WordPressオススメ無料テーマ(テンプレート)ベスト3!【2019年】ワードプレス

14831 (3)

WordPress(ワードプレス)のテーマ(テンプレート)は無料・有料

問わず、大量に存在します。

 

「wordpress無料テーマオススメ50選」

とか書かれても、使うのは基本的には一つのテーマなので、そんなに

いらないですよね?

 

という事で、この記事では、

 

総合的に考えて、

「オススメの無料WordPressテーマベスト3」

を比較しながらまとめてみました。

 

(関連記事)

 

WordPressオススメ無料テーマ(テンプレート)ベスト3!【2019年】

先に結論を書くと、WordPressの無料テーマでオススメベスト3は

以下になります。

 

1  Cocoon(コクーン)―Simplicity(シンプリシティー)の後継

2 STINGER (スティンガー)

3 LION

 

 

評価基準は、

 

1 デザイン性・操作性

2 レスポンシブWEBデザインへの対応

3 表示スピード

(4 SEO内部対策済み)

 

です。

 

デザイン性は主観ですが、紹介する3つはとてもレベルが高いと思います。

操作性は慣れの部分もありますが、これもすべて使いやすいです。

 

「レスポンシブWebデザイン」とは、「スマホ等での表示」に

最適化されているかどうかという事です。

 

2019年10月現在、スマホサイトに最適化されていないページは

SEOでもかなり不利ですし、そもそも使いづらいです。

 

ジャンルによりますが、トレンドブログなどでは90%がスマホから

のアクセスという場合もあります。

 

つまり、「レスポンシブWebデザイン」に対応していない

WordPress(ワードプレス)のテーマは使い物になりません。

 

この記事で紹介するwordpressの無料テーマはすべて

「レスポンシブ対応」

となっています。

 

 

SEO対策(内部対策済み)というのも大事ですが、この点に関しては、

有料テーマには勝てませんので、あえて対象外としました。

 

SEO上位表示を重視するのなら、wrodpressのテーマは有料の「賢威

を使う以外ないでしょう。

 

(関連記事)

 

 

それに、「SEO」に関しては、やれ「meta description」だ

「meta robot」だ等々とwordpressテーマに関しても言われますが、

正直な所、大事なのはそこではないと思います。

 

「記事の質と数」

 

これが2019年、2020年以降最もSEO対策として大事になるでしょう。

ですから、極端なことを言うと、wordpressの無料テーマでSEOが

どうとか言っても、(無意味とは言いませんが)ほぼ意味がないかも

しれません・・・。

 

(関連記事)

 

ということで、この記事では、紹介するwordpress無料テーマのSEO対策

については記述はしますが、それほど重視はしません。

 

おそらく、wordpressの無料テーマの提供者にできるSEO対策はそんな

にないと思うからです。対策するのはそれを使って記事を書いていく

あなたです。

 

紹介する3つのテーマに共通しているのは、「キレイなデザイン」です。

デザイン性というのは主観なので、それこそ客観的な評価はできませんが、

デザインだけで言えば、個人的には有料のテーマを使う必要はないかなと

思ってしまいます。

 

 

上記の3つのテーマはなにしろ『無料』なので、金銭的な

リスクはゼロですから、気になったら使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

1位 Cocoon―WordPressオススメ無料テーマベスト3!【2019年】

 

 

Cocoonの総合評価 90点

 

デザイン性・操作性      ★★★★★(★5つ中)

レスポンシブWEBデザイン  ○ 対応

表示スピード        ★★★★★(★5つ中)

 

 

Cocoonは無料のwordpressテーマですが、機能がとても充実しています。

 

また、Cocoonはもともとwordpressの無料テーマとして非常に評判の

良かった、Simplicityの後継テーマとなりますので、ある意味では実績が

あります。

 

Simplicityを使っていたアフィリエイターやブロガーはたくさんいます。

 

Cocoonのページには特徴が7つ載っています。

 

1 シンプル

2 内部SEO施策済み

3 完全なレスポンシブスタイル

4 手軽に収益化

5 ブログの主役はあくまで本文

6 拡散のための仕掛けが施されている

7 カスタマイズがしやすい

 

確かにその通りでしょう。

 

「先輩」であるsimplicity同様、シンプルなデザインのテーマに

なっています。

 

特に女性の方にうけそうな、爽やかで柔らかいデザインです。

 

 

SEO内部対策については、worpdressの無料テーマなのでそこまで

期待するのはどうかと思いますが、「できることはやった」との

事です。

 

特に、ページ高速化機能が搭載されているので、この点はありがたい

ですね。おそらくですが、googleはページの表示速度を重視しつつあり

ますし。

 

ただ、この点(SEO)は有料のwordpressテーマには勝てないでしょう。

 

 

 

スマホにもきっちりと対応した、「レスポンシブwebデザイン」と

なっています。

 

 

また、wordpressブログによる「収益化」についても細かく施策が

されています。

例えばですが、googleアドセンスのコードを簡単に実装できたり、amazon

や楽天のアフィリエイトコードも簡単に掲載できます。

 

 

その他、とにかくCocoonは無料のwordpressテーマにしては、かなり

多機能・高機能になっています。

 

さらには、無料なのに、公式フォーラムがあります。

https://wp-cocoon.com/community/

 

 

しつこいようですが、「無料」ですから、検討中の方は一回使ってみては

どうでしょう?

 

Cocoonのダウンロードはこちら

 

2位 STINGER―WordPressオススメ無料テーマベスト3!【2019年】

 

STINGERの総合評価 90点

 

デザイン性・操作性      ★★★★★(★5つ中)

レスポンシブWEBデザイン  ○ 対応

表示スピード        ★★★★☆(★5つ中)

 

 

STINGERは無料ですが、同じ会社が有料のAFFINGER5というwordpress

テーマを作っています。

 

ですので、いわばSTINGERはAFFINGER5の下位互換のwordpressテーマ

となります。

 

下位互換と言っても、決して悪いものではなく、むしろ無料なら十分な

内容かと思います。

 

STINGERは有名で、無料なので多くの人が使っている事もあり、ネット

上に使い方が多数載っています。ですので、困ってもぐぐれば解決する

ことが多いです。

 

Cocoon同様、シンプルなデザインが特徴です。

 

STINGERのダウンロードはこちら

 

 

3位 LION BLOG―WordPressオススメ無料テーマベスト3!【2019年】

 

LION BLOG の総合評価 90点

 

デザイン性・操作性      ★★★★★(★5つ中)

レスポンシブWEBデザイン  ○ 対応

表示スピード        ★★★★☆(★5つ中)

 

 

LION BLOGも無料のWordPressテーマとしてオススメです。

理由は(無料なのに)高機能だからです。

 

デザイン性(主観ですが)、レスポンシブ対応、表示スピード、

すべて合格点です。

 

また、stinger同様、LION BLOGをリリースしている会社も有料

wordpressテンプレートを出しています。

THE THOR(ザ・トール)

です。

 

このTHE THOR(ザ・トール)、2019年10月時点で、大変注目

されている最新型wordpressテーマとなっています。有料ですが・・・。

興味のある方は下記関連記事をどうぞ。

 

(関連記事)

 

 

優れた有料テンプレートを作っている会社が、それこそ「見本」として

出している無料テーマ(テンプレ)がLION BLOGですので、高機能です。

 

LION BLOGのダウンロードはこちら

 

まとめ

以上、

 

WordPressオススメ無料テーマ(テンプレート)ベスト3!【2019年】ワードプレス

 

でした。

 

再度まとめると、

 

1位  Cocoon(コクーン)―Simplicity(シンプリシティー)の後継

2位 STINGER (スティンガー)

3位 LION BLOG

 

となります。

 

正直、どれも良い意味で大差はないですし、無料ですから、

これにしてみるか

程度の気持でどれかから使ってみてはいかがでしょうか?

 

(関連記事)

 

 

 

 

WordPressでブログを始める手順・方法は5つだけ【初心者向け・2019年】ワードプレス

14831 (3)

ブログで稼ぎたいという場合、無料ブログでは難易度が高いので、

結果としてサーバーを借りてwordpressでブログを書き始める事に

なります(多くの人の場合)。

 

この記事では、WordPressでブログ(サイト)を立ち上げる手順を

シンプルに解説します。

 

ワードプレスをサーバーに設置???ガクガクブルブル

 

という方も多いと思いますが、2019年10月現在、Wordpressでブログ

を書き始めるのは以前に比べて格段に簡単になっていますので、びびる

必要はありません。

 

WordPress(ワードプレス)とは?

WordPress(ワードプレス)は無料のブログ作成(執筆)ソフトです。

 

このWordPressというソフト(ツール)をレンタルサーバー(有料)

に設置して、そこでブログの記事を執筆していくのが基本の流れ

です。

 

なぜwordpressが世界的に使われているかと言うと、

 

・無料(オープンソース)

・SEO(検索エンジン最適化)に強いといわれている

・自由度が高い

・使い勝手が良い(使いやすい)

 

といったところです。

 

アメブロやライブドアブログなど、無料で使えるブログサービスは多数

ありますが、色々な制約がありますし、SEOにも弱いですし、ブログで

アフィリエイト等で稼いでいく場合は、スタート地点としては、

「wordpressでブログを書く」

の一択と言って良いと思われます。

 

 

WordPressでブログを始める方法・手順は5つだけ【初心者向け・2019年】

先に結論というかまとめを書いておきます。

 

1 レンタルサーバーと契約してブログサービスに申し込む

    ↓

2 独自ドメイン(サイトURL)を取得する

    ↓

3 独自ドメインとサーバーを連携する

    ↓

4 wordpressをサーバーに設置・導入する

    ↓

5 wordpressのテンプレート(テーマ)を選ぶ

 

*後は記事を書いていくだけ

 

 

簡単に言えば、

 

「サーバー(土地)」を有料で借りて、独自ドメイン(住所)を買って、

そこにwordpress(無料)で記事を書いていく(家を建てる)

 

というイメージです。

 

 

 

初心者の方は、

 

「えええええ、分からない!できない!」

 

と思われるかもしれませんが、今(2019年10月)は本当に簡単に

できます。ほぼ【クリックのみ】でできますので、ビビル必要は

ありません。

 

オススメの方法は、

 

1 サーバーと契約してブログサービスに申し込む

2 独自ドメインを取得する

3 独自ドメインとサーバーを連携する

4 wordpressをサーバーに設置・導入する

 

ここまでを同時にエックスサーバーでやってしまう事です。

 

●wordressの導入が超簡単!(これ、IT苦手な人にはかなりありがたいです)

●独自SSLが無料で利用可能

●独自ドメインの取得も同時に簡単にできる

●安い(高くない)

 

からです。

 

下記に、wordpressを始める手順5つの個々について解説

しますが、基本的にはエックスサーバーだけでやることを

オススメします。

 

 

1 レンタルサーバーと契約してブログサービスに申し込む

サーバーはweb上の土地です。

 

サーバーを借りるのは、いわゆる「レンタルサーバー」の会社から

借ります。「土地」を借りる事で、ブログ(サイト)という家を建て

始める事ができます。

 

レンタルサーバーはたくさんあります。

たくさんありますが、2019年10月時点でwordpressでブログを

書いていくのであれば、

 

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』  

 

がオススメです。

 

●wordpress専用なので、かゆい所に手が届くサービス

●wordressの導入が超簡単!(これ、IT苦手な人にはかなりありがたいです)

●独自SSLが無料で利用可能・超簡単

●独自ドメインの取得も同時に簡単にできる

●安い(高くない)

●無料のお試し期間14日間

 

 

特に、ブログ初心者の方にうれしいのは、

 

独自ドメイン取得・サーバーとの連携・wordpress設置

 

ここまでをまとめてかなり簡単にできることです。

 

僕も、最初にwordpressを始めた時には、別のサーバーを

借りたのですが、

 

・独自ドメインを買う

・サーバーを借りる

・独自ドメインをサーバーに連携させる

・wordpressを設置する

 

これらをすべて別々にやったため、かなり面倒でした。

もう二度と同じ事をしたくはありません。

 

エックスサーバーで上記をまとめて「クリックポンポン」で

できた時は正直感動ものでした。

 

 

ただし、何か特殊な事情で別のサーバーを使いたいという方は

もちろん、別のサーバーを使うことに問題はありません。

 

2 独自ドメイン(サイトURL)を取得する

独自ドメインはweb上の住所のようなものです。

 

このブログのurlは

 

http://ponkichi01.com

 

ですが、

 

ponkichi01.com

 

の部分がドメインです。

 

 

日本語版のグーグルであれば、

 

 

https://www.google.co.jp

 

がurlですが、

 

google.co.jp

 

がドメインです。

 

 

ですから、ドメインは

https:// 以降の常に変わらないURLの部分です。

 

また、ドメイン=住所でも分かるように、サイトへの訪問者が

住所をそのまま打ち込んで来ることもありますので、

同一ドメインは世界に一つしかありません。

 

独自ドメインとは自分が所有するドメインの事です。

自分のサイトのURLを買う

と理解していただいていいか良いかと思います。

 

 

どのようなドメインにするかは好きなもので良いと思います。

ただし、既に使用されているドメインは使えません。

 

独自ドメインの取得もエックスサーバーの「wpxspeed」で

サーバーを借りるのと同時にできます。

 

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』  

 

年額で1500円程度(2019年10月時点)となっています。

 

同時にやるのが簡単だとは思いますが、少しでも安くしたいと

いった場合は、最もメジャーな

 

お名前.com  

 

で良いかと思います。

 

こちらですと、年額1000円前後で独自ドメインの取得ができます。

 

 

 

3 独自ドメイン(サイトURL)とサーバーを連携する

ドメインの取得とサーバーが別々の会社ですと、両者をひもづける作業が

必要になります。

 

初心者の方には結構面倒かもしれません。

 

ですので、繰り返しになりますが、(年間で数百円高いだけですので)

サーバを借りるのと独自ドメインを取得するのは同じ会社にする

事をお勧めします。

 

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』  

 

エックスサーバーの「wpxspeed」ですと、独自ドメインの取得も

サーバーを借りるのと同時にできます。

 

連携も超簡単です。

本当に、「クリック、クリック」くらいで連携できます。

 

 

もちろん、少しでも初期費用を抑えたいという場合に、

独自ドメイン取得とレンタルサーバーを借りるのを別に

することも可能です。

 

全ての会社で、「他社で取得したドメインの移管」といった

ページがあり、そこからサーバーと独自ドメインの連携が

可能になっています。

 

ある程度ネットに慣れた方であれば、それほど難しい作業では

ありません。

 

4 wordpressをサーバーに設置・導入する

これも、エックスサーバー「wpxspeed」でやるとかなり簡単です。

ほぼ「クリック」のみです。

 

wordpressをボタン一つで簡単インストール

 

と謳っていますが本当です。

 

ほぼボタン一つでインストールできますので、そういった作業が

苦手・嫌いな(僕のような)方には本当にオススメです。

 

 

エックスサーバー「wpxspeed」のページ通りにすすめれば

簡単にwordpressが独自ドメイン(自分のURL)のサーバーに

インストールできます。

 

setti

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

setti

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的にはこれだけでwordpressがインストール(設置)できます。

 

なお、「独自SSL」には必ずチェックを入れてください。

http://

https://

の違いで、https://になるのですが、2019年10月現在、

セキュリティ・SEO等々の面から、https://のアドレスが

基本となっています。

 

 

エックスサーバーの「WPX」のwordpressインストールの

マニュアルページは以下です。

 

https://www.wpx.ne.jp/cloud/manual/wordpress_install.php

 

これでwordpressが使えるようになっています。

 

なお、wordpressの管理画面・執筆画面は、サーバーとはまったく違う

URLになりますので、ブックマークしておく事をオススメします。

 

wordpressで記事を書き始めると、何か問題でも起きない限りは

サーバーの管理画面等にはいかずに、wordpressの管理画面と

にらめっこする日々が始まります。

 

5 wordpressのテンプレート(テーマ)を選ぶ

wordpressでブログを書いていくにあたって、まずは

「テーマ・テンプレート」

を決める必要があります。

 

無料・有料色々ありますが、無料ならどれでも良いでしょう。

有料なら下記で紹介する「賢威」一択です。

 

無料のものはタダなので、「それなり」です。

有料のものは、SEOに強いとか、デザインがカッコいいとか

色々あります。

 

最初からWordPressに内蔵されているテーマを使ってももちろん

良いと思います。

 

ただし、テーマ(テンプレート)はブログの顔です。「見た目が9割」では

ないですが、それなりに大事な要素でもあります。

 

また、SEOに強いテーマ(テンプレート)というのは実際に存在します

ので(だいたい有料ですが・・・)、そういった側面も考えるべき

でしょう。

 

無料・有料ともに紹介しておきます。

 

無料のwordpressテーマ

Simplicity

 

無料で、それなりにきれいなので、

多くの人が使っています。

 

まずはこちらからでも良い気はします。

 

有料のwordpressテーマ

有料のWordPressテーマとしては、

 

大ロングセラーSEOテンプレート【賢威】  

 

が実績・効果・使いやすさ諸々からいって圧倒的な評価を

受けています。

 

僕のサイトはすべて「賢威」で作っています。

「賢威」がどれくらいSEOに強いかを自分のサイトで証拠を

出します。

 

14831 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

55manpv

 

 

 

 

 

 

 

上が、瞬間のPV・アクセス/ 下が一日のPV・アクセス

 

上記は、僕が運営しているトレンドブログのPV・アクセス数です。

(このブログではありません)

2019年9月19日の数字ですね。

 

僕は個人でブログをやっていますので、自画自賛するようですが、

リアルタイムPVで14831、一日のアクセス・PVで55万218

というのは、なかなかの「ブログ集客」だと思います。

外注も一切使っていません。すべて無料のブログ集客です。

つまりSEOです。

 

ちなみに、一日55万PVの日の、そのサイトの収益は、

 

クリック課金系広告費:13万円程度

物販アフィリエイト:3万円程度

 

で、一日で約16万円の売上(利益)でした。

毎日がこれだと年収5840万円という事になります。

(残念ながら今の所毎日このPVにはならないわけですが・・・)

 

もちろん上記のサイトもwordpressのテーマ、テンプレートは

賢威です。

 

SEOに強いwordpressテーマ・テンプレートは存在します。

有料のテンプレートを使うのであれば「賢威」以外は考えなくて

良いと思います。

 

 

 

大ロングセラーSEOテンプレート【賢威】

 

また、賢威は多数の人が長く使っているので、ネット上で、詳細な

使用方法や、カスタマイズ、困ったときの解決策が見れるのも良い

点です。

 

 

なお、上記のPV(瞬間14831、一日で55万)は、このサイトのように

「ネットビジネス」「副業」「せどり」「アフィリエイト」といった

特化型ブログではなく、いわゆる、「トレンドブログ」のPVです。

 

興味のある方は関連記事をお読みください。

 

 

 

率直に言って、ブログのアフィリエイトで稼ぎたいのであれば

wordpressのテーマ・テンプレートは賢威にするべきです。

 

 

 

 

無料にせよ、有料にせよ、

wordpressのテーマ・テンプレートをダウンロードしたら、

wordpressの管理画面からダウンロードします。

 

wordpress

 

 

 

 

 

 

 

外観→テーマとクリック

 

 

テーマのアップロードをクリック。

ZIPファイルをインストール。

 

インストールされると、wordpress管理画面内でそのテーマが

選択できるようになりますので、選んで更新すれば、そのテーマが

ブログページに反映されているはずです。

 

まとめ

以上、

 

wordPressでブログを始める手順・方法は5つだけ【初心者向け・2019年】

 

でした。

 

再度まとめますと、

 

1 サーバーと契約してブログサービスに申し込む

    ↓

2 独自ドメイン(サイトURL)を取得する

    ↓

3 独自ドメインとサーバーを連携する

    ↓

4 wordpressをサーバーに設置・導入する

    ↓

5 wordpressのテンプレート(テーマ)を選ぶ

 

*後は記事を書いていくだけ

 

 

となります。

 

慣れないと最初は面倒かもしれませんが、これはインフラ整備

ですので、やらないわけにはいきません。

 

それに、「この程度」の事は、ググればほぼ100%答えが返って

きます。分からない事やつまずいたことがあれば、google先生に

聞きましょう。

 

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ