トレンドブログとは?初心者でもアドセンスで月収100万円稼げる!トレンドアフィリエイト!

トレンドブログとは?トレンドアフィリエイト

「トレンドブログ」とは、今・現在トレンドになっているテーマ(最新

ニュース等)の記事を早く書いて、PVを大量に集め、googleアドセンスを

はじめとした広告費で稼ぐアフィリエイト手法です

 

なぜ「トレンド」を追ってブログ記事にするのかというと、最新ニュース

(トレンド情報)は大量のアクセスを集める可能性があるからです。

 

例えば、「小泉進次郎と滝川クリステルが結婚」というニュースが2019年

8月にありましたが、もし、いちはやくそのトレンド情報を知り、すぐに

ブログ記事に書いて、googleで上位表示されれば大量のアクセスを集める

事ができたはずです。

 

もちろん、そこまで単純ではないので、

小泉進次郎 滝川クリステル 結婚」

というキーワードは、大手メディアのサイトがすぐに上位に表示されます

ので、少し「ずらして」

小泉進次郎 滝川クリステル なれそめ」

といった形で書くのが基本ですが・・・。

 

 

いずれにせよ、トレンドブログとは、いかにはやく、いかに多くの人が

注目しているキーワードでブログの記事を書いて、グーグルで上位表示

させるかがキモとなります。

 

その結果、大量のアクセスが集まると、広告費が発生するというのが

基本の流れです。

 

 

具体的な数字としては、1記事でもバズる(大量アクセスが集まる)と、

それだけで万単位のPV(ページビュー)が集まり、

 

一日に5万~10万PVでアドセンス収益日給1万円~5万円

 

といった事も決して夢物語ではありません。

 

トレンドブログがアフィリエイト初心者でもやりやすい理由は?

トレンドブログはアフィリエイト初心者でもやりやすいと言われて

います。

 

理由は色々ありますが、

 

1 PVさえ集めれば良い(googleアドセンス規約違反記事はダメ)

2 googleアドセンスというクリック課金型広告を使うから

3 アドセンスはコンテンツ連動型広告だから

 

この3点がメインです。

 

多少乱暴な言い方ですが、大枠ではこの三点です。

 

(関連記事)

 

「クリック課金型広告」とは、クリックされただけで収益が発生する広告の

事です。トレンドブログの広告は基本はクリック課金型のgoogleアドセンス

を使う場合がほとんどです。

 

つまり、トレンドブログは「自分で何かを売る」必要がないという事になります。

 

とにかく(許される範囲内の記事内容で)PV・お客さんを集める!

 

やることはこれだけです。

 

それだけに特化すれば良いので、他のアフィリエイト手法に

比べるとはるかに難易度は低いです。

 

また、

アドセンスはブログ記事〔コンテンツ)の内容や、読んでいる

端末利用者の資質(これまでの閲覧ページやら検索結果やら)

までを把握して、それに適した広告を自動で表示します。

 

これを、コンテンツ連動型広告と言います。

 

 

さらに、最初は額は少ないものの、収益がすぐに発生するので、挫折

しづらいというメリットもありますね。

 

 

もちろん、良いことばかりではないですが、上記の点はすべて、

「トレンドブログがアフィリエイト初心者に向いている」

事を示しています。

 

もう一点意外と大事な要素としては、トレンドブログが初心者向けの理由は

「トレンドブログのキーワードは新しい」

からです。

 

基本的に検索ボリュームの大きいキーワードは既に有名サイトや

有名企業が上位を独占しています。

 

例えば、「クレジットカード オススメ」このキーワードで上位表示

されれば、各種クレカのアフィリエイトで大量のお金が稼げるでしょう。

 

ただし、上位表示されるのは至難の業です。既に、作りこまれた有名サイトが

多数あるからです。

 

一方で、上記したトレンドニュースで、

小泉進次郎 滝川クリステル なれそめ」

のキーワードを狙ったとしましょう。

 

この場合、この二人のでき婚のニュースが出る前は、

このキーワードでの記事・サイトはほぼ存在しません。

 

その結果、早く書けば、かなり高確率で上位表示がされる事になります。

つまり、トレンドブログで稼ぐというのは、今既にある市場に参入する

というよりは、今できたばかりの市場にいち早く名乗りを上げるという

イメージです。

 

この点は、初心者に限った話ではありませんが、トレンドブログが稼ぎやすい

一つの重要なポイントです。

 

トレンドブログは2019年、2020年以降も稼げる?

トレンドブログは2019年、2020年以降も稼げます。

 

もちろん色々な条件はありますが、トレンドブログはまだまだ稼げますし、

稼ぎやすいのは間違いありません。

 

なぜなら、日々ニュースはなくならないからですね。

 

僕は、このブログではありませんが2019年3月にトレンドブログの

アドセンス収益だけで月収100万円になりました。

 

グーグル100万

 

 

もちろん、色々と注意する事や細かいテクニック・ノウハウ等はありますが、

いずれにせよ、2019年現在、そして2020年以降も稼げるのは間違いがありません。

 

まとめ

以上、

 

トレンドブログとは?初心者でもアドセンスで月収100万円稼げる!トレンドアフィリエイト!

 

でした。

 

 

「トレンドブログとは何か」をまとめると、

 

●トレンドニュースで記事を書いてブログでPVを集める

●googleアドセンス等のクリック課金型広告で収益を上げる

 

シンプルですが、以上ですね。

 

(関連記事)

 

(推薦教材)

【下克上∞(MUGEN)】~トレンドアフィリエイト教材~

 

 

SEO効果・対策として記事数・更新頻度は大事か?量が質に転化する!

SEO効果・対策として記事数・更新頻度は大事か?

結論から言うと、

 

●ブログの記事数・更新頻度はSEOにかなり影響する

●SEO効果・SEO対策として、記事数を増やし、更新頻度を上げる意味はある

 

と言えます。

 

もちろん、中身がまったくない記事、分量が少ないけど記事数を増やし、

更新頻度を上げるといった、小手先のSEO(とも言えない?)は意味が

ありません。

 

ただし、練りに練った長文記事を1本書くよりは、それなりの内容を備え、

それぞれに関連した記事を5本書く方がSEO効果は高いと思われます。

 

具体的な記事数・更新頻度は、まずは「1ヶ月・毎日更新・30記事以上」

が基本となると思われます。

 

もちろん、ブログが扱うテーマによって競合サイトが違うので一概には

言えませんが、特定の企業サイト等がない、「トレンドブログ(雑記ブログ)」

であれば、「1ヶ月、毎日更新」すると、最低でも30記事以上になります。

 

そうすると、ボチボチ上位に表示されてくるページが現れてくるのでは

ないでしょうか?

 

(関連記事)

 

 

どうもgoogleのAIは

「それなりの記事数があるサイト」

「頻繁に更新されているサイト」

「内容がともなっているサイト」

への評価が高いようです。

 

内容が伴っているサイトにするためのSEO対策・記事の書き方は以下です。

 

グーグルが考える良い記事をたくさん書く四つのポイントとは?

1 検索者の質問・知りたい事に分かりやすく答えるコンテンツ

2 検索者(ユーザー)がしっかり読むコンテンツ(滞在時間)

3 1、2の記事がたくさんあるサイト(ドメイン)

4 オリジナリティーがあるコンテンツ・サイト

 

 

「良い記事」と言ってもやや抽象的ですよね?

ポイントは

「googleが考える良い記事」

「googleが評価するコンテンツ」

これをたくさん書くという事です。

 

では、どういったコンテンツをグーグルは高く評価し、良い記事と考える

のでしょう?

 

1 検索者の質問・知りたい事に分かりやすく答えるコンテンツ

これはいわば究極のSEOです。

 

何しろ、検索者(ユーザー)は何か知りたい事があって検索する

わけです。

 

「新宿 カラオケ」→新宿でカラオケができる所を知りたい

「台風8号 進路」→台風8号の進路がどうなるか知りたい

「SEO 2019」→2019年時点で使えるSEOの手法が知りたい

 

 

ですから、検索キーワードに対して、適切な答えを返してあげる

事ができれば、おそらく掲載順位は上がるはずです。

 

ただ、ここで言う「適切な答え」はグーグルが決めます

 

googleのAIがその記事を「きちんと質問に答えている」

と判断するかどうかが掲載順位を決める一つのポイントで

あるのは間違いないでしょう。

 

では、2019年時点でグーグルはどのような判断でコンテンツを

解析し評価をしているのでしょう?

 

それこそ、グーグルのアルゴリズムには大量の解析要素があるのは

間違いないですが、重視している可能性が高いと言える一つは

「ユーザーの滞在時間」

です。

 

2 検索者(ユーザー)がしっかり読むコンテンツ:滞在時間の長いブログ

googleのアルゴリズムはおそらく

「このサイトは訪れた人が一定の時間滞在した=読むに値する内容が書かれている」

と判断していると思われます。

 

実際、内容が薄ければ「直帰」しますよね?

また、キーワードをアホほど詰め込んでいるだけのページも、いちいち長居は

しないでしょう。

 

ですので、ユーザー(サイト訪問者)がきちんと読む記事、滞在時間がそれなりに

なる記事を書くことは2019年以降のSEOにとって大事だと思われます。

 

ただ、これは「記事が長ければSEOに有利」という事を意味しません

長いだけで読みづらければ読者は帰ってしまいます。

 

ガチガチの学術論文は科学的な厳密性という意味では価値がある事も

ありますが、ほとんどすべてのgoogleユーザーが求めているものは

そこではなく、

 

「知りたい情報が過不足なく書かれている」

 

事ですよね?

 

これです。

 

そうすると、googleに評価される(SEOに強い)記事の具体像が見えてきました。

 

●分かりやすく検索キーワードに答えている

●その結果、それなりの分量(文字数)になっている

●結果としてサイト訪問者の滞在時間が長くなる(直帰率が下がる)

 

おそらく、これが2019年、2020年、それ以降のSEO対策の

基本だと思われます。

 

「分かりやすさ」と「文字数」は基本的には対立するのですが、私見では

「文字数」の方が若干重視されているように感じます。ただし、キーワードと

関係なく無駄に長いとダメなようですね。googleのAIどんだけ賢いのでしょう

か?

 

 

では、そういった記事を書ければSEOに強くなり、掲載順位が上がる?

 

それだけでは無理だと思います。

 

え? まじ?

はい、「それだけ」では上位表示はされないと思います。

 

 

もう一点グーグルがSEO上で評価している(と思われる)のが、

「サイト(ブログ)の信頼性」

です。

 

3 サイトがグーグルに信頼されている(1、2の記事がたくさんあるサイト・ブログ)

つまり、ある一定の「良い記事」の数がそのサイト・ブログにないと、

なかなかSEOで上位表示はされにくいようです。

 

ポット出で1記事、2記事、超気合を入れて記事を書いても、それだけでは

上位表示はされないでしょう。

 

ただし、逆にある程度グーグルが評価するサイト・ブログ・ドメインは、

ちょっと手を抜いて新規記事を書いても、しばらくは上位に表示される

事が多いようです。

 

いずれにせよ、ブログやHPやドメインがグーグルに信頼されるように

なるまでは、SEO上は我慢の時間と言えるかもしれません。

 

 

また、記事数だけでなく、更新頻度も高い方が良いのは間違いありません。

 

ここまで、正攻法・まともなことしか書いてませんね。

 

 

これだけでもそれなりに大変ですが、もう一点あります・・・。

 

4 オリジナリティーがあるコンテンツ・サイト

1 検索者の質問・知りたい事に分かりやすく答えるコンテンツ

2 検索者(ユーザー)がしっかり読むコンテンツ:滞在時間の長いブログ

3 サイトがグーグルに信頼されている(1、2の記事がたくさんあるサイト・ブログ)

 

を踏まえて、これがあれば鬼に金棒というものがあります。

 

それが、「オリジナリティー」です。

 

いかんせん、google上で評価されているサイト(SEOに強い)は

似たり寄ったりになりがちです。

 

ですので、そこに(上記したような)質を担保した上での

「オリジナリティー」

があれば、これはさすがのgoogle様も高く評価してくれるでしょう。

 

それは、文才であっても良いでしょうし、見やすさであっても良いでしょうし、

まとめかたでも良いでしょう、とにかく「このサイトならでは」という部分が

各記事に少しでも入っているとSEO上は強くなりますね。

 

なんか、これ全部できたら、一流作家になれるのではないかと思えてきました・・・。

 

(関連記事)

 

SEOに慣れればアドセンス月収100万円も

僕は、上記の点が全部できていたとはまったく思いませんが、それなりに意識

してそれなりに頑張ってブログを書きまくったら、google様から一時的に評価

され、月収100万円をアドセンスだけで頂けました。

(*このブログではありません)

 

グーグル100万

 

SEOを極めたという事はまったくなく、より正確に言えば、

「SEOに少し慣れた」

程度だと思います。

 

世の中にはもっともっと稼いでいる人がたくさんいますので、そういった

人たちは上記のような事をうまく色々とやっているのでしょう。

ただし、2019年時点では、やっているSEOの基本は同じだと断言できます。

 

 

SEOに関して、さらに詳細を知りたいという方は、

お問い合わせ

よりどうぞ。

 

まとめ

以上、

 

SEO効果・対策として記事数・更新頻度は大事か?

 

でした。

 

まとめると、

 

●ブログの記事数・更新頻度はSEOに効果あり

●「googleに好かれる記事」をたくさん書く

 

という非常にシンプルな結論になりますね・・・。

 

(ある程度頭を使ってという前提ですが)何事によらず、

量をこなしていると、どこかのタイミングで質に転化する事が

あります。googleのアルゴリズムにも似たような所があるのでしょうか?

 

(関連記事)

 

SEOで検索順位が決まる仕組みで大事なポイント3つとは?リンク・コンテンツ・サイト設計、そしてEAT

fermeer

SEO(search engine optimization)とは、検索エンジン最適化。

要するにグーグルで少しでも上位に表示してもらうための各種技術

の事です。

 

この記事では、

「SEOで検索順位が決まる仕組み」

に迫るわけですが、当たり前のようですが、結論から言うと、

 

googleでの検索順位決定の仕組みは100%完全には分かりません。

 

googleのアルゴリズム(検索順位決定のメカニズム)は日々変動し

ますし、数年に一度は大きく変動します。

 

なお、この記事は2019年時点から2020年以降のSEO対策の基本

書いていく事になります、極めて正攻法のノウハウなので、おそらく

今後5年~10年経っても基本的には変わらない(役に立つ)のでは

ないかと思われます。

 

それに、もし、「googleで絶対確実に上位表示させる方法」を

内部の人間以外が完璧に分かるならその人は年俸10億円のNBA選手

並に価値が高い人材になるでしょう。

 

とはいえ、

100%完全には分からないものの、

「どうもこの辺の事がSEO的には大事なポイントのようだぞ」

という事はほぼ分かっています。

 

つまり、SEOをする上である程度効率的にやるために重要な事、

抜かしては絶対いけない事、それを大きく3つ、この記事では紹介

したいと思います。

 

逆に言うと、それ以外の事は、SEO上あまり効果がないから貴重な

時間を使って無理にやらなくても良いのではないかとすら思います。

 

  

 

 

SEOで検索順位が決まる仕組みとは?リンク・コンテンツ・サイト設計

1 コンテンツ(記事)の内容

2 リンク:内部リンク・外部リンク・被リンク

3 サイトの設計

 

 

この3つですね。

この3つがうまく絡まるとSEO上、高く評価され、グーグルで上位表示

される可能性が高いという事は間違いなく言えるかと思います。

 

一つずつ検証していきます。

 

1 コンテンツ(記事)の内容

言ってしまえばせんなき事ですが、

 

コンテンツ is King

 

です。

 

どれだけリンクを張ろうが、どれだけキーワードを埋め込もうが、

「優れたコンテンツ(記事)をたくさん書く」

これに優るSEOは2019年現在ありません。

 

googleがきわめてまっとうになっていると言えるかもしれませんね。

 

 

「優れた記事」と言ってもやや抽象的ですよね?

ポイントは

「googleが考える良い記事」

「googleが評価するコンテンツ」

これをたくさん書くという事です。

 

では、どういったコンテンツをグーグルは高く評価し、良い記事と考える

のでしょう?

 

検索者の質問・知りたい事に分かりやすく答えるコンテンツ

 

これはいわば究極のSEOです。

 

何しろ、検索者(ユーザー)は何か知りたい事があって検索する

わけです。

 

「新宿 カラオケ」→新宿でカラオケができる所を知りたい

「台風8号 進路」→台風8号の進路がどうなるか知りたい

「SEO 2019」→2019年時点で使えるSEOの手法が知りたい

 

 

ですから、検索キーワードに対して、適切な答えを返してあげる

事ができれば、おそらく掲載順位は上がるはずです。

 

ただ、ここで言う「適切な答え」はグーグルが決めます

 

それ以外にも「googleが考える良い記事」の要素はありますが、

それは下記関連記事をどうぞ。

 

(関連記事)

  

 

2 リンク:内部リンク・外部リンク・被リンク

次は「リンク」です。

 

リンクには以下の3種類があります。

 

●内部リンク(自分のサイト内でリンクを相互に張る)

●外部リンク(外部サイトへのリンクを張る)

●被リンク(誰かに自分のサイトへのリンクを張ってもらう)

 

SEO上大事なのは被リンクです。

 

 

グーグルのアルゴリズムでは「リンクされる」(被リンク)という

事を高く評価するようです。

 

 

「SEOとリンク」は切っても切り離せません。

つい数年前(2012年~2016年頃)は、「被リンク用のページ」を大量に作って

無理やり上位表示させる技術(SEO)が一世を風靡しました。

 

が、当然ですが、それらの「被リンク」は自作自演であり、買われた物であり、

なんら「そのページの信頼性」を担保しませんよね?

 

その結果、

2019年現在のSEOでは、「リンクの数」はまだ評価されるようですが、より

大事なのは「リンクの質」になっていますね。

 

つまり、「どういったページからリンクされているか」までをgoogleのAIは

見ているようです。

 

だから、「2019年現在、リンクを買っても掲載順位はあがらない可能性が高い」

と考えた方が良いでしょう。

 

ただし、googleが評価するサイトからのリンクはたとえ1本であっても

とても貴重なものだと言えます。

 

SEOのためには、本当の意味での被リンクの獲得を目指しましょう。

 

 

もちろん自然発生的なリンクはSEOでも高く評価されるでしょうし、SNSからの

流入も大事になってきていると思われます。

 

特に2019年以降、SNSから自然に張られた被リンクはおそらくSEO上とても

価値が高くなると思われます。

 

3 サイトの設計:ブログ、HP

一口にウェブサイトと言っても色々とあるわけですが、商売的にSEOを

考えた場合、色々な意味で、サイトは、独自ドメインのブログかHPが

必要になります。

 

無料ブログでは(場合によって上位表示される事もゼロではないですが)、

基本的にSEOを頑張ってもあまり意味はないと思います。

 

独自ドメインのサイト(ブログでもHPでも可)をwordpressで作る

これが基本です。

 

SEOで順位を上げるにはコンテンツ・リンク・サイト設計→E-A-Tのサイト!

2018年くらいから、SEOにおいては、E-A-Tが大事と言われています。

 

SEOにおけるE-A-Tとは

Expertiseー専門性

Authoritativenessー権威性

Trustworthinessー信頼性

 

この3つの頭文字です。

 

SEO対策がうまくいくという事は、googleが求めているものを提供している

という事です。

 

2018年、2019年、2020年以降、googleがそれぞれのウェブサイトに求めて

いるもの(SEO上高く評価するもの)は上記のE-A-Tです。

 

つまり、そのサイトが

「専門的」で「権威」があって「信頼」されている事をgoogleに

示すことができればSEOで検索順位が決まる際に上位表示される

可能性が高くなります。

 

 

とすると、この記事で、最初に書いたように、

 

●(googleが考える)優れたコンテンツを書く

●(その結果)被リンクが増える

●それを(ブログでもHPでも良いので)独自ドメインのサイトで運営する

 

これを続けると、結果としてそのサイトが「E-A-T」であると

グーグル様には認識してもらえるようになるのではないでしょうか?

 

なお、「googleが考える優れたコンテンツ」については、下記

関連記事をどうぞ。

 

(関連記事)

  

 

SEOに慣れればアドセンス月収100万円も

僕は、上記の点が全部できていたとはまったく思いませんが、それなりに意識

してそれなりに頑張ってブログを書きまくったら、google様から一時的に評価

され、月収100万円をアドセンスだけで頂けました。

(*このブログではありません)

 

グーグル100万

 

SEOを極めたという事はまったくなく、より正確に言えば、

「SEOに少し慣れた」

程度だと思います。

 

世の中にはもっともっと稼いでいる人がたくさんいますので、そういった

人たちは上記のような事をうまく色々とやっているのでしょう。

ただし、2019年時点では、やっているSEOの基本は同じだと断言できます。

 

 

SEOに関して、さらに詳細を知りたいという方は、

お問い合わせ

よりどうぞ。

 

まとめ

以上、

 

SEOで検索順位が決まる仕組みで大事なポイント3つとは?リンク・コンテンツ・サイト設計、そしてEAT

 

でした。

 

極めてまっとうな手法を書いてきましたが、(おそらくは良い傾向として)

2019年以降、SEO=まっとうな手法というのがより浸透していくでしょう。

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ