トレンドブログに記事のテンプレは必要か?役に立つか?雛形・フォーマット!トレンドアフィリエイトはスピード勝負!

トレンドブログに記事のテンプレは必要か?役に立つか?

結論から言ってしまうと、

 

トレンドブログに記事のテンプレ(雛形・基本フォーマット)

必要ですし、すごく役に立ちます。

 

ここでいう「テンプレート(雛形)」とは、記事のテンプレの事です。

いわゆるwordpressのテーマ・テンプレ(賢威やStinger, Simpicity等)

の話ではありません。

 

 

テンプレ(雛形)に沿ってトレンド記事の中身を流し込んでいく

ようなイメージですね。

 

トレンドブログ・トレンドアフィリエイトで記事のテンプレート

(雛形・基本フォーマット)があると役に立つ点は、

 

●執筆が速くなる(量産しやすい)

●記事の質が一定に保てる

 

大きくはこの二点です。

 

トレンドブログは「スピード」「時間」勝負

トレンドブログは、各種ニュースを取り扱うので、「スピード・時間」の

勝負になる場面が多々あります。いかに早く記事を書いて、googleに

インデックスさせるかという話です。

 

また、トレンドアフィリエイト的な記事の場合、グーグルのアルゴリズムは、

「早く書いたものを上位に表示する傾向」

があるように思えます。

 

もちろん、中身の充実ぶりやドメイン・サイトの強さも大事ですが、同じよ

うな内容の記事であれば、早くインデックスされたものが上位に表示されや

すいようです。

 

そして、ご存知のようにトレンドアフィリエイト・トレンドブログの記事

内容は似通ったものになりがちです。

 

例えば、「●●の顔画像は?facebookは?どこそこの事件の犯人の名前!」

といったタイプの記事ですね。

 

とすると、当然ですが、記事の枠組み(テンプレート)があると執筆は

早くなります。

 

さらに、上記したように速く書いた方が検索上位に来やすいなら、

トレンドブログの記事を速く書く価値はさらに高くなります。

 

記事のテンプレ(雛形・基本フォーマット)があると、ある程度は

流れ作業的に記事を作れますから、その部分については、考える必要

がありません。

 

記事テンプレ(雛形・基本フォーマット)があると質が保てる

見出しの通りですが、トレンドブログ・トレンドアフィリエイトの記事を

書く際にテンプレ(雛形・基本フォーマット)があると、記事の質が一定

に保てます。

 

トレンドブログ・トレンドアフィリエイトでまずいのは、スカスカの内容

で記事を公開して、それが積み重なり、googleの怒りを買い、サイト自体が

圏外に飛ばされる事です。

 

その点、テンプレ(基本フォーマット、雛形)を使えば、大枠に事実を

埋め込んでいくので、ある一定の量が確保され、結果として質が保たれ

ます。

 

記事の内容によっては、「これ以上書くことがない」といった場合も

ままあるのですが、テンプレがあれば、半ば無理やりにでも書けるので、

そういった意味でも重宝します。

 

さらに、テンプレ・基本フォーマットで記事を書いて、内容によっては、

それに加筆をして文字数を増やせばSEO上もとても有利でしょう。

 

トレンドブログの記事テンプレ(雛形)とは?

例えば、厳密なテンプレ(雛形)とは違いますが、こんな感じの構成です。

 

導入:ニュースの概要説明

(広告)

見出し1:ニュースの詳細+それへのコメント

(広告)

見出し2:キーワード部分+それへのコメント

(広告)

見出し3:関連キーワードやその他の情報+それへのコメント

(広告)

まとめ

 

こんな感じで、「基本の執筆スタイルを決めておく」(テンプレ化する)と

トレンドブログ記事を量産しやすいです。

 

トレンドブログ、トレンドアフィリエイトで書く記事は、

「ニュース系・事件・事故」

「芸能系」

といった速報系であれば、ジャンルによって、毎回書くフォーマットは

ほぼ同じです。

 

ですから、例えば「車の事故」とか「殺人事件」とかでテンプレート(雛形)を

作っておけば、執筆スピードが早くなり、色々な意味でライバルに勝てる可能性

が高まります。

 

上記の「記事構成」の細部に具体的な見出しタイトルを入れておけば、

それでほぼテンプレ(雛形)の完成です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なお、僕が使っている、より具体的な

「トレンドブログ・トレンドアフィリエイトの記事テンプレ(雛形・フォーマット)」

に興味がある方は、「お問い合わせ」からご連絡ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

まとめ

以上、

 

トレンドブログに記事のテンプレは必要か?役に立つか?雛形・フォーマット!トレンドアフィリエイトはスピード勝負!

 

でした。

 

まとめると、

 

トレンドブログ・トレンドアフィリエイトで記事のテンプレート

(雛形・基本フォーマット)があると役に立つ点は、

 

●執筆が速くなる(量産しやすい)

●記事の質が一定に保てる

 

大きくはこの二点です。

 

さらに、記事内容によって、基本フォーマットに加筆をすれば記事の質が

さらに上がります。

 

ですので、トレンドブログ・トレンドアフィリエイトをバンバンやるの

であれば、記事のテンプレ(雛形・基本フォーマット)を用意しておく

のはある意味では必須かもしれません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なお、僕が使っている、より具体的な

「トレンドブログ・トレンドアフィリエイトの記事テンプレ(雛形・フォーマット)」

に興味がある方は、「お問い合わせ」からご連絡ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

(関連記事)

 

トレンドブログの記事の書き方(トレンドアフィリエイト)!ネタ探しからテンプレまで!

トレンドブログの記事の書き方(トレンドアフィリエイト)!

 

  

トレンドアフィリエイト・トレンドブログで稼ごう!と思った方の

ための記事です。

 

なお、この記事に限らず、このブログ内では、

「トレンドブログ=トレンドアフィリエイト」

ですので、どちらの用語が使われていても、同じ意味とご理解ください。

 

「トレンドブログ・トレンドアフィリエイト」について、もう一度

確認しておきたい方は下記の記事をどうぞ。

 

(関連記事)

  

  

「トレンドブログ」とは、今・現在トレンドになっているテーマ(最新

ニュース等)の記事を早く書いて、PVを大量に集め、googleアドセンスを

はじめとした広告費で稼ぐアフィリエイト手法です

 

なぜ「トレンド」を追ってブログ記事にするのかというと、最新ニュース

(トレンド情報)は大量のアクセスを集める可能性があるからです。

 

1 トレンドブログであってもユーザーが知りたい事をまとめる

これはトレンドブログに限った話ではないですが、基本的にgoogleで

何かを検索する人は「何かを知りたい」から調べるわけです。

 

ですので、例えトレンドアフィリエイトであっても、

「読者が知りたい事は何なのか?」

を考える事はとても大事です。

 

なぜなら、それはある種の究極のSEOだからです。

 

(関連記事)

 

ここでいう「SEO」をより具体的に言えば、以下の4点になりそうです。

 

1 検索者の質問・知りたい事に分かりやすく答えるコンテンツ

2 検索者(ユーザー)がしっかり読むコンテンツ(滞在時間)

3 1、2の記事がたくさんあるサイト(ドメイン)

4 オリジナリティーがあるコンテンツ・サイト

 

 

トレンドブログ・トレンドアフィリエイトでも上記の点は同じです。

 

その前提で以下をお読みください。

その前に一言。

 

2 トレンドブログで本当に月収100万円稼ぎました

「トレンドブログの書き方」等で調べると、分かりやすく、

長~~く色々と書いてあるけれども、どこかポイントが微妙にずれていて、

「この人本当にトレンドブログで稼いでいるのかな?」

といったブログが多数あります。

 

 

よくよく読むと、実は「トレンドアフィリエイトはやっていない」とか

「トレンドブログで月収10万円稼ぎました」といったパターンが多かった

です。

 

自慢というよりは、執筆資格があるという意味で書きますが、僕は、

このブログではありませんが、トレンドブログだけで月収100万円を

達成しています。記事の外注はしていません。一人で書いてます。

 

グーグル100万

 

(関連記事)

  

また、もともと出版社で編集者をしていて、今も編集や翻訳の仕事をしてい

ますので、文章を読めばだいたいの事は分かります。(プロフィール

 

だから、それらの記事を読めば、それが本当に「トレンドブログで稼いだ人が

書いたのかどうか」すぐに分かります。

 

 

という事で(どういうことだ?)、

 

「トレンドブログの記事の書き方(トレンドアフィリエイト)!ネタ探しからテンプレまで!」

 

の本文部分をどうぞ。

 

3 トレンドブログの記事の書き方の流れ

トレンドブログの記事の書き方の流れは基本的にはとてもシンプルです。

1 トレンドブログの記事ネタを探す

2 記事のキーワードとタイトルを決める

3 トレンドブログの記事を書く

4 グーグルサーチコンソールでインデックスさせる

 

以上ですべてです。

 

これをシンプルに繰り返します。

イメージとしては、取材には出ませんが、新聞記者や雑誌記者、

テレビ局のニュース記者のような感じですね。

 

最初はあまり時間は気にしなくても良いかもしれませんが、慣れたら、

上記の「1~4」まで1記事を書くのに、30分~1時間以内にできた方が

良いと思います。下記にまとめますが、「テンプレ」を使うと記事執筆時間

はさらに早くなります。

 

どの程度の数の記事を書くかはその人次第ですね。

 

4 トレンドアフィリエイトの記事ネタの探し方

トレンドブログのネタは「何でもいい」が条件あり

トレンドブログは「雑記ブログ」「ごちゃまぜブログ」になる事が

ほとんどです。

 

もちろん運営者の方針によって、「芸能ネタ」「事件ネタ」「スポーツネタ」

等、特定のジャンルだけを書く人もいるかとは思いますが、それなりのPVを

集めて、アドセンスをはじめとした広告収益をたくさん稼ごうと思ったら、

上記ジャンルに限らず、見つけたネタは全部書くくらいの姿勢が必要です。

 

となると、トレンドブログの記事ネタ探しには正直そんなに困らない

思います。

 

ですから、「トレンドブログのネタは何でもいい」のですが、ビジネスとして

考えると以下の条件があります。

 

●キーワードの検索ボリュームがそれなりにある事

●大手サイトとキーワードが被らないこと

 

たとえ狙ったキーワードでgoogleで1位が取れたとしても、検索するユーザー

がいなければアドセンス等の広告費は発生しません。

 

ですので、やはりそれこそ「トレンド」ネタが大事ですね。

例えば、「事件の犯人」であったり、「芸能人のスキャンダル」等が

王道になります。

 

ただし、狙ったキーワードが新聞社やテレビ局等の大手サイトと被ると

ほとんど上位表示されませんので注意が必要です。

 

その辺りについては、下記の「トレンドブログ記事のキーワードの決め方」

で詳述します。

 

 

検索ボリュームについて書いておくと、それなりにトレンドブログをやってきた

経験からすると、かなりマイナーなテーマであっても、googleで上位表示されると

結構なPVが集まります。

 

ポイントは、

「大手サイトと被らないキーワード+ライバルより上位に表示される」

この二点ですね。

 

ですので、トレンドブログの記事ネタは、最初は試しに色々と書いてみる

ことをオススメします。習うより慣れろとでも言いますか。

 

 

では、具体的にどのようにトレンドブログの記事ネタを探すのでしょう?

その前に、トレンドアフィリの記事ネタには「速報系」と「仕込み系」が

ある事を知っておきましょう。

 

トレンドブログの記事ネタは「速報系」と「仕込み系」があります

速報系はいわゆる「ニュースネタ」です。

 

各種事件や芸能人のニュース等ですね。

こちらの方がPVが爆発する可能性は高いです。

 

具体的には、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・大きな事件・事故(1日に1回程度は何か起こります)

・芸能人の結婚・離婚・不倫など

・アイドルグループの解散や卒業(例、嵐の活動休止)

・スポーツの大会、新しいスターの誕生等

・各種事件の進捗(犯人逮捕等)

・地震や台風などの自然災害

・政治関係の大きな変化や政治家の失言等

etc.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ネタは何でも良いわけです。基本は「ニュースネタ」です。

 

「え?」と思うような内容で、

「より詳細を知りたい」といったネタはうまくはまるとPVが爆発する

傾向があります。

 

ニュース報道がなくならないように、トレンドブログの速報系のネタも

なくなることはないでしょう。

 

 

「仕込み系」は事前に記事を仕込めるものです。

季節ネタ(花火大会、年始の初詣情報等)、テレビの出演者ネタ等です。

 

特に、「テレビ番組」は事前に番組内容が分かるので、仕込みやすいです。

具体的に書いてしまうと、「情熱大陸」というテレビ番組がありますが、

あれに出演する人は「それまであまり知られてない人」が多いので、事前に

記事を仕込んでおき、googleで上位表示されると、それなりのアクセスにな

る事がよくあります。

 

爆発とまではいきませんが。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・テレビの出演者・紹介された情報のネタ

・季節の定番ネタ(お正月、バレンタイン、ハロウィン、クリスマス)

・お出かけネタ(花見、海開き、花火大会、初詣等々)

・各種イベント(ライブ、フェス、お祭り等々)

・スポーツ大会(オリンピック、W杯、等々)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

この中ではやはり「テレビ」関係が一番強いです。

オリンピック+日本人も強いですが4年に一度ですからね。

 

トレンドブログの記事ネタを探す場所・サイトは?

初心者の方は「トレンドアフィリエイトで稼いでいる人は、特別な

情報ソースを持っている」と考えている人もいるようですが、

僕はトレンドブログでアドセンス収益月間100万円を達成して

いますが、情報ソースは100%公開されているものだけです。

 

ただ、目のつけ方とスピードが少し違うかもしれません。

トレンドブログの記事ネタは、僕の場合は、

 

●8割がネット

●1割が新聞

●1割がテレビ

 

という感じです。

 

新聞とテレビはなしで、トレンドアフィリエイトのネタモトは

オールネットでも問題はないかと思います。ネタ探しに困る事は

おそらくあまりないと思われます。

 

速報系トレンドブログのネタモトとなる場所

・Yahoo!ニュース速報

テレビのニュース番組

・各種ニュースサイト

・Twitter速報

・5chニュース速報

・週刊文春やフライデー等のオンラインサイト

・他のトレンドブログ

etc.

 

トレンドブログのネタ元としては、

速報系の場合「Yahoo!ニュース速報」が鉄板です。

 

また「テレビのニュース番組」は意外と使えます。情報も早いです。

ポイントは、トレンドブログのニュースネタは、

「夜のニュースで取り上げられてアクセス急増」

というパターンが多いので、昼、夕方のニュースでネタを仕入れ、

すぐに書くというのが一つの王道ノウハウになります。

 

 

それ以外は、自分が使いやすいものを使えば良いと思います。

 

まあ、「他のトレンドブログ」というのが実はやりやすかったりしますが、

「コピペ」はやめた方が良いです。googleにペナルティを受けて、サイトを

飛ばされる(検索圏外にされる)と終わりです。また、このやり方の場合、

必ず後手後手になるので上位にはいきずらいです。

 

上記のサイトなどで、「最新ニュース」を狙うのが基本です。

 

仕込み系トレンドブログのネタモトとなるネットサイトや媒体

・各種テレビ欄サイト(Yahoo!テレビ等)

・各種テレビ番組雑誌

・日経エンタテインメント

 

仕込み系は、スピードは関係ないので、一層「ネタ探し」が大事に

なります。

 

「テレビ」メインで仕込み系トレンドブログをやるなら、テレビ番組表や

テレビ番組雑誌は必須です。

 

それだけでやってみるのも一つの手かもしれませんね。

 

どんな手法をとるにせよ、「慣れ」も大事ですので、色々な記事を書いてみて、

PVの伸び具合をチェックしてはどうでしょうか?

 

上記のようなところから、「トレンドブログのネタ」を探してきたら、次は

トレンドブログ・トレンドアフィリエイトのキーワード設定が重要です。

 

ネタと同程度かそれ以上にキーワードの設定・選定は大事です。

 

5 トレンドブログの記事キーワードの決め方

ブログにおける「キーワード」とは?

トレンドブログでキーワードを決めるというのは、タイトル内にユーザーが

検索するであろうキーワードを意識的に入れる事です。

 

なぜ「キーワード」が大事かと言うと、googleのユーザーはキーワードを

検索欄に入れて検索するからです。

 

ですから、タイトルを考えるのと同時に、キーワードを考える事が大事

ですし、キーワードを(無理やりにでも)入れたものが記事タイトルに

なります。

 

例えば、

「小泉進次郎と滝川クリステルが結婚」というニュースが2019年

8月にありましたが、もし、いちはやくそのトレンド情報を知り、すぐに

ブログ記事に書いて、googleで上位表示されれば大量のアクセスを集める

事ができたはずです。

 

ただし、

小泉進次郎 滝川クリステル 結婚」

というキーワードは、大手メディアのサイトがすぐに上位に表示されます

ので、少し「ずらして」

小泉進次郎 滝川クリステル なれそめ」

といった形で書くのが基本となります。

 

 

もう一度書きますが、googleのユーザーは、キーワードを検索欄に

入れて検索をします。ですから、そのキーワードを先回りして記事を

作り、タイトルを作り、といった作業をするのがとても大事になり

ます。

 

キーワードをタイトルに入れたからといってそれだけで上位表示はされ

ませんが、ユーザーが検索してくるキーワードがタイトルに入っていな

ければ上位表示されてもPVは全く伸びず(上位表示されるのは誰も見ない

キーワードになります)、砂漠に砂をまいているようなことになってしまいます。

 

大事なのは、検索ボリュームのあるキーワードで記事を書き、上位表示

されることです。極論を言えばそれがトレンドアフィリエイトの全て

とも言えます。

 

 

実際に、「小泉進次郎 滝川クリステル なれそめ」のキーワードで検索

してみると以下のようになります。

 

koizumi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これくらいのビッグニュースでも、大手サイトに並んでトレンドブログ

が上位表示されていますね。おそらく(ほぼ間違いなく)

 

小泉進次郎 滝川クリステル なれそめ」

という検索キーワードを意識して記事を書いたものと思われます。

 

基本的には、キーワードは一致していればいるほど良いです。

 

どういうことか? 上記は3語のキーワードですが、1語のみ一致して

いる(滝川クリステル)よりも、3語全部がタイトルに入っている方が

そのワードで検索された場合上位に表示される可能性が高まります。

 

もちろん、キーワード(タイトル)と本文の記事内容がガッチリ一致

していなければダメですけどね。

 

「関連キーワード」(複合キーワード)が大事

上記のように2語以上のキーワードの組み合わせの場合、2語目以降の

「関連キーワード」が大事です。

 

1語目はメインキーワードと言います。ここだけでは上位表示はほぼされ

ません。「小泉進次郎」で上位表示されたら凄いですよね?

 

つまり、トレンドブログが狙うのは、「二語目、三語目以降の関連キーワード」

です。「複合キーワード」とも言います。

 

「小泉進次郎 母親」「小泉進次郎 兄弟仲」「小泉進次郎 元カノ」

「小泉進次郎 母親 誰」「小泉進次郎 兄弟仲 悪い」「小泉進次郎 元カノ 誰」

といった辺りでしょうか?

 

関連キーワードの見つけ方

関連キーワード・複合キーワードは慣れてきたらいちいち調べなくても

良いですが、最初は「グーグルのサジェスト機能」を使いましょう。

 

ただ単に、メインキーワードを入れるだけです。

それで勝手にグーグルがサジェスト(提案)してくれます。

koizumi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはgoogleが過去の検索履歴から表示しているものなので

非常に有意義です。なぜなら、検索ボリュームがある事が既に

分かっているからです。

 

適切なキーワードで内容を伴った記事を多数書いていけば、サイト全体が

googleに評価されだし、自然と上位表示されるようになります。

(基本的に、ブログ開設直後、すぐには上位表示されません・・・)

 

トレンドブログのキーワードの決め方は、慣れも大事なので、上記の点を

考慮しながら試行錯誤する事が必要でしょう。

 

キーワードが決まったら記事の「タイトル」です。

 

 

なお、中には、関連キーワードを徹底して調べて、ライバルサイトもチェックして

というやり方をする人もいるかもしれませんが、トレンドブログは基本的には

スピード勝負なので、ちんたらキーワード選定に時間をかけるのはあまりオススメ

しません。

 

それなら、すぐに「小泉進次郎 滝川クリステル なれそめ」「小泉進次郎 母親 誰」

と二つの記事を書いた方が良いと思います。

 

あくまでもトレンドアフィリエイトの場合はですが・・・。

 

6 トレンドアフィリエイトの記事タイトルの決め方

トレンドアフィリエイトの記事タイトルはキーワードを並べて自然な

日本語にするのが基本です。

 

上記の例で言えば、

 

小泉進次郎と滝川クリステルのなれそめは?出会いはいつ?」

 

といった感じですね。

 

もう一つは、「大事なキーワードはなるべく左(タイトルの頭)に」です。

そこまで厳密にならなくても良いですが、googleのAIはタイトルの左側を

重視するといわれています。

 

キーワード選定が大事ですがタイトルはそれを並べて不自然じゃなくなれば

良いのでこれだけでもいいくらいです。

 

ですが、トレンドブログの記事タイトルでやってはいけない事を念のため

書いておきます。

 

1 キーワードを並べただけ

「小泉進次郎 滝川クリステル なれそめ」

これをそのままタイトルにしてはダメです。

 

「小泉進次郎・滝川クリステル・なれそめ」も同じです。

基本的には自然な日本語にしましょう。

 

2 同一キーワードは一回で良い

小泉進次郎と滝川クリステルのなれそめは?小泉進次郎結婚!」

とかはやめた方が良いです。

 

それよりは、別のキーワードを入れた方が良いです。

 

もちろん、記事内で言及するという前提ですが。

 

3 タイトルが表示されるのは32文字まで(長くても意味はない)

グーグルの検索結果で表示される記事タイトルは32文字です。

 

それ以上長くても悪くはないですが、あまり意味がないようです。

僕も長いタイトルを書くことがよくありますが、右の方のキーワードでは

あまり検索上位には表示されていないように感じます。

 

トレンドブログをやっているとどうしても、キーワードを詰め込みがち

ですが、上記したように長くてもあまり意味はありません・・・。

 

7 トレンドブログの記事を書く

記事内容は大事に決まっている

いよいよ、トレンドブログの記事の執筆です。

 

中には

「トレンドアフィリエイトでもっとも重要なのは、記事タイトルであり、

記事の内容ではない」

などと書いているサイトがありますが、とんでもない話です。

 

既に書いたように、「キーワード+タイトル+記事内容」これが、がっちり

噛み合わないと上位表示はされません。

 

内容はどうでもいいなどというのはgoogleを馬鹿にしてますね。

以前にはそういったトレンドアフィリエイトのサイトも多数ありましたが、

例外なくペナルティーを受けて検索圏外に飛ばされています。

 

 

トレンドブログの記事の書き方の基本は、

 

キーワードとタイトルについて分かる限りの事を分かりやすく書く

 

これです。

 

どういうことか?

 

トレンドブログ、トレンドアフィリエイトの記事は、今起こったばかりの

ニュースを記事ネタにする事がほとんどですから、

「ググリながら書く」

という執筆スタイルになります。

 

となると、調べられる情報源は限られますし、一刻も早く記事を投稿したく

なります。かといって、スカスカの内容でグーグルにインデックスさせても、

すぐにより詳細なサイトが上位表示されます。

 

さらには、ペナルティーの可能性も高まります。

 

ですから、

可能な限り早く調べた上で分かりやすくまとめる能力

が必要になります。

 

そこでオススメなのは「テンプレート」(雛形)です。

 

トレンドブログの執筆にはテンプレがオススメ

ある程度のテンプレを作っておいて、事件やニュースに合わせて

使い分けると、早く・分かりやすく記事を書けます。

 

例えば、テンプレとは違いますが、こんな感じの構成です。

 

導入:ニュースの概要説明

(広告)

見出し1:ニュースの詳細+それへのコメント

(広告)

見出し2:キーワード部分+それへのコメント

(広告)

見出し3:関連キーワードやその他の情報+それへのコメント

(広告)

まとめ

 

こんな感じで、「基本の執筆スタイルを決めておく」(テンプレ化する)と

トレンドブログ記事を量産しやすいです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なお、僕が使っている「テンプレ」に興味がある方は、

お問い合わせ」からご連絡ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

トレンドブログの場合は、タイトルとキーワードで読者の興味は

すでにひきつけていますので、記事内容で大事なのは読みやすさ、

分かりやすさです。

 

となると、「構成がすでに分かりやすくなっている」という意味でも

「テンプレ」はオススメですね。

 

 

上記のような構成でいえば、

「概要説明」の詳細や中身が本文中に書いてあるというのが大事です。

そうであればこそ、読者はドンドン最後まで読んでくれます。

 

まとめは文字通り、記事内容を簡潔にまとめるか、箇条書きでまとめる

と良いでしょう。

 

 

文章のライティング方法として、PASONAやらPREPやらといった

ノウハウがありますが、トレンドブログの場合はそれらはあまり

役には立ちません。

 

なぜなら、コピーライティングと違って、読んで→購買というAction

(PASONAの最後のA)・行動を起こしてもらう必要がないから

です。

 

大事なのは、分かりやすさ、キーワード+タイトル+記事内容がかみ合っ

ている事です。

 

 

また、繰り返しになりますが、トレンドブログの記事は「早く書く」

事が大事ですので、記事のテンプレ化が非常に有効です。

 

8 トレンドブログの記事をグーグルにインデックスさせる

記事を書いたら、すぐにグーグル上に表示させたいところです。

 

ですので、googleサーチコンソールで書いた記事をすぐに

「インデックス登録」させてください。

 

これをやるのとやらないのではかなりの差がつきます。

 

記事を書いたらすぐにインデックス登録です!

 

9 記事の加筆?どんどんやりましょう!

トレンドブログをやっていると、とにかく早くグーグルにインデックス!

という場面にしょっちゅう遭遇します。

 

ですので、ある程度のところで一回記事を公開し、その後、色々と調べたり

して、再度記事に加筆するという手法・ノウハウが実はかなり有効です。

 

加筆した後に再度、グーグルにインデックスさせるのがポイントです。

 

ブログが強ければそれで再度上位表示されるといった事もよくあります。

 

ですのでトレンドアフィリエイトの記事の加筆・修正はむしろやるべきです。

 

ただ、アクセスが集まっている・集まる可能性がある記事に関して

という条件付になります。何故なら、検索されないものをいくら上位

表示させても意味はないですからね。

 

10 まとめ

以上、

 

トレンドブログの記事の書き方(トレンドアフィリエイト)!ネタ探しからテンプレまで!

 

でした。

 

まとめると、

 

トレンドブログの記事の書き方は

1 トレンドブログの記事ネタを探す

2 記事のキーワードとタイトルを決める

3 トレンドブログの記事を書く

4 グーグルサーチコンソールでインデックスさせる

5 必要に応じて加筆・修正OK(再度インデックス)

 

以上ですべてです。

 

その詳細がそれぞれに難しいわけですが・・・。

 

  

 

アドセンスの審査に合格するブログにする方法8つ!2019年!google AdSense・グーグルアドセンス!

fermeer

2016年くらいから一気に審査が厳しくなったといわれる、

「グーグルアドセンスの審査」

ですが、2019年8月時点でも厳しさは変わらず、2020年以降も

おそらく緩和はされないでしょう。

 

2018年半ばくらいまでは、一つのブログがアドセンスの審査に

受かっていれば、アドセンスアカウントにいくらでも追加できた

のですが、突然、すべての新規ブログがアドセンスの審査対象

になりました。今後も変わらないと思われます。

 

また、googleはいつもの通り、具体的に

「これこれこうだからあなたのブログはアドセンスの審査に落ちました」

とは教えてくれません。

 

ですので、何度もアドセンスの審査に落ちた人は

「どうすればアドセンスに合格するのか分からない」

という状態になりがちです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「google AdSenseって何だったっけ?」という方で、アドセンスの

基本をきちんと再確認しておきたい方は下記関連記事をどうぞ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ということで、この記事では、これまでに10個以上のブログで

アドセンス審査に合格してきた筆者(もちろん落選経験も豊富です)が、

「これは最低限必要」

「これは逆になくてもアドセンスの審査に受かりました」

「この基準に達しなかったら落ちました」

といった事をまとめていきたいと思います。

 

先に結論を言ってしまうと、

「SEO対策のような事をしてアドセンスの審査に出せば受かります」

 

(関連記事)

  

 

つまり、グーグルが良く言っている、

「ユーザーのためになる分かりやすいサイト・ブログ」

になっていればgoogle側としてもアドセンスの審査に落とす

理由がなくなるという事ですね。

 

また自分のブログをアドセンスの審査に出すのは何回でも

できます(2019年8月時点)ので、きちんと直した上で、しつこく

申請してみましょう。

 

 

では、そのために具体的に何をすれば良いのでしょう?

8項目にまとめました。

 

アドセンスの審査に合格するブログの条件8つはこれ!2019年!

1 独自ドメインのサイト+wordpress(無料ブログはダメ)

2 記事数10~30程度は欲しい(目安は20記事)

3 1記事1000文字以上

4 内容がまとまっている(審査時には特化ブログが良い)

5 PVはあまり関係ない?あるに越したことはない

6 アフィリエイトリンクは可、画像も自分のものなら可

7 プロフィール+プライバシーポリシー+サイトマップ+お問い合わせは必要

8 規約違反の記事はダメ(暴力、アダルト、アルコール等)

 

上記の8つをすべてこなせば、ほぼほぼ「グーグルアドセンスの審査に

合格する」と思われます。

 

この8つをきちんと備えて申請してアドセンスの審査に落ちたブログはありません。

 

一つ一つ解説していきます。

 

1 独自ドメインのサイト(無料ブログはダメ)+wordpress

2019年現在、独自ドメインのサイトを持っていないとアドセンスを

始める事は基本的にできないので必須です。

 

アメブロやfc2ブログのような無料ブログではアドセンスは始められません。

 

 

ドメインとはweb上の住所

 

のようなものです。

(サーバーがweb上の土地のようなもの)

 

このブログのurlは

 

 

http://ponkichi01.com

 

ですが、

 

ponkichi01.com

 

の部分がドメインです。

 

 

日本語版のグーグルであれば、

 

 

https://www.google.co.jp

 

がurlですが、

 

google.co.jp

 

がドメインです。

 

 

ですから、ドメインは

http:// 以降の常に変わらないURLの部分です。

 

また、ドメイン=住所でも分かるように、サイトへの訪問者が

住所をそのまま打ち込んで来ることもありますので、

同一ドメインは世界に一つしかありません。

 

ドメインは、既に使われているものでなければ、

文字列は選べます。

 

が、ドメインの最後、

 

ponkichi01.com

 

.com

 

の部分には使える文字が決まっています。

 

ドメインの最後の部分に使える文字

 

.com

.co.jp

.net

.jp

.tokyo

.okinawa

 

等々です。他にもたくさんあります。

 

基本的には、自分のサイトにあったものを

選べば良いと思いますが、種類によって

値段が若干違います。

 

独自ドメインとは自分が所有するドメインの事です。

 

(関連記事)

  

 

wordpressはブログを書くための無料ツールです。

これはアドセンスの審査とは直接関係はないですが、サーバーを借りて、

独自ドメインを取得してという段階の途中でサーバーに設置するのが

基本です。

 

(参考記事)

 

2 記事数10~30程度は欲しい

アドセンスの審査に合格するにはブログ内の記事として30記事程度

あると合格する確率が高くなります。少なくとも20記事。

 

もちろん中には「6記事で受かった」とか「9記事で受かった」と

いった報告もありますが、ブログ内の記事が少なければアドセンスの

審査に落ちる可能性が高くなるのは間違いありません。

 

僕が経験したものとしては、

 

●10記事アドセンスの審査不合格

●15記事アドセンスの審査に落ちる

●25記事アドセンスの審査に合格

 

というブログがありました。

 

20記事~30記事でアドセンスに合格することが多いように思えます。

 

3 1記事1000文字以上

「20~30記事」といってもスカスカの内容ではダメです。

文字数としては最低1記事1000文字以上は欲しいです。

 

ちょっと内容がある記事であれば1000文字はすぐに行きます。

 

もちろん、テーマ(タイトル)があって、それに沿った内容で、

きちんと解決(まとまっている)している事が大事です。

 

その書き方をすれば1000文字では足りません。

 

これはもう完全に「SEO」の世界の入口です。

つまり、のちのち「googleが考える良いサイト」を作る事になるのです

から、その練習をしていると思えば良いのではないでしょうか?

 

(関連記事)

 

4 内容がまとまっている(審査時には特化ブログが良い)

よく、「「雑記ブログ・ごちゃまぜブログ」でもアドセンスに受かるのか?」

という質問がありますが、答えとしては、

 

「受かるかもしれないが、アドセンスの審査に出す時は特化型ブログが良いです」

 

となります。

 

いわゆる「トレンドブログ」等のごちゃまぜサイト・雑記ブログを運営

するつもりでも、アドセンスの審査時には、何がしかに「特化」したサイト

を設計する事をオススメします

 

googleのアドセンスの審査はおそらく、AIと目視(人間)の二段階です。

となると、ごちゃまぜブログは目視された時に、受かる要因よりは、落とす

要因の方が多くなると思われます。

 

「特化ブログと言われても・・・・」

「特化ブログで1000文字×20記事も書けない」

 

という方も多いかもしれませんね。

 

本当に何でも良いと思いますが、例えば、

 

「一味違う旅行の仕方」

「お掃除裏技100選」

「リフティングができるようになるまでの3ヶ月実践編」

 

等々、本当にテーマは(グーグルの規約に違反しなければ)

何でもいいと思います。

 

5 PVはあまり関係ない?あるに越したことはない

審査時にPVが低いとアドセンスの審査に受からないのでは?

 

といった懸念があるようですが、おそらくほとんど関係ありません。

 

実際に、僕はPV1とか2とかその程度のブログでも体裁を整えたら

きちんとアドセンスの審査に合格しました。

 

今後どうなるかは分かりませんが、アドセンスの審査時にPVはほとんど見て

いないのではないかと思われます。

 

それよりは形式(記事数、記事の内容、プライバシーポリシー等々の設置)

が重視されているのではないでしょうか。

 

もちろん、googleも商売ですから、少しでもPVがあるサイトにアドセンスの

広告を貼りたいでしょうから、PVがあって損する事はないと思いますが・・・。

 

いずれにせよ、アドセンスの審査時にPVはあまり気にしなくてもいい

のではないかと思われます。

 

ただ、少しでも検索ボリュームのあるテーマで特化させて20記事程度を

きちんと書いたら、結果として上位表示されてPVが発生すると思いますよ。

 

6 アフィリエイトリンクは可、画像も自分のものなら可

また、アドセンスの審査に出す記事内に他のアフィリエイトリンクを

貼って良いかどうかですが、amazonや楽天なら問題はないと思います。

 

アフィリリンクがあるブログでも普通にアドセンスの審査には合格しています。

 

ただ、グーグルの規約に反する広告(アダルト、アルコール等)はアマゾン、

楽天でも止めておいた方が良いでしょう。

 

とはいえ、わざわざ意識して貼る必要はないです。

これも、google様の立場に立って考えれば簡単な話で、

競合他社のアフィリリンクがあるサイトとないサイトであれば

ないサイトを合格させたくなりますよね?

 

必要がなければアフィリリンクは貼らなくて良いと思います。

気になるなら全部アフィリリンクは外しましょう。

 

とはいえ、ガンガンアフィリエイトリンクが貼ってあるサイトでも

アドセンスの審査に合格しているのもまた事実ですが。

 

 

「画像」とアドセンスの審査ですが、すべて自分が撮ったものを

使い、「筆者撮影」等としておけば問題ありません

 

ただ、この点もアフィリリンクと同じで、wikipediaからの引用画像

等を乗せて、きちんと引用リンクを貼っていたブログでも普通に

アドセンスの審査に合格しています。

 

ですので、明確な著作権違反、引用元の明示がないといった、

「え?この写真どうしたの?」

と思われるような画像・写真がなければ大きな問題にはならないと

思われます。

 

「アドセンスの審査時に画像・写真が気になる場合は、自分が撮った

もの意外載せない」

 

この方針でいけば問題ありません。

 

7 プロフィール+プライバシーポリシー+サイトマップ+お問い合わせは必要

プロフィール+プライバシーポリシー+サイトマップ+お問い合わせ

はあった方が良いと言われています。

 

これは全部あった方がアドセンス審査の合格確率が上がります。

たぶんアドセンスの審査担当者はチェックしています。

 

誰が書いているのかの表明がないよりはあった方が絶対に良いですよね?

プロフィールがないサイトというのは作った事がないので分かりませんが、

いわゆる「グローバルメニュー」にプロフィールを入れておいたほうがいい

でしょう。

 

ただ、プロフィール(運営者情報)がなくてもアドセンスの審査に

受かったという報告もあります。

 

 

「プライバシーポリシー」もあった方が良いと言われています。

 

これは、どこかからコピペでも良いでしょう。

どこのサイトでもほぼ似たり寄ったりなので。

 

こちらはプロフィール以上にあった方が、グーグルの心証がよくなる

と思います。ただし、これもなくても審査に合格はしていますが・・・。

 

 

「サイトマップ」、これはあった方が良いです。

wordpressのプラグインなどで簡単に作れますので設置した方が

良いでしょう。

 

「お問い合わせ」、これもあった方が良いでしょう。

こちらもwordpressのプラグインで簡単に作れます。

「contact form 7」などが有名ですね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

wordpress初心者の方には上記の話は多少敷居が高いかも

しれません。

何をどうしていいか全くわからない等の場合は、

お問い合わせ」からご連絡ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ここで書いた、「プロフィール」「プライバシーポリシー」「サイトマップ」

「お問い合わせ」はあった方が良いですが、あくまでも二次的なものだと

思います。

 

やはりアドセンスの審査時に最も大事なのは、「記事内容+記事数」これでしょう。

 

8 規約違反の記事はダメ(暴力、アダルト、アルコール等)

上記を踏まえた上で、ある意味一番大事なのがこれです。

 

googleアドセンスの規約は凄く厳しく・うるさいです。

 

グーグルアドセンスには、

AdSense プログラムポリシー

というのがあり、審査通過後も定期的にブログがチェック

されています。

 

上記ポリシーに違反していると、警告がされたり、場合によっては

いきなりアドセンスの利用停止になることもあるようです。

 

アドセンスの禁止項目はいろいろありますが、主要なものは、

「不適切なコンテンツ」

「誤ってクリックさせるような広告の設置」

「故意的な不正クリック」

などです。

 

現在の所、グーグルアドセンスは、アダルト系のコンテンツ

広告配信を許可していないので、審査を通過したからと

いって、アダルトコンテンツをバンバン載せたりすると、

あっさりとアカウント剥奪されることもあります。

 

審査時に書いてはいけない記事としては、

 

●アダルト系(御法度)

●事件系(やめておきましょう)

●アルコール系(御法度)

●武器系(御法度)

 

いわゆる公序良俗に反するものはダメです。

基準としてはNHKで映せるくらいですかね?

アルコールとかはテレビよりもはるかに厳しいかもしれません。

 

 

とにかく、アドセンスの審査時には、少しでも

「グーグルアドセンスのポリシー的にどうかな?」

と思った記事は書かないのが基本です。

 

よく言われるのが、

「小さい自分の子供に見せられる内容」

という事です。

 

歯医者さんの話はよくても、誰かが誰かの歯を蹴飛ばして折れて

しまうような画像等はダメという事ですね。

 

まとめ

以上、

 

アドセンスの審査に合格するブログにする方法8つ!2019年!google AdSense・グーグルアドセンス!

 

でした。

 

まとめておきます。

 

1 独自ドメインのサイト+wordpress(無料ブログはダメ)

2 記事数10~30程度は欲しい(目安は20記事)

3 1記事1000文字以上

4 内容がまとまっている(審査時には特化ブログが良い)

5 PVはあまり関係ない?あるに越したことはない

6 アフィリエイトリンクは可、画像も自分のものなら可

7 プロフィール+プライバシーポリシー+サイトマップ+お問い合わせあり

8 規約違反の記事はダメ(暴力、アダルト、アルコール等)

 

 

となります。

 

おそらくアドセンス審査時に優先順位が高いのは、

 

●記事数10~30程度は欲しい(目安は20記事)

●1記事1000文字以上

●内容がまとまっている(審査時には特化ブログが良い)

●規約違反の記事はダメ(暴力、アダルト、アルコール等)

 

この4点です。

 

これ、最初にも言いましたが、ようするにSEOです。

詳細はこちらの記事をお読みください。

 

  

ですので、2019年から2020年にかけて、グーグルアドセンスの審査に

合格するブログにする方法は、

 

独自ドメインのブログでwordpressを使って、

「googleが考える良い記事」を20記事程度書く。

できたら、「プロフィール+プライバシーポリシー+

サイトマップ+お問い合わせ」ついている。

 

となりますね。

 

上記を全て備えているのにアドセンスの審査にどうしても受からない、

落とされた、合格したいという方は「お問い合わせ」からご連絡くだ

さい。サイトを拝見させて頂きます。

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ