がかかる



 

事になると思います。

 

 

自分の持っているスキルをブログに書いていく作業は

楽しいと思いますが、インフラ整備は基本的には楽しい

ものではありません。

 

だから、そこで挫折する人も多いようです。

 

まとめ―アドセンスで稼ぐのに最も必要なものは?

アドセンスで稼ぐためには、二つのスキルが必要という

結論になりました。

 

 ●多くの人にとって価値のある情報・知識を持っていること

●アドセンスをスムーズに始めて、深化させていけること

 

書くべき内容〔テーマ)と、それをgoogle adsense という形で

マネタイズするスキル。

 

この両輪があると、個人が雑誌社、新聞社、出版社のように、

広告をとって記事を書いていくことができる時代です。

 

 

既に書いたように、多くの人は、何がしかの価値のある情報や

知識はもっているものです。

 

おそらく、それをマネタイズする能力がないか、知らない

ために、まだまだ埋もれている「価値」が世の中には大量

にあるのではないかと思います。

 

 

ヨメブログをマネタイズした経験からすると、かなり多く

の人は毎月アドセンスで1万円以上の収益を上げられる

テーマは持っていると思います。

 

ただ、一方でアドセンスを始めるためのインフラ整

備は、ほとんどの人にとって難しいのではないかと

邪推します。

 

ブログは自動販売機のように勝手に収益を

産んでくれる「資産」ですから、

もったいないと言えばもったいない話です。

 

 

(何か、アドセンスのインフラ整備のコンサル募集の

ような書き方になってしまいましたが、別にそういう

わけではありません・・・。

 

まあ、もし興味がある方がいたら、

お問い合わせ

から連絡を頂ければと思います)

 

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ