メルカリで転売OKな方法とは?違反でもなく・規制も大丈夫!

rp_ogp.png

メルカリで転売OKな方法とは?違反でもなく・規制も大丈夫!

 

メルカリはヤフオクを追い抜いてフリマアプリNo1になっています

(2019年9月時点)。

 

そんなメルカリを転売の仕入先にしようとするのは当然ですね?

 

(関連記事)

 

メルカリで仕入れて転売はOK!違反でもない!規制もない!

根本的な問題として、

 

メルカリで商品を仕入れて転売する事は全く問題ありません。

規約違反でもなく、規制も(基本的には)ありません。

 

メルカリの質問欄、【メルカリボックス】にそのものずばり、

 

「転売は違反なんですか?」

 

という質問があり、そのトップの答えは

 

「ダメではありません。「転売禁止!」は、その方のマイルールで

メルカリ規約違反行為にはなりません。メルカリルールで前出品者様

の負担した手数料・送料分の上乗せで転売するなら認められています。」

 

とあります。出典:https://www.mercari.com/jp/box/qf3d1f28710038399/

 

 

ただし、露骨に「転売目的」でメルカリから仕入れて、それをメルカリで

バンバン売っていれば、やはり良い気持はしない人が多くなります。

 

ですので、少しずらすほうが良いでしょう。

 

メルカリ仕入れ→amazonやヤフオクで転売!

メルカリ仕入れ→amazonやヤフオクで転売!

 

この方法が王道かと思います。

 

これでしたら、文句もほぼつかないでしょうし、つけようも

ないでしょう。

 

●転売の仕入先をメルカリにする

●転売の売り先をamazonやヤフオクにする

 

これが、

「メルカリで転売OKな方法とは?違反でもなく・規制も大丈夫!」

を実現する現実的な形かと思われます。

 

 

メルカリで転売の仕入れをするメリット4つ

1 即決で買える;すぐに仕入れが出来る

2 コメント欄から値下げ交渉がしやすい

3 相場より安く買える事がよくある(初心者が多い)

4 手数料・月額費用があまりかからない

 

1 即決で買える;すぐに仕入れが出来る

メルカリには、当然多くの商品が出品されているわけですが、

ヤフオクとの違いとして、

 

●オークションタイプではなく、買い切り・即決価格

 

という点があります。

 

もちろんヤフオクにも即決の物はありますが、メルカリはハッキリと

その傾向が強いです。

 

メルカリをせどり・転売の仕入れ場所と考えた場合、

 

●即決ですぐにメルカリから仕入れできる●

 

というのは大きなメリットでしょう。

 

2 コメント欄から値下げ交渉がしやすい

メルカリの場合、コメント欄から簡単に値下げ交渉ができます。

 

もちろんヤフオクでもできますが、メルカリの場合、

「値下げ交渉をするのが基本的な文化」

となっている感があります。

 

交渉すると相手の人となりも何となく分かるので、やってみるの

も経験として良いと思います。

 

3 相場より安く買える事がよくある

ヤフオクの場合、多くの業者がいますが(僕もそうですが・・・)、

(2018年現在は)どちらかというと、

 

メルカリは若い世代の不用品処分の場

 

として使われることが多いようです。

 

その結果、

 

時に相場よりもはるかに安い値段

 

で買える事があります。

 

いわゆる「初心者」が多いので、しばしば「相場」を逸脱した

安さで商品を仕入れられる事があります。

 

これは、一つには、「出品が簡単だから」という点があります。

出品が簡単なので、いちいち商品の相場を確認しないで売りに

出す人が結構います(2019年9月現在)。

 

つまり、「メルカリはせどりの仕入先として甘い・ゆるい」と

いう事ですね。

 

4 手数料・月額費用があまりかからない

ヤフオクの場合、出品するためには、プレミアム会員費が月額

でかかりますが、

 

メルカリはアカウントを持つだけなら月額費用がかかりません

 

購入の場合の手数料は、クレジットカードなら0円です。

クレジットカード以外で決済すると100円です。

 

出品する場合、販売手数料10%です。

(ヤフオクは8%位なので、そこはちょっと高いですね)

 

メルカリで転売の仕入れをするデメリット4つ

1 「個人」には色々な人がいる・・・

2 商品の質も千差万別

3 使えるクレジットカードが限られている

4 「検索」しにくい

 

1 「個人」には色々な人がいる・・・

ヤフオクやamazonマーケットプレイスは、多くの業者がいて、

仕入れに使用した場合、ほとんど問題がなく商品を手にする事

ができます。

 

僕も電脳せどりで、ヤフオクやamazonを使いますが、

日本の業者は質が高いな~といつも思っています。

 

が、メルカリは、現段階では、個人(特に若い人)が出品して

いる事が多いので、問題のある人も一定の割合でいるように

感じます。

 

なかなか発送しなかったり、説明と違っていたり、そもそも

ほとんど説明がなかったりといった事があります。

 

とはいえ、経験上、大多数の出品者はきちんとした対応をし

てくれます。

 

2 商品の質も千差万別

出品者の質に問題があれば、当然商品の質も千差万別です。

 

本などのメディア系のものであれば、まだ致命的ではないか

もしれませんが、家電などの機械系の場合、「故障」があった

ら、商品として成りたたないといった事もありえます。

 

そういった意味では、メルカリで仕入れをする場合、

 

●出品者を細かくチェック

●商品説明を細かくチェック

 

この二点が必須かもしれません。

 

3 使えるクレジットカードが限られている

これはゆくゆくは是正されていくと思いますが、現段階では、

 

メルカリで使えるクレジットカードはVISAとMASTERカードのみ

 

です。

 

(例外として、セゾンが発行したJCBとアメックスは使用可能です)

 

多くの方は、VISAかMASTERカードだと思いますが、メルカリの仕入れには、

クレジットカードが何でも使えるわけではないということは頭に入れておいた

方がいいかもしれません。

 

4 検索しにくい

メルカリの場合「検索」がしにくいです。

 

いわゆる本であればISBN、それ以外の商品ではジャンコードなど、

バーコードや型番の数字で商品が一発で分かるようにはメルカリは

なっていません。

 

ですので、コメントを注意して読まないと、それが本当にお目当ての

商品なのか分からない事がままあります。

 

メルカリで転売の仕入れをする際のコツはフリマアラート!

既に書いたように、メルカリは、若い人を中心に、個人(業者ではない)が

時に相場よりも安く商品を出品してきます。

 

ですので、タイミングがあうと、ねらった商品を安く仕入れる事が

可能になります。

 

さらに言えば、「タイミングを合わせる」事で、積極的に転売の仕入れに

メルカリを使うことができるようになります。

 

そのためには、

「フリマアラート」というツールを使って、狙っている商品が

出品されたら、自動で通知が来るようにしましょう。

「フリマアラート」の画像検索結果

フリマアラートの画像(出典:http://ponkichi01.com/archives/13256

 

「フリマアラート」に予めキーワードを登録しておくと、メルカリやヤフオク

などで、その商品が出品されたら自動でアラート(通知)が来ます。

 

凄く便利です。

 

メルカリだけでなく、多くのオークションサイトを横断して検索

してくれます。

 

●メルカリ

●ヤフオク(フリマモードのみ)

●モバオク

●フリル

●ラクマ

●オタマート

 

これらのサイトをすべて検索してくれます。

 

●複数サイトを横断して検察

●特定出品者の商品を通知

●検索キーワードの商品が出品されたら即通知

 

 

メルカリでせどり仕入れをする場合は、フリマアラート等のアラート

(通知)機能のあるアプリを使うのが基本となります。

 

まとめ

以上、

 

メルカリで転売OKな方法とは?違反でもなく・規制も大丈夫!

 

でした。

 

再度まとめると、

 

そもそも、メルカリはフリマアプリなので、転売に使えます。

違反でもなく、規制もありません。

 

ブログ集客のコツは3つ!いや1つだけ!要するにSEO!一日で16万円!年収5840万円?!2019年~2020年

14831 (3)

ブログ集客に成功すると1日16万円!年収5840万円!?

ブログを運営していると、「集客」について悩む人がほとんどだと

思います。

 

僕もブログ運営を何年か続けて、ようやく「ブログ集客」の全体像が

分かってきました。すると、結果が出て、

リアルタイムPVで14831、一日のアクセス・PVで55万218

となり、当然、収益にもつながりました。

 

この記事では、

「ブログ集客のコツ→PV・アクセスを伸ばす」

ための思考法をまとめていきます。

 

一応執筆者にはその資格があることの証左として数字を挙げておきます。

 

14831 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

55manpv

 

 

 

 

 

 

 

上が、瞬間のPV・アクセス/ 下が一日のPV・アクセス

 

上記は、僕が運営しているトレンドブログのPV・アクセス数です。

(このブログではありません)

2019年9月19日の数字ですね。

 

 

僕は個人でブログをやっていますので、自画自賛するようですが、

リアルタイムPVで14831、一日のアクセス・PVで55万218

というのは、なかなかの「ブログ集客」だと思います。

外注も一切使っていません。

 

 

ちなみに、一日55万PVの日の、そのサイトの収益は、

 

クリック課金系広告費:13万円程度

物販アフィリエイト:3万円程度

 

で、一日で約16万円の売上(利益)でした。

毎日がこれだと年収5840万円という事になります。

(残念ながら今の所毎日このPVにはならないわけですが・・・)

 

夢がありますね。

 

上記の数字は、このサイトのように「ネットビジネス」「副業」

「せどり」「アフィリエイト」といった特化型ブログではなく、

いわゆる、「トレンドブログ」のPVです。

 

興味のある方は関連記事をお読みください。

 

 

「ブログ集客」の実績もなく書いているわけではない事が分かって

頂けたら、さっそく具体的な話に入っていきたいと思います。

 

ブログ集客のコツは3つだけ

先に結論を書くと、

ブログ集客のコツは3つだけ

です。

 

究極的には一つだけと言えます。

 

 

他の事はこの3つを理解して、実践できるようになってから

考えましょう。「他の事」とは例えば、

 

・twitter集客

・facebook集客

・instagram集客

→SNS集客

・youtube集客

・メルマガ集客

 

といった方法です。もちろん、それぞれに有効ですが、大事なのは

根本的なブログ集客はSEOだという理解です。

 

ブログ集客のコツ3つ!

 

SEOの大枠を理解する

   ↓

SEOで大切な事を理解する

   ↓

SEOを実行する

 

この3点です。

 

さらに書いておくと、

 

●コンテンツSEO 8割

●SEO内部対策 1割5分

●SEO外部対策 5分

 

くらいの配分となります。

 

 

 

それぞれの点について、以下で具体的に書いていきます。

 

SEO?という方は先にこちらの記事をお読みください。

 

 

 

ブログ集客のコツ1―SEOの大枠を理解する

SEO(search engine optimization)とは、検索エンジン最適化。

要するにグーグルで少しでも上位に表示してもらうための各種技術

の事です。

 

Googleが考えていることは、検索ユーザーにとっての良質な

体験(検索結果の提供)ですから、グーグルの考える良い記事

やグーグルが考える訪問者に優しいサイト(設計)は、結局は

ユーザー(読者)にとって使いやすいサイトという事になります。

 

そのための色々な手段・対策・施策をSEOというわけですね。

 

 

ブログ集客と言えばSEOです。

 

ですが、それだけでは「大枠」すぎて、多くの初心者は、

「何からやれば良いのか分からない」

「言われた事を全部やっていたら頭がこんがらがる」

といった状況になりがちです。その通りだと思います。

 

順番としては、

 

SEOの大枠を理解する

   ↓

SEOで大切な事を理解する

   ↓

SEOを実行する

 

でしたね?

 

ここでは、まずは「SEOの大枠」についてまとめていきます。

 

seooowaku (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEOの大枠(画像出典:副業コンパス)

 

上記がやるべきSEOの全てです。

 

・(googleが考える)優れたコンテンツを書いて(コンテンツSEO)

・googleが訪問しやすくサイトを設計して(SEO内部対策)

・googleが「このサイト人気あるな」と思えるように頑張る(SEO外部対策)

 

これがSEOの大枠です。

 

これ以外の事はやる必要がないです。

 

残念ながら、ブログで集客して稼ごうという場合、googleのご機嫌を

伺うのが仕事の9割以上となります・・・。

 

ブログ集客のコツ2―SEOで大切なことを理解する

ブログにSEOを施していく上で、大切な事は、上記した

 

3つのコツの重要度は均等ではない

 

という点です。

 

具体的には、

 

●コンテンツSEO 8割

●SEO内部対策 1割5分

●SEO外部対策 5分

 

くらいです。

 

ですから、

 

【ブログ集客=SEO対策=(googleが考える)優れたコンテンツ作り】

 

です。

 

最初のうちは、これだけに特化してブログを作っていって

良いと思います。

 

コンテンツSEO―重要度全体の80%

 それぞれの記事(コンテンツ)やサイトにSEO対策をするという

のはどういう事なのか?

 

●グーグルが考える良い記事を(たくさん)書く●

 

 という事です。

 

googleが考える良い記事・良いブログとは、

 

1 検索者の質問・知りたい事に分かりやすく答えるコンテンツ

2 検索者(ユーザー)がしっかり読むコンテンツ(滞在時間)

3 1、2の記事がたくさんあるサイト(ドメイン)

4 オリジナリティーがあるコンテンツ・サイト

 

です。

 

詳細は下記記事をお読みください。

 

(関連記事)

 

Googleが考えていることは、検索ユーザーにとっての良質な

体験(検索結果の提供)ですから、グーグルの考える良い記事

やグーグルが考える訪問者に優しいサイト(設計)は、結局は

ユーザー(読者)にとって使いやすいサイトという事になります。

 

そのための色々な手段・対策・施策をSEOというわけですね。

 

 

googleのユーザーは「何かを知りたい」「何かを解決したい」から

検索をするわけです。

 

その「何か」が「キーワード」になります。

 

それに対して、適切な答えを返しているかをグーグルはみています。

適切な答えを返していれば、結果として、読者・ユーザーの滞在時間

は長くなります。

 

そういった記事が積み重なると、だんだんとgoogleにそのブログが

評価され、狙ったキーワードで上位表示されるようになっていきます。

 

 

「コンテンツSEO」の基本の流れは上記の通りです。

 

 

コンテンツSEOとは、決して、「狙ったキーワードを大量に記事に入れ込む」

といった事ではありません。ただし、【キーワード】の数を適切に増やす事に

SEO効果はありますが・・・。

 

(関連記事)

 

SEO内部対策―重要度全体の15%

seooowaku (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEOの大枠(画像出典:副業コンパス)

 

 

SEOの内部対策とはGoogleが考える「良いサイト」

にしていく事です。

 

・どういった記事の書き方をするか

・サイトの具体的な設計をどうするか?

 

上が基本。下がテクニカルなSEO内部対策です。

 

SEO内部対策は、SEO外部対策とは違い、ほぼすべて

自分でできる事です。

 

その分、できる事は実質的に無限にあります。

優先順位をつけてSEO内部対策として大事なことからやっていく

べきでしょう。

 

 

テクニカルなSEO内部対策はもちろんあるのですが、

最も基本的で最重要のSEO内部対策は、

 

Googleが考える「良い記事」をたくさん書く

 

です。

 

究極のSEO内部対策です。

 

グーグルに高く評価してもらうためには、

 

・記事の質が高いこと(質が高いかどうかはグーグルが決めます)

・良質の記事の量・数が多いこと(サイト全体が評価されます)

 

これが大事です。むしろこれだけで良いです。

 

どんな記事をGoogleが高く評価するのかを把握し、それに沿って

たくさんの記事を書く、これがSEO内部対策の基本中の基本

なります。

 

そういった意味では、SEO内部対策の最も大事な部分は、コンテンツSEO

と同じです。

 

 

重要度は落ちますが、【テクニカルなSEO内部対策】も多数あります。

以下です。

 

 

テクニカルなSEOの内部対策としてやるべき10の事

 

1 サイトの表示速度は速くする(遅いとSEO上よくない)

2 文章の構造をシンプルにする(見出しの使い方)

3 サイトマップを送信する

4 パンくずリストを設定する

5 h1タグにはキーワードを入れる

6 リンク切れは避ける・なおす

7 URLを正規化する

8 グローバルナビはテキストにする

9 2クリックでサイト内全ページにいけるようにする

10 タグの配置を正しくする

 

 

詳細は下記関連記事をどうぞ。

 

(関連記事)

 

 

まあ、SEO内部対策も、googleのご機嫌を伺うという意味では、

他の点と同じですね。

 

SEO外部対策―重要度全体の5%

seooowaku (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEOの大枠(画像出典:副業コンパス)

 

SEO外部対策とは他のサイトからリンクをもらうことです。

他のサイトからリンクしてもらう事を「被リンク」と言います

 

なぜ、SEO外部対策(被リンク)が重要かと言うと、Googleが

検索結果・順位を決める際に、被リンクの数(と質)を重視して

いる(いた)からです。

 

ブログ・HPでも良いですし、twitterやfacebook、インスタ等のSNS

でも構いません。最近(2018年以降くらい?)のGoogleはSNSからの

流入をSEO上高く評価しているようなので、SNS対策というのも立派な

SEO外部対策と言えるかもしれません。

(ここでは、SNSも含めて、被リンクとしています)

 

いずれにせよ、誰かの自発的な自サイトへのリンクがSEO外部対策です。

ですから、SEO外部対策は、他者依存です。

 

 

「被リンク数=SEO対策・効果あり」

となると当然悪い事を考える人がいて、

「被リンクの自作自演や被リンクの購入」

といったSEO外部対策をしました。

 

以前はこの手法で検索結果の上位に表示される

事もままありましたが、被リンクの自作自演は2019年現在、そして

2020年以降は、逆にGoogleにペナルティーを科されてしまいます。

 

Googleのペナルティーとは、ブログの記事を検索の圏外に飛ばされ

て、グーグル上に存在しなくさせられたりします。

 

ですから、究極的な事を言うと、2019年、2020年、

そして今後のSEO外部対策(被リンク獲得)としては、するべき事は

他の人がシェアしたくなる、リンクを貼りたくなる記事を書くしかない

とも言えます。

 

変に手練手管をろうするよりは、そこ(良質の記事を書く)に神経を集中

させる方が効率がよさそうです。

 

(関連記事)

 

ブログ集客のコツ3―SEOを実行する

ここまでの話をまとめると、

 

【ブログ集客=SEO対策=(googleが考える)優れたコンテンツ作り】

 

でした。

 

ですので、「SEOの大枠を理解」し「SEOで大切な事を理解」したら、

SEOを実行する事です。

 

当たり前と思われるかもしれませんが、これができない

人がかなり多いです。

 

理由は単純で、続かないからです。

 

続かない理由は、SEOはすぐには効果が出ないからです。

 

具体的には、

 

●3ヶ月×毎日1記事以上×計100記事以上●

 

これくらいは「SEOを実行する」必要があります。

 

これが、最低の数字になりますので、なかなかできることでは

ありません・・・。

 

しかも、スカスカの記事ではもちろんだめで、既に何度も書いてきた

ように、「googleに評価される記事」を積み上げなければなりません。

 

1本だけ優れた記事を書いても、それは残念ながら【ブログ集客】には

つながりません。それを100本続けると、ようやく上位表示されるように

なってきます。

 

ですから、「SEOを実行する」というのは、立派な【ブログ集客のコツ】

になります。

 

(関連記事)

 

まとめ

以上、

 

ブログ集客のコツは3つ!いや1つだけ!要するにSEO!一日で16万円!年収5840万円?!

 

でした。

 

再度まとめると、

 

ブログ集客のコツ3つ!

 

SEOの大枠を理解する

   ↓

SEOで大切な事を理解する

   ↓

SEOを実行する

 

この3点です。

 

●コンテンツSEO 8割

●SEO内部対策 1割5分

●SEO外部対策 5分

 

くらいの配分となります。

 

ですので、究極的には

 

【ブログ集客=SEO対策=(googleが考える)優れたコンテンツ作り】

 

この一点の継続にあるといえます。

 

Googleが考えていることは、検索ユーザーにとっての良質な

体験(検索結果の提供)ですから、グーグルの考える良い記事

やグーグルが考える訪問者に優しいサイト(設計)は、結局は

ユーザー(読者)にとって使いやすいサイトという事になります。

 

そのための色々な手段・対策・施策をSEOというわけですね。

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ