PayPayフリマが出品者送料全額負担!送料0円キャンペーンのまとめ!使わん+出品しない

2019年10月7日ヤフーがフリマアプリ「PayPayフリマ」

のiOS版をリリースしましたが、

 

●PayPayフリマが出品者送料全額負担!

●購入者ももちろん送料0円

 

のキャンペーンをしている事が話題です。

 

先に結論を:ワイは出品しない

先に結論を書くと、キャンペーン期間が短い事と、期間中でも

いつ終わるか分からない事と、この種のキャッシュレスものでは

不祥事が続いている事から、僕はpaypayフリマには出品しません。

 

もちろん、

「1年間絶対に送料無料にします!」

というなら考えますが、

 

「キャンペーン中でもいつ打ち切るか分からんで」

 

と言われると、あ、そうですか、では結構です、となります。

paypayは以前に前科もありますしね。

 

スマホにダウンロードしたが故に、無駄な労力とかを使いたくない

ので。

 

 

まずは、PayPayフリマの基本を確認します。

 

PayPayフリマのまとめ

・ヤフーIDでログイン 

・販売手数料は10%(メルカリと同じ)

・11月末まで送料はPayPayが負担!

・写真掲載枚数はメルカリと同じ10枚

・500円引きクーポンがもらえる!

・ヤフオクの評価が引き継がれてる

 

ヤフーが大本なので、ヤフーIDが引き継がれる事と、ヤフオクの評価が

引き継がれています。

 

「PayPayフリマはヤフオクのスマホ版」

 

と考えれば良いかもしれませんね。

 

販売者側、せどり・転売側としては気になるのは、「送料無料」ですよね。

 

PayPayフリマが出品者送料を全額負担!

簡単に言うと、PayPayフリマが出品者と購入者を獲得するために、

 

「(双方に)送料無料」

 

のキャンペーンを始めたという事です。

画像

 

「送料分」はPaypayが持つという事ですね。

 

ネット通販(せどり・転売)において「送料」は非常に大きなウェートを

占めますので、これはかなりの影響を与えそうですね。

 

出品者が増えないと利用者も増えませんので、当然と言えば当然の

キャンペーンです。

 

ただし、いくつも「条件」がありますので、以下にまとめてあります。

 

PayPayフリマが出品者の送料を全額負担の概要・詳細

paypay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像出典:https://paypayfleamarket.yahoo.co.jp/promo/freeshipping/

 

●送料無料キャンペーン期間

2019年10月7日(月)00:00~2019年11月30日(土)23:59

キャンペーン期間中であっても対象のキャンペーンにおいて、

送料負担額が一定の金額に達した場合、キャンペーンは途中

終了いたします。

終了の場合は、Paypayサイト内にて告知いたします。

 

●送料無料キャンペーン内容

出品者負担となる配送料金をYahoo! JAPANが負担します。

 

送料無料キャンペーン対象

キャンペーン期間中に出品、公開した商品が対象となります。

Yahoo! JAPAN IDとPayPayを連携された方ならどなたでも対象となります。

PayPayフリマで出品した商品が対象となります。

 

送料無料キャンペーン対象外

キャンペーン期間中に出品、公開をしていた商品をキャンペーン期間外

で一度でも公開停止(非表示)にした場合は対象外となります。

 

ヤフネコ!パックまたは、ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)

での配送に限ります。

 

再送には対応していないため、再送分はキャンペーン対象外となります。

 

送料無料キャンペーンの注意事項

Yahoo! JAPANが不正の可能性があるとみなした場合、

キャンペーンに参加および適用できない場合があります。

また、本件に関するお問い合わせなどにはお答えいたしか

ねますので あらかじめご了承ください。(ヤフージャパン)

 

 

との事です。

 

 

送料無料キャンペーンの期間は

2019年10月7日(月)00:00~2019年11月30日(土)23:59

の一ヵ月半強ですね。

 

正直、その期間だけのために始めるのはどうかと思います。

 

また、

キャンペーン期間中であっても対象のキャンペーンにおいて、

送料負担額が一定の金額に達した場合、本キャンペーンは途中

終了いたします。

と言っています。

 

いつ終わるか分かりません。

アカウントの登録者が増えたらすぐに終わるかもしれません。

予算がいくらなのかも公表されていません。どの程度の「やる気」

なのかが分かりませんね。

 

 

paypayは100億円キャッシュバックキャンペーンの時も、ゴタゴタ

がありましたし、出品してる途中でキャンペーンが終わって、

問題が起こり、ヤフオクIDに影響が出るのも嫌ですね。

 

まとめ

以上、

 

PayPayフリマが出品者送料全額負担!送料0円キャンペーン!使わん+出品しない

 

でした。

 

キャンペーン期間が短い事と、期間中でも

いつ終わるか分からない事と、この種のキャッシュレスものでは

不祥事が続いている事から、僕はpaypayフリマには出品しません。

 

もちろん、

「1年間絶対に送料無料にします!」

というなら考えますが、

 

「キャンペーン中でもいつ打ち切るか分からんで」

 

と言われると、あ、そうですか、では結構です、となります。

paypayは以前に前科もありますしね。

 

 

もちろん状況が変われば柔軟に対応しますが・・・。

 

 

2019年9月のGoogleアップデートでSEO対策はこの4点が変わる!2020年以降は?

14831 (3)

2019年9月のGoogleアップデートでSEO対策はこの4点が変わる!2020年以降は?

 

2019年9月下旬にGoogleがアルゴリズム(検索順位決定の仕組み)、

SEOのアップデートをしたと発表しました。

 

Googleが公開している資料等から詳細を分析し、2019年、2020年

以降の最新のSEOについて考えてみたいと思います。

 

14831 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月のgoogleアップデートでSEOの基本は変わらない

結論を先に書くと、

 

2019年9月末のGoogle SEOアップデートまとめ

 

1 SEOはEAT!(専門性、権威性、信頼性)―無意味な記事の量産ダメ

2 露骨なアフィリ、広告はもちろんダメ

3 著者がより大事に(プロフィール等)

4 高評価サイトからの被リンクの質+サイトへの言及

 

となります。

 

つまり、

 

2019年9月のgoogleアップデートでSEOの基本は変わらない

 

思われます。基本は変わらず強化されていく感じです。

 

ここで言う「SEOの基本」は、

 

・(googleが考える)良質なコンテンツ(記事)かどうか

・独自性、専門性のレベルが高いコンテンツかどうか

・嘘や誇張が含まれていないか

・(上記のような信頼できるサイトから)被リンクがあるか

 

といった辺りです。

 

それらが結果として、

 

検索者の質問・知りたい事に分かりやすく答えるコンテンツ

 

になります。

 

 

この辺りのベーシックなSEOは2019年も2020年以降も変わらない

でしょう。

 

いわゆる「SEOにおけるEAT」ですね。

 

Expertiseー専門性

Authoritativenessー権威性

Trustworthinessー信頼性

 

(関連記事)

 

 

2019年9月のgoogleアップデートで強調されたのは?

ただし、2019年9月末のSEOアップデートで強調された(これまで

と変わった)点ももちろんあります。

 

1 記事量産だけではダメ

以前は、「記事数」というのはサイト全体の評価を上げるための

SEO対策として有効とされていました。

 

実際、有効だったと思います。

 

ただ、今回のSEOアップデート(2019年9月末)では、Googleが

公式ページにわざわざこのように記述しています。

 

「コンテンツが大量生産されていたり、多数のクリエイターへの

外部委託によって制作されていたり、大規模なサイト ネットワーク

に散在しており、個々のページまたはサイトのプレゼンスが低下して

いないか?」

 

(2019年10月1日火曜日)

 

google公式のお達しですから、今ごろ、外注ライターによる

記事量産で大型サイトを作っている人や企業は青くなってい

るかもしれません。

 

もちろん、「良質な記事の量産」ならいいのでしょうが、そうではなく、

専門性のない二流ライターがまとめた中途半端な記事がたくさんあっても

SEO上は評価しませんよ(むしろ評価を下げますよ)という事になりそう

です。

 

これは、GoogleによるSEOアップデートとしては、

意外と大きな変更かもしれません

 

ただ、この点も、ここ数年Google様がおっしゃっている、

「SEOにおけるEAT」(専門性、権威性、信頼性)

からすると矛盾はしていません。

 

 

これまで以上に、「記事の質・専門性」にうるさくなるのかも

しれません。

 

2 広告・アフィリエイト目的が露骨だと順位は下がる?

上記で紹介した、gooleからのお達しには以下のようにも書かれています。

 

「コンテンツに、主要なコンテンツを妨害したり注意をそらしたりする

ほどの大量の広告が掲載されていないか?」

 

(2019年10月1日火曜日)

 

 

 

 

これは個人的に良く分かります。

 

正直、2018年、2019年頃になると、グーグルで何かを検索しても、

「よくできたアフィリエイトサイトしか上位に出てこない」

「google=ステマ」

みたいな状況になってきているなと感じていました。

 

そりゃそうなるのも必然で、アフィリエイトや広告報酬という

「ご褒美」があるから、時間とお金を使って個人や企業はコンテンツ・

記事を書くわけですからね・・・。

 

ですが、それがあまりにも「露骨」だといけませんよとgoogleは

言ってきたわけですね。

 

「広告だらけ」のサイトは減る事になりそうでそれはそれで

良かったです。

 

個人的には、「意味なく長文」にしている記事もどうにかなり

ませんかね?意外と上位表示されてますよね?

「wordpressに必須のプラグイン50選!」

みたいな記事ですね。

 

プラグイン50個もいらないから!

そんなに入れたらサイト動かないから!

 

3 EAT→プロフィールもより大事になる?

ここまでの話からすると、2019年9月末のGoogleのSEOアップデート

では、SEO対策におけるEATが大事なのは継続され、強化されている

ようです。

 

Expertiseー専門性

Authoritativenessー権威性

Trustworthinessー信頼性

 

ですね。

 

となると、当然ですが、

「誰が書いているの?」

という部分もより大事になります。

 

いわゆる「著者紹介・プロフィール」です。

 

「コンテンツは、明確な情報源、関係する専門知識の証明、著者または

コンテンツを公開しているサイトの背景情報(著者ページへのリンクや

サイトの概要ページなど)など、掲載されている情報が信頼性の高いも

のであることを示すための情報を提供しているか?」

(2019年10月1日火曜日)

 

 

ただ、プロフィールはいくらでも詐称できるので、きちんとした

リンク(出典)を貼ったり、内部ページのつながり(SEO内部対策)

といった細かな点も気にした方が良いかもしれません。

 

その上での「プロフィール」が大事になるのでしょう。

 

 

 

 

4 「被リンクの質」がこれまで以上に大事に

ここまでの流れをつなげると、理の当然として、

 

「被リンクの質」

 

がこれまで以上に大事になるのは間違いありません。

 

数年前にあった、

・被リンクの購入

・被リンクの自作自演

なんかはもう論外でしょう。

 

SNS等でのそのサイトへの言及(サイテーション)がこれまでよりも

さらに影響してくるでしょう。

 

その道の専門家(とグーグルが認識する人やサイト)から言及され

たり、被リンクをもらえると、おそらくですが、そのサイトの評価は

これまで以上に上がる事になるのでしょう。

 

海外のSEO専門サイトにも以下のような記述があります。

 

Links and even unlinked mentions are measured

I asked Gary about E-A-T. He said it’s largely based on links

and mentions on authoritative sites. i.e. if the Washington post

mentions you, that’s good.

 

(訳)

被リンクだけでなく、リンクのない言及も、評価されるでしょう。

ゲイリーにEATについて聞いたら「権威のあるサイトのリンクと(リンク

なしでも)言及が評価される」と語りました。つまり、ワシントンポスト

があなたに言及した場合、それは良い評価に繋がります。

 

出典:https://www.mariehaynes.com/eat/

 

 

被リンクの質だけでなく、(リンクなしでも)「サイトへの言及」だけでも

SEOに影響するという時代になっていくようですね。

 

となると、「グーグルに評価されているサイト」の価値はこれまで以上に

高くなりそうです。

 

 

実は、既に何度も言及している

(2019年10月1日火曜日)

に、Googleが外部リンクを貼っているのです。

 

Googleが公式に求めた「良質サイト」という事になります。

 

google

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:https://webmaster-ja.googleblog.com/2019/10/core-updates.html

 

こういった被リンクや言及をもらえるとSEO対策としてはかなりの

高評価なのでしょう。

14831 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

以上、

 

2019年9月のGoogleアップデートでSEO対策はこの4点が変わる!2020年以降は?

 

でした。

 

Googleは「検索エンジンへのユーザーの信頼を取り戻したい」の

だと思います。

 

記事内で書いたように、ここ数年のGoogleは、中途半端なまとめ方

の記事や、無駄に長文のコンテンツが上位に来て、そのほとんどは

アフィリエイトはアドセンス等の広告報酬目当てが露骨という感じ

でした。

 

となると、多くのユーザーは、twitterやfacebook、あるいはamazon

で本を買って「悩みを解決」するようになるかもしれません。

 

そうなると、googleは大変ですからね。

 

 

2019年9月末のgoogle・SEOアップデートを再度まとめると、

 

2019年9月末のGoogle SEOアップデートまとめ

 

1 SEOはEAT!(専門性、権威性、信頼性)―量産ダメ

2 露骨なアフィリ、広告はもちろんダメ

3 著者がより大事に(プロフィール等)

4 高評価サイトからの被リンクの質+サイトへの言及

 

となります。

 

まあ、要するに、

 

質の高い記事をちゃんとした人間が書けよ。

あと、アフィリ、アドセンスは良いけど、露骨にやるなよ。

 

という事ですね。

 

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ