メルマガ号外広告、無料レポート紹介について

メルマガの号外広告と無料レポートの紹介依頼をよく頂きます。

 

各種依頼は、

 

お問い合わせ

 

からご連絡いただければ詳細をお返事

いたします。よろしくお願いします。

 

 

ぽんきち

日記;初夏・じん帯・the nikka

朝からかなり暖かくて、午後一の車内は25度越え。

兼業せどらーの「部長」が本業の方で怪我して、結果的に

「せどりにもいけん!」

と言っていたが、近距離移動ならできるようで、大物いくつか

画像を送ってきた。

 

おお!

 

じん帯損傷らしいけど、やるやん。

 

 

午後せどり仕入れ一軒。ボチボチ。

午後一の時間はやはり道が空いてる。

 

帰って仕事。

ネット接続がおかしいので、ルーター一回切ったら、今度は

コピー機がオフラインになりやがる。

 

治ったけどめんどくさ。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

ヨメの懸賞せどりが最近凄すぎる。

手元にある金券のみ。

サミットの商品券が1万円あるので、高級ウィスキーを買わせていただく。

the nikka 5999円。

アマゾンでもそうかわらんのね。

本当にありがとうございました!

 

amazonアマゾンが配送料を値上げ;amazonアマゾンプライムはどうなる?

2018年4月4日、アマゾンが配送料の値上げを発表しました。

 

amazon.co.jpの直販商品が対象で、注文額が2000円未満の

場合、これまで350円だった料金を、本州・四国(離島除く)

で400円、北海道・九州・沖縄・離島で440円に引き上げるとの

事です。2000円以上の場合は、無料のままになるようです。

 

また、注文から最短翌日に届く「お急ぎ便」は、本州・四国(離島

除く)が500円、北海道・九州が540円に。注文したその日に届く

「当日お急ぎ便」は、それぞれ600円、640円に引き上げ、「お届

け日時指定便」はそれぞれ500円、540円になるようです。

 

もっとも、アマゾンにはプライム会員という制度があって、

現在(2018年4月)のところ、年会費3900円、月額400円で、

アマゾンが配送する商品は送料は無料になります。

 

ですので、実質、非プライム会員で2000円未満の購入者に、

送料負担をさせるという形ですね。

 

 

アマゾンは大企業ですが、まだ歴史は浅いので、結構頻繁に、コロコロ

とサービス内容を変更してきます。ですので、今後もどんどん変わって

いくでしょう。

 

 

 

アマゾンを使って商売をしている側としても、モノを動かす物販である

以上は、「配送料」というのは常について回る問題であり続けるでしょう。

 

 

しかし、アマゾンの「やり口」というのは・・・・。

 

FBAの場合もそうでしたが、最初、

「超割安」(実質赤字だったと思います)

で大量に顧客を囲い込んで、必須の状態になったあたりで、

だんだんと値上げ、値上げ・・・・。

 

エンドユーザーに対しても、当初は

「全商品送料無料」

でしたからね~。

 

300円の文庫を買っても送料無料でした。それだけなら、

絶対赤字でしょ。

 

でも、アマゾンの便利さから離れられなくなった辺りで、

「アマゾンプライム」

を導入して、今度は非プライム会員から送料を徴収。

 

表現は悪いですが、

なんか、やり手のヤクの売人みたいですね。

 

「ええやろ、ええやろ、最初は無料であげるで、どや」

 

みたいな・・・。

 

 

 

 

電脳せどりをやるアカウントは当然アマゾンプライムなのですが、

別のアカウントはプライム会員ではないので、さっそく試してみ

ました。

 

確かに、800円程度のアマゾン販売・発送の商品をカートに入れる

と、送料400円が加算されていますが、よく分からない「割引」と

いうのが入って、実質無料になります。

 

おそらく、アマゾン側のテスト期間なんだと思います。

いきなり送料負担をして、顧客離れが起きたら怖いのでしょう。

 

 

それよりも、商品検索から注文までのすべての段階で、

 

「プライム会員になれ」

 

というハードルをもうけてきます。

 

気づかずにプライム会員になっていたという人も多数出てくる

のでは?

 

 

2000円未満の商品で送料を取る事よりも、プライム会員を

基本の顧客としたいのだと思います。

 

一般ユーザーなら、プライム会員になったら、もとをとろうと

考えて、アマゾンで優先的に買い物をするでしょうからね。

 

月に400円、年に3900円という価格はそういった意味で絶妙

かもしれません。

 

 

販売側としては、アマゾンの新品価格が2000円未満のものを

出品している場合、非プライム会員が購入者であれば、かなりの

アドバンテージを取れる気がします。

 

例えば、

1000円の商品に対して400円の送料というのはかなりの割合です。

その点、マーケットプレイスの場合は、送料はありますが、それを

含んだ料金設定になっていますし、FBAなら送料無料です。

 

まあ、単純にはいかないでしょうが、新規の送料負担は、少なくとも、

非プライム会員にとって、

「アマゾンの新品ではない方を選ぶ」

大きな要因になるでしょう。

 

500~1000円くらいの文庫とか飛ぶように売れるようになったり

しないかな・・・・。

 

 

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ