ブログ集客のコツは3つ!いや1つだけ!要するにSEO!一日で16万円!年収5840万円?!2019年~2020年

14831 (3)

ブログ集客に成功すると1日16万円!年収5840万円!?

ブログを運営していると、「集客」について悩む人がほとんどだと

思います。

 

僕もブログ運営を何年か続けて、ようやく「ブログ集客」の全体像が

分かってきました。すると、結果が出て、

リアルタイムPVで14831、一日のアクセス・PVで55万218

となり、当然、収益にもつながりました。

 

この記事では、

「ブログ集客のコツ→PV・アクセスを伸ばす」

ための思考法をまとめていきます。

 

一応執筆者にはその資格があることの証左として数字を挙げておきます。

 

14831 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

55manpv

 

 

 

 

 

 

 

上が、瞬間のPV・アクセス/ 下が一日のPV・アクセス

 

上記は、僕が運営しているトレンドブログのPV・アクセス数です。

(このブログではありません)

2019年9月19日の数字ですね。

 

 

僕は個人でブログをやっていますので、自画自賛するようですが、

リアルタイムPVで14831、一日のアクセス・PVで55万218

というのは、なかなかの「ブログ集客」だと思います。

外注も一切使っていません。

 

 

ちなみに、一日55万PVの日の、そのサイトの収益は、

 

クリック課金系広告費:13万円程度

物販アフィリエイト:3万円程度

 

で、一日で約16万円の売上(利益)でした。

毎日がこれだと年収5840万円という事になります。

(残念ながら今の所毎日このPVにはならないわけですが・・・)

 

夢がありますね。

 

上記の数字は、このサイトのように「ネットビジネス」「副業」

「せどり」「アフィリエイト」といった特化型ブログではなく、

いわゆる、「トレンドブログ」のPVです。

 

興味のある方は関連記事をお読みください。

 

 

「ブログ集客」の実績もなく書いているわけではない事が分かって

頂けたら、さっそく具体的な話に入っていきたいと思います。

 

ブログ集客のコツは3つだけ

先に結論を書くと、

ブログ集客のコツは3つだけ

です。

 

究極的には一つだけと言えます。

 

 

他の事はこの3つを理解して、実践できるようになってから

考えましょう。「他の事」とは例えば、

 

・twitter集客

・facebook集客

・instagram集客

→SNS集客

・youtube集客

・メルマガ集客

 

といった方法です。もちろん、それぞれに有効ですが、大事なのは

根本的なブログ集客はSEOだという理解です。

 

ブログ集客のコツ3つ!

 

SEOの大枠を理解する

   ↓

SEOで大切な事を理解する

   ↓

SEOを実行する

 

この3点です。

 

さらに書いておくと、

 

●コンテンツSEO 8割

●SEO内部対策 1割5分

●SEO外部対策 5分

 

くらいの配分となります。

 

 

 

それぞれの点について、以下で具体的に書いていきます。

 

SEO?という方は先にこちらの記事をお読みください。

 

 

 

ブログ集客のコツ1―SEOの大枠を理解する

SEO(search engine optimization)とは、検索エンジン最適化。

要するにグーグルで少しでも上位に表示してもらうための各種技術

の事です。

 

Googleが考えていることは、検索ユーザーにとっての良質な

体験(検索結果の提供)ですから、グーグルの考える良い記事

やグーグルが考える訪問者に優しいサイト(設計)は、結局は

ユーザー(読者)にとって使いやすいサイトという事になります。

 

そのための色々な手段・対策・施策をSEOというわけですね。

 

 

ブログ集客と言えばSEOです。

 

ですが、それだけでは「大枠」すぎて、多くの初心者は、

「何からやれば良いのか分からない」

「言われた事を全部やっていたら頭がこんがらがる」

といった状況になりがちです。その通りだと思います。

 

順番としては、

 

SEOの大枠を理解する

   ↓

SEOで大切な事を理解する

   ↓

SEOを実行する

 

でしたね?

 

ここでは、まずは「SEOの大枠」についてまとめていきます。

 

seooowaku (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEOの大枠(画像出典:副業コンパス)

 

上記がやるべきSEOの全てです。

 

・(googleが考える)優れたコンテンツを書いて(コンテンツSEO)

・googleが訪問しやすくサイトを設計して(SEO内部対策)

・googleが「このサイト人気あるな」と思えるように頑張る(SEO外部対策)

 

これがSEOの大枠です。

 

これ以外の事はやる必要がないです。

 

残念ながら、ブログで集客して稼ごうという場合、googleのご機嫌を

伺うのが仕事の9割以上となります・・・。

 

ブログ集客のコツ2―SEOで大切なことを理解する

ブログにSEOを施していく上で、大切な事は、上記した

 

3つのコツの重要度は均等ではない

 

という点です。

 

具体的には、

 

●コンテンツSEO 8割

●SEO内部対策 1割5分

●SEO外部対策 5分

 

くらいです。

 

ですから、

 

【ブログ集客=SEO対策=(googleが考える)優れたコンテンツ作り】

 

です。

 

最初のうちは、これだけに特化してブログを作っていって

良いと思います。

 

コンテンツSEO―重要度全体の80%

 それぞれの記事(コンテンツ)やサイトにSEO対策をするという

のはどういう事なのか?

 

●グーグルが考える良い記事を(たくさん)書く●

 

 という事です。

 

googleが考える良い記事・良いブログとは、

 

1 検索者の質問・知りたい事に分かりやすく答えるコンテンツ

2 検索者(ユーザー)がしっかり読むコンテンツ(滞在時間)

3 1、2の記事がたくさんあるサイト(ドメイン)

4 オリジナリティーがあるコンテンツ・サイト

 

です。

 

詳細は下記記事をお読みください。

 

(関連記事)

 

Googleが考えていることは、検索ユーザーにとっての良質な

体験(検索結果の提供)ですから、グーグルの考える良い記事

やグーグルが考える訪問者に優しいサイト(設計)は、結局は

ユーザー(読者)にとって使いやすいサイトという事になります。

 

そのための色々な手段・対策・施策をSEOというわけですね。

 

 

googleのユーザーは「何かを知りたい」「何かを解決したい」から

検索をするわけです。

 

その「何か」が「キーワード」になります。

 

それに対して、適切な答えを返しているかをグーグルはみています。

適切な答えを返していれば、結果として、読者・ユーザーの滞在時間

は長くなります。

 

そういった記事が積み重なると、だんだんとgoogleにそのブログが

評価され、狙ったキーワードで上位表示されるようになっていきます。

 

 

「コンテンツSEO」の基本の流れは上記の通りです。

 

 

コンテンツSEOとは、決して、「狙ったキーワードを大量に記事に入れ込む」

といった事ではありません。ただし、【キーワード】の数を適切に増やす事に

SEO効果はありますが・・・。

 

(関連記事)

 

SEO内部対策―重要度全体の15%

seooowaku (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEOの大枠(画像出典:副業コンパス)

 

 

SEOの内部対策とはGoogleが考える「良いサイト」

にしていく事です。

 

・どういった記事の書き方をするか

・サイトの具体的な設計をどうするか?

 

上が基本。下がテクニカルなSEO内部対策です。

 

SEO内部対策は、SEO外部対策とは違い、ほぼすべて

自分でできる事です。

 

その分、できる事は実質的に無限にあります。

優先順位をつけてSEO内部対策として大事なことからやっていく

べきでしょう。

 

 

テクニカルなSEO内部対策はもちろんあるのですが、

最も基本的で最重要のSEO内部対策は、

 

Googleが考える「良い記事」をたくさん書く

 

です。

 

究極のSEO内部対策です。

 

グーグルに高く評価してもらうためには、

 

・記事の質が高いこと(質が高いかどうかはグーグルが決めます)

・良質の記事の量・数が多いこと(サイト全体が評価されます)

 

これが大事です。むしろこれだけで良いです。

 

どんな記事をGoogleが高く評価するのかを把握し、それに沿って

たくさんの記事を書く、これがSEO内部対策の基本中の基本

なります。

 

そういった意味では、SEO内部対策の最も大事な部分は、コンテンツSEO

と同じです。

 

 

重要度は落ちますが、【テクニカルなSEO内部対策】も多数あります。

以下です。

 

 

テクニカルなSEOの内部対策としてやるべき10の事

 

1 サイトの表示速度は速くする(遅いとSEO上よくない)

2 文章の構造をシンプルにする(見出しの使い方)

3 サイトマップを送信する

4 パンくずリストを設定する

5 h1タグにはキーワードを入れる

6 リンク切れは避ける・なおす

7 URLを正規化する

8 グローバルナビはテキストにする

9 2クリックでサイト内全ページにいけるようにする

10 タグの配置を正しくする

 

 

詳細は下記関連記事をどうぞ。

 

(関連記事)

 

 

まあ、SEO内部対策も、googleのご機嫌を伺うという意味では、

他の点と同じですね。

 

SEO外部対策―重要度全体の5%

seooowaku (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEOの大枠(画像出典:副業コンパス)

 

SEO外部対策とは他のサイトからリンクをもらうことです。

他のサイトからリンクしてもらう事を「被リンク」と言います

 

なぜ、SEO外部対策(被リンク)が重要かと言うと、Googleが

検索結果・順位を決める際に、被リンクの数(と質)を重視して

いる(いた)からです。

 

ブログ・HPでも良いですし、twitterやfacebook、インスタ等のSNS

でも構いません。最近(2018年以降くらい?)のGoogleはSNSからの

流入をSEO上高く評価しているようなので、SNS対策というのも立派な

SEO外部対策と言えるかもしれません。

(ここでは、SNSも含めて、被リンクとしています)

 

いずれにせよ、誰かの自発的な自サイトへのリンクがSEO外部対策です。

ですから、SEO外部対策は、他者依存です。

 

 

「被リンク数=SEO対策・効果あり」

となると当然悪い事を考える人がいて、

「被リンクの自作自演や被リンクの購入」

といったSEO外部対策をしました。

 

以前はこの手法で検索結果の上位に表示される

事もままありましたが、被リンクの自作自演は2019年現在、そして

2020年以降は、逆にGoogleにペナルティーを科されてしまいます。

 

Googleのペナルティーとは、ブログの記事を検索の圏外に飛ばされ

て、グーグル上に存在しなくさせられたりします。

 

ですから、究極的な事を言うと、2019年、2020年、

そして今後のSEO外部対策(被リンク獲得)としては、するべき事は

他の人がシェアしたくなる、リンクを貼りたくなる記事を書くしかない

とも言えます。

 

変に手練手管をろうするよりは、そこ(良質の記事を書く)に神経を集中

させる方が効率がよさそうです。

 

(関連記事)

 

ブログ集客のコツ3―SEOを実行する

ここまでの話をまとめると、

 

【ブログ集客=SEO対策=(googleが考える)優れたコンテンツ作り】

 

でした。

 

ですので、「SEOの大枠を理解」し「SEOで大切な事を理解」したら、

SEOを実行する事です。

 

当たり前と思われるかもしれませんが、これができない

人がかなり多いです。

 

理由は単純で、続かないからです。

 

続かない理由は、SEOはすぐには効果が出ないからです。

 

具体的には、

 

●3ヶ月×毎日1記事以上×計100記事以上●

 

これくらいは「SEOを実行する」必要があります。

 

これが、最低の数字になりますので、なかなかできることでは

ありません・・・。

 

しかも、スカスカの記事ではもちろんだめで、既に何度も書いてきた

ように、「googleに評価される記事」を積み上げなければなりません。

 

1本だけ優れた記事を書いても、それは残念ながら【ブログ集客】には

つながりません。それを100本続けると、ようやく上位表示されるように

なってきます。

 

ですから、「SEOを実行する」というのは、立派な【ブログ集客のコツ】

になります。

 

(関連記事)

 

まとめ

以上、

 

ブログ集客のコツは3つ!いや1つだけ!要するにSEO!一日で16万円!年収5840万円?!

 

でした。

 

再度まとめると、

 

ブログ集客のコツ3つ!

 

SEOの大枠を理解する

   ↓

SEOで大切な事を理解する

   ↓

SEOを実行する

 

この3点です。

 

●コンテンツSEO 8割

●SEO内部対策 1割5分

●SEO外部対策 5分

 

くらいの配分となります。

 

ですので、究極的には

 

【ブログ集客=SEO対策=(googleが考える)優れたコンテンツ作り】

 

この一点の継続にあるといえます。

 

Googleが考えていることは、検索ユーザーにとっての良質な

体験(検索結果の提供)ですから、グーグルの考える良い記事

やグーグルが考える訪問者に優しいサイト(設計)は、結局は

ユーザー(読者)にとって使いやすいサイトという事になります。

 

そのための色々な手段・対策・施策をSEOというわけですね。

 

アドセンスで稼ぐコツはこの7つ!必要なこと・やるべき事!大枠編!【2019年版】

14831 (3)

アドセンス(adsense)というのは、

 

google(グーグル)が提供する広告配信サービス

 

です。正式名称は Google AdSense です。

 

アドセンスは「稼ぎやすい」ですが、大きく稼ぐとなると難しい面が

多々でてきます。

 

(関連記事)

 

アドセンスが稼げる証拠。

グーグル100万

 

 

個人がブログでアドセンスのみで月収100万円というのは、

そんなに驚くべきことではないです。

 

中には、月収200万円という人もいますし。

 

アドセンスは稼ぎやすい?

ブログにアクセスを集めて収益を上げる方法は色々

ありますが、その中でも

googleアドセンスは稼ぎやすい

と言われています。

 

理由は下記2点が大きいです。

 

1 アドセンスはクリック報酬型広告である

2 アドセンスはコンテンツ連動型広告である

 

それぞれ簡単に説明します。

 

1 アドセンスはクリック報酬型広告である

amazonアフィリエイトや楽天アフィリエイトは

有名な手法ですが、どちらも、

 

クリックされた後に商品が売れないと報酬になりません。

いわゆる「成果報酬型広告」です。

 

一方で、グーグルのアドセンスは、

読者が広告をクリックしただけで報酬が発生します。

〔クリック報酬型広告)

 

 

さらに、クリックされやすいような工夫がされています。

それが、コンテンツ連動型広告です。

 

2 アドセンスはコンテンツ連動型広告である

ご存知のようにグーグル/ Googleはとんでもなく賢いです。

 

グーグルの提供する広告サービスである、アドセンス(AdSense)

も例外ではありません。

 

アドセンス最大の特徴と言ってもいいかもしれませんが、

 

===================================

アドセンスはブログ記事(コンテンツ)の内容や、読んでいる

端末利用者の資質(これまでの閲覧ページやら検索結果やら)

までを把握して、それに適した広告を自動で表示します。

===================================

 

これを、コンテンツ連動型広告と言います。

 

優れたコンテンツ連動型広告は当然クリックされやすいです。

 

・クリック課金型広告

・コンテンツ連動型広告

 

この二つの理由から、「アドセンスは稼ぎやすい」というのが定説です。

確かにその通りでしょう。

 

が、一方で「アドセンスは稼げない」という人も多数います。

 

実はこの両者は矛盾していません。より正確に言うと、

「アドセンスは小額であれば稼ぎやすい」

のですが、

「アドセンスでたくさん稼ぐ(月収10万円超え)のはなかなか難しい」

という感じです。

 

アドセンスで稼ぐコツはこの7つ!必要なこと・やるべき事!【2019年版】

先に結論をまとめておきます。

 

アドセンスで稼ぐためのコツ7つとやるべき事は以下のようになります。

1 アクセス・PVを集める→トレンドブログをやる

2 最低1~3ヶ月は我慢

3 アクセスが集まることを書く→「ワイの日記」ではダメ

4 読者の役に立つ→「キーワード」を解決してあげる

5 作業量を増やす→毎日×3ヶ月×1記事以上

6 キーワード選定をしっかりする→検索需要のあるキーワードを選定する

7 ブログのテーマ設定を間違えない→検索需要のあるブログテーマにする

 

以下で詳細を書いています。

 

アドセンスで稼ぐコツ1―アクセス・PVを集める

グーグルアドセンスで稼ぐためにはPV・アクセス数がほぼ全てです。

 

アドセンスは稼ぎやすいと聞いて、ブログアフィリエイト、

トレンドアフィリエイトを始めて、サイトにアドセンスの広告を

貼ってみたけれど、月の収益が10円とか300円とかでは、

「稼げている」

とはいえませんよね?

 

 

実際、(2019年9月現在)Google AdSenseは収益が8000円に

ならないと振込みをしてくれません。

 

既に書いたように、

●アドセンスは稼ぎやすいです

●アドセンスでたくさん稼ぐのは大変です

 

(既に書いたように)アドセンスはクリック課金型広告なので、ユーザーが

広告をクリックしてくれればそれだけで収益が発生します。

 

広告にもよりますが、グーグルアドセンスの場合、1クリックあたりの

単価は10円~40円程度です。

 

逆に言うと、アドセンスブログは、「そこで何かを売る必要はない」

いうことになります。

 

さらにひっくり返して言うと、

アドセンスで稼ぐには何かを売る必要はありませんが、

アクセス・PV(ページビュー)が必要です。

 

「より多くの人・ユーザー(アクセス・PV)を自分のブログに集める」

 

言ってしまえば、アドセンスで稼ぐために必要な事はこれだけ

です。シンプルです。

 

とすると、

「アドセンスで稼ぐためには?」

「グーグルアドセンスで稼ぎたい」

場合は、

 

アクセス・PVをたくさん集める

 

という事ですね。that's it.

 

以上で終了しても良いくらい本質的な事です。

 

アドセンスで稼ぐためにやるべきことはこれだけです。

 

世の中には色々な商売があり、例えば

高級タワーマンションを売る不動産屋やブランド品、高級車など

を扱うディーラー、キャバクラ嬢などは、大量のお金を落とす

「太い客」が大事かもしれません。

 

一方で、ことGoogle AdSenseに関しては、どちらかという

とテレビのような感じで、視聴率(大量の視聴者)を集める

事が稼ぎにつながるというイメージです。

 

「アドセンスで稼ぐにはPV・アクセスがたくさん必要」

という事は分かって頂けたかと思います。

 

以下で、どうすればPV・アクセスを自分のブログに集められるか

をまとめていきます。

 

ただし、PV・アクセスはすぐには伸びません。

 

アドセンスで稼ぐコツ2―最低1~3ヶ月は我慢

Google AdSenseで稼げる(月1万円以上)ようになるには、

最低1~3ヶ月の期間が必要です。

 

PV・アクセスを集めるには、

 

「狙ったキーワードでのgoogle上位表示」

 

が必要です。

 

googleで上位に表示されるためには、

 

1 記事内容が(グーグル基準で)優れていること

2 サイト自体がグーグルに評価されている事

 

この二点が必須です。

 

この二点が、他の競合サイトよりも上であれば、必然的に上位表示

されることになります。シンプルです。

 

ただし、

特に「2」に関しては、ブログの立ち上げから、3ヶ月ほどかかる

と言われています。Googleがサイトを評価するのにそれくらい時間が

かかります。

 

「1」のグーグルが考える「優れた記事を書く」というのも、ある程度の

技術・コツが必要です。

 

googleで上位表示させるための各種対策の事を「SEO」と言いますが、

その点については別途関連記事をどうぞ。

 

 

ブログ開始当初はアドセンスで大きく稼ぐ事はできません。

(普通はできません)。

 

ただし、その助走期間(googleに評価されるようになる1~3ヶ月)

は、アドセンスで稼ぐために必要な時間です。

 

いずれにせよ、

「AdSenseブログ開始直後はPV・アクセスが集まりづらい」

ので稼げても小額のみになりがちです。

 

これをもって、「アドセンスは稼げない」というのは、ちょっと

無茶ですね。何故なら誰でも最初はそうだからです。

 

最低「3ヶ月」必死にやるとだいぶ違う景色が見えてくると思います。

 

 

とはいえ、「すぐにアドセンスで稼ぎたい」というのが人情ですよね?

 

 

では、なるべく速くPV・アクセスをたくさん集めには

どうしたら良いのでしょう?

 

アドセンスで稼ぐコツ3―アクセスが集まることを書く(トレンドブログ)

PV・アクセスをたくさん集めには、

「トレンドブログ」(トレンドアフィリエイト)

をやるのがもっとも簡単で、もっとも早いです。

 

 

「トレンドブログ」とは、今・現在トレンドになっているテーマ(最新

ニュース等)の記事を早く書いて、PVを大量に集め、googleアドセンスを

はじめとした広告費で稼ぐアフィリエイト手法です

 

なぜ「トレンド」を追ってブログ記事にするのかというと、最新ニュース

(トレンド情報)は大量のアクセスを集める可能性があるからです。

 

「トレンドブログ(トレンドアフィリエイト)」については、このブログ

内に多数の記事がありますので、よろしければどうぞ。

 

 

最も短期間で、最も多くのアクセス・PVを集める手法はほぼ間違いなく、

トレンドブログ・トレンドアフィリエイト

です。

 

逆に言えば、トレンドブログをやらずに、自分の好きなことを書いて、

アクセス・PVを大量に集めるのは至難の業です。

 

もちろん、趣味で自分の書きたい事を書くのは素晴らしい事と思いますが、

それでは「アドセンスでたくさん稼ぐ」事は基本的にはできません。

 

アクセス・PVが集まらないからです。

 

 

ただし、「トレンドブログ」にもデメリットがいくつかあり、

 

●グーグルからペナルティーを受ける可能性がある

●頻繁に(毎日)更新しなければならない

 

といった点があります。

 

すぐに稼げるようにはなるけど、マイナス面もあります。

 

そのあたりの詳細は別途関連記事をどうぞ。

 

 

アドセンスで早く稼げるようになりたければ「トレンドブログ」が

いちばんですが、ゆっくりでも良いのであれば、こだわる必要はない

かもしれません。

 

アドセンスで稼ぐコツ4―読者の役に立つ(「ワイの日記」ではだめ)

googleで何かを検索して来るユーザーは基本的に、

「何かを知りたい」

「何かを解決したい」

わけです。

 

この記事なら、

「アドセンスで稼ぐためには?」

「アドセンスで稼げるようになるには何が必要なんだろう?」

といった事です。

 

googleのAIは、それぞれのサイトや記事が、読者の「問い」に

どれだけ適切に答えているかをみています。

 

ですから、「ユーザー・読者の役に立つ」という事を続けていれ

ばおのずからグーグルの評価は高くなり、上位に表示されるように

なり、結果としてアクセスが集まり、アドセンスで稼げるようになる、

はずです。

 

面倒かもしれませんが、2019年現在、それがもっともアドセンスで

稼ぎやすい正攻法かもしれません。

 

読者・ユーザーにとって有益な記事・サイトを書く(作る)という

事ですね。

 

ですから、

自分が書きたいことを書くのではなく、読者が知りたい、

解決したいことを書く、これが大事になります。

 

そういった意味では、「ワイの日記」では(基本的には)ダメですねwww

 

記事のタイトルにマッチした、適切な内容であれば、多くの読者は

真剣に読みます。きちんと読むと、ブログの滞在時間が長くなります

(すぐに閉じない)。

 

2019年現在、SEO的に「ユーザーのサイト滞在時間」というのは、

かなり評価対象になっているように感じますので、結果としてSEO

対策にもなりますね。

 

アドセンスで稼ぐコツ5―作業量を増やす

これは、

「アドセンスで稼ぐ」

ためには絶対的に必要です。

 

「アドセンスで稼げない」

という方の理由の8割から9割くらいは作業量が足りていない

からだと思われます。

 

僕はアドセンスのみで月収100万円を達成しましたが、その時は、

一日に5~10記事書いていました。

 

グーグル100万

 

 

証拠画像

 

また、トレンドブログ(このブログではありません)だったので、

リアルタイムアクセス(その瞬間のアクセス数)で14831PVとい

った数字になっていました。

14831 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、むやみやたらにやってもダメですが、

やらないと絶対に結果は出ませんし、可能な限り、作業量をこなす

というのがポイントになるのは間違いありません。

 

これはアドセンスで稼ぐために限った事ではないですが、

「量をこなしていると質に転化する」

というのは、何事によらず真実なのではないかと思います。

 

 

アドセンスで稼ぐための具体的な作業量は、

 

●3ヶ月×毎日×1記事以上●

 

理想としてはこれくらいになります。

 

この程度やれば、「ブログのテーマ選定」「キーワード選定」を

間違えなければほぼ結果はでるものと思います。

 

 

アドセンスで稼ぐコツ6―キーワード選定をしっかりする

ブログ記事を書く際に「キーワード」を選定するのは当然です。

 

ユーザーが検索して来るキーワードを先回りして、それに沿って記事を

書いていく手法です。

 

例えば、

「トレンドブログ 書き方」

「トレンドブログ アドセンス」

「トレンドブログ 始め方」

とかですね?

 

これらの「キーワード」が基本的にはユーザーが知りたい事、

解決したい事なので、それに沿って丁寧に記事を書いていく

というのが基本となります。

 

残念ながら、よほどキャラでも立っていない限り、「あなたの

日記」には誰も興味がありません。もちろん、日記としてブログを

使っているのであれば大いに結構ですが、

「アドセンスで稼ぎたい」

という場合は、記事ごとにキーワードをきちんと決めて、そのキーワード

で検索して来る人の気持になり、解決策を示してあげるのが大事です。

 

 

極論を言えば、誰も検索しない記事・キーワードでgoogle1位を

取っても誰もブログを見に来ません。

 

アドセンスで稼ぐコツ7―ブログのテーマ設定を間違えない→検索需要のあるブログテーマにする

そもそも論ですが、トレンドニュースを扱う「トレンドブログ」ではなく、

自分の趣味系のブログであれば、テーマの設定を間違えると、アクセスが

全く集まりません。

 

そのブログやテーマが良い悪いではなく、

アクセスが集まるかどうかという話です。

 

人が集まる例で言えば、

 

「猫のかわいい動画まとめサイト」

「糖質制限レシピ完全版」

「プロ野球を100倍面白く見る方法」

「有名人の学歴まとめサイト」

「便利なクレジットカードはどれ?」

 

こういった内容であれば、やはり需要がありますので、上位表示

されればアクセスは集まり、アドセンスでそれなりに稼げると思います。

 

一方で、

「僕の毎日の日記」

「ビルマにおける仏教の変遷」

「ロシア正教とソボールノスチ」

といったテーマでは、どれだけ内容が優れていても、そもそもの検索

需要がありませんから、アクセスは増えません。

 

 

ですので、

「トレンドブログ(トレンドアフィリエイト)」をやらないのであれば、

「どういったサイト」(特化型サイト)にするのかの制度設計は意外と

大事です。

 

その上で、マインドマップを構築し、キーワードに沿った記事をドンドン

書いていくというのがブログ構築戦略となります。

 

まとめ

以上、

 

アドセンスで稼ぐコツはこの7つ!必要なこと・やるべき事!【2019年版】

 

でした。

 

再度まとめると、

 

アドセンスで稼ぐためのコツ7つとやるべき事は以下のようになります。

1 アクセス・PVを集める→トレンドブログをやる

2 最低1~3ヶ月は我慢

3 アクセスが集まることを書く→「ワイの日記」ではダメ

4 読者の役に立つ→「キーワード」を解決してあげる

5 作業量を増やす→毎日×3ヶ月×1記事以上

6 キーワード選定をしっかりする→検索需要のあるキーワードを選定する

7 ブログのテーマ設定を間違えない→検索需要のあるブログテーマにする

 

 

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ