WordPressオススメ有料テーマ(テンプレート)ベスト3!SEOに強い!【2019年】ワードプレス

14831 (3)

WordPress(ワードプレス)のテーマ(テンプレート)は無料・有料

問わず、大量に存在します。

 

「wordpress有料テーマオススメ30選」

とか書かれても、使うのは基本的には一つのテーマなので、そんなに

いらないですよね?

 

という事で、この記事では、

 

・アフィリエイト等で稼ぐ前提

・SEOに強い

・機能性

・価格

 

このあたりを考慮して、

「WordPressオススメ有料テーマ(テンプレート)ベスト3!SEOに強い!【2019年】」

として、比較しながらまとめてみました。

 

参考になれば何よりです。

 

14831 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(関連記事)

 

なぜWordPress(ワードプレス)のテーマで「無料」ではなく「有料」を選ぶのか?

WordPress(ワードプレス)のテーマ(テンプレート)を選ぶ際に

大事なのは、大枠では

 

●デザイン性

●SEO(検索エンジン対策)の強さ

●使いやすさ・操作性

 

の3つでしょう。

 

もし、無料で3要素を兼ね備えたWordPress(ワードプレス)の

テーマ(テンプレ)があるのなら、それをほとんどの人が使用

すると思われますが、実際にはそうはなっていません。

 

【デザイン性】については、主観の要素も入りますのでなんとも

いえません。また、【使いやすさ・操作性】も、慣れればどれでも

大差はないでしょう。結論を言うと、

 

SEOの強さ

 

で有料テーマに軍配があがるために多くの人がWordPress(ワードプレス)

を利用する際に「無料」ではなく、「有料」テーマを使っていると思われ

ます。

 

ですので、言い方を変えると、WordPress(ワードプレス)のテーマは、

「SEOにこだわらなければ、無料テーマでなんら問題はない」

と言えそうです。

 

逆に、WordPress(ワードプレス)を使ってブログやサイトを作り、

アフィリエイト等で収益化したいと考えるのなら、SEOでの上位表示は

必須です

 

(関連記事)

 

そういった場合は、最初からWordPress(ワードプレス)のテーマは

有料の実績があるもの(正直、【賢威】   が圧倒的なので、他のものは

考えなくても良い気もしますが・・・)を選ぶ事を強くオススメします。

 

 

WordPress(ワードプレス)のテーマで有料のものを選ぶ理由は、

 

1 SEOに強い―70%

2 機能面で有料の方が充実してる―10%

3 有料のテーマの多くにはサポートがある―10%

4 レスポンシブWebデザインに対応(しているものがほとんど)―10%

 

となります。

 

「レスポンシブWebデザイン」とは、「スマホでの表示」に

最適化されているかどうかという事です。

 

2019年10月現在、スマホサイトに最適化されていないページは

SEOでもかなり不利ですし、そもそも使いづらいです。

 

ジャンルによりますが、トレンドブログなどでは90%がスマホから

のアクセスという場合もあります。

 

つまり、「レスポンシブWebデザイン」に対応していない

WordPress(ワードプレス)のテーマは使い物になりません。

 

有料テーマの場合、ほぼ全て対応していると思いますが、無料の

場合、ものによっては対応していません。

 

繰り返しになりますが、

「自分のブログ・サイトが上位表示されなくても良い・SEO無視して良い」

という場合は、WordPress(ワードプレス)のテーマをわざわざ有料のもの

にする必要はなく、無料のもので問題ありません。

 

WordPress(ワードプレス)オススメ有料テーマベスト3!

1位 賢威:有料wordpressテーマの王様!SEOに圧倒的に強い

 

 

賢威の総合評価    100点

 

SEOの強さ     ★★★★★(★5つ中)

デザイン性     ★★★★★(★5つ中)

使いやすさ・操作性 ★★★★★(★5つ中)

サポート      ★★★★★(★5つ中)

価格        24800円(税込み)

レスポンシブWebデザイン ○(対応)

AMP ×

複数サイトで使える ○(対応)

 

 

率直に言ってしまうと、WordPress(ワードプレス)の有料テーマを

買うのであれば、【賢威】で良いと思います。

 

強いて言えば、値段・価格が他の有料テーマや、【無料】のテーマに

比べるとちょっとという事でしょうか。

 

あとは、これは主観ですが、

「賢威はデザインが少々・・・」

という方が以前は結構いましたね。

 

2019年5月に「賢威8」が出て、デザイン面もだいぶ改善された

ように個人的には思います。

 

 

特徴としては、

 

・SEOに圧倒的に強いです

・サポートが充実しています

・多数の使用実績があるので、ネットで使い方がすぐ分かります

・1ライセンスでいくつでもサイト(ブログ)に使用できます

「レスポンシブWebデザイン」に対応

 

【賢威】はSEO業界で有名な、松尾茂起さんという方が代表を務める、

京都のWebマーケティングチーム「ウェブライダー」が開発している

WordPress(ワードプレス)の有料テーマです。

 

2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】  

 

25000人以上の人が使っていると言われていますが、理由はシンプルで、

 

賢威はSEOに強い

 

からです。

 

僕のサイトはすべて「賢威」で作っています。

「賢威」がどれくらいSEOに強いかを自分のサイトで証拠を

出します。

 

14831 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

55manpv

 

 

 

 

 

 

 

上が、瞬間(リアルタイム)のPV・アクセス/ 下が一日のPV・アクセス

 

上記は、僕が運営しているトレンドブログのPV・アクセス数です。

(このブログではありません)

2019年9月19日の数字ですね。

 

僕は個人でブログをやっていますので、自画自賛するようですが、

リアルタイムPVで14831、一日のアクセス・PVで55万218

というのは、なかなかの「ブログ集客」だと思います。

外注も一切使っていません。すべて無料のブログ集客です。

つまりSEOです。

 

ちなみに、一日55万PVの日の、そのサイトの収益は、

 

クリック課金系広告費:13万円程度

物販アフィリエイト:3万円程度

 

で、一日で約16万円の売上(利益)でした。

毎日がこれだと年収5840万円という事になります。

(残念ながら今の所毎日このPVにはならないわけですが・・・)

 

もちろん上記のサイトもwordpressのテーマ、テンプレートは

賢威です。

 

SEOに強いwordpressテーマ・テンプレートは存在します。

有料のテンプレートを使うのであれば「賢威」以外は考えなくて

良いと思います。

 

 

賢威は色々なデザインが選べます

御自身のサイトにあったものを選べば良いと思います。

1アカウントあれば、複数サイトで違うデザインのものを利用できます。

 

 

ただし、サイト・ブログによっては「デザイン重視」という方も

いるでしょう。以前(2019年5月の賢威8リリースより前)は、

「賢威のデザインがどうしても・・・」

という女性の方も確かにいました。

 

そういった場合は、他のデザイン性のより高いテーマを選ぶ方が

満足度は高いと思います。

 

デザインによってSEOの強さが違うという事はおそらくない

と思います。

 

 

また、賢威には「購入者専用」のサポートページ(賢威サポートフォーラム)

があり、開発者の松尾茂起さんという方が代表を務める、京都のWebマーケテ

ィングチーム「ウェブライダー」の方が直接質問に答えてくれます。

 

つまりプロのサポートが受けられます。

 

僕も何度か質問した事がありますが、誠実・丁寧に答えてくれます。

 

賢威は非常に多くの方が使っているので、ググればたいがいの事

は解決しますが、それでも分からないというような場合にプロの

サポートはとてもありがたいです。

 

もう一点は、1ライセンスでいくつでもブログ(サイト)に利用

できるので、その点も親切です。

 

バージョンアップも全て無料ですので、常に最新のものを使えます

 

 

操作性・使いやすさは、正直「慣れ」という部分も大きいので、なんとも

いえませんが、個人的にはとても使いやすいです。

無料ブログで使っていたアメブロ、FC2等に比べて、やはり有料テーマなの

で、機能も充実しています。

 

なお、2019年5月に最新の「賢威8」がリリースされ、これまで以上に

初心者にも優しいwordpressテーマになっています。

(もちろん以前の購入者も無料で賢威8が利用できます)

 

 

強いて難点をあげるとすると、「24800円」(2019年10月時点)と

いう価格でしょうか?

 

既に書いたように、SEOを重視しないのであれば

WordPress(ワードプレス)のテーマは無料のもので構わない

です。

 

ブログ・サイトからアフィリエイト等で収益を上げたい場合は、

SEOに強いWordPress(ワードプレス)のテーマ(テンプレート)

は必須となります。

 

24800円も長い目で見れば格安かとは思いますが・・・。

 

賢威はこんな人にオススメ

 

●ビジネスで使いたい(ビジネス、個人どちらでも大丈夫です)

●個人のブログで使いたい(ビジネス、個人どちらでも大丈夫です)

●実績のあるwordpressテーマを使いたい

●SEOに強いもの!

●色々なサイトを作ってアフィリエイトをしたい

●とりあえずNo1のwordpressテーマを使いたい

 

賢威公式サイトはこちら

 

 

 

 

2位 AFFINGER5:バランスの取れた優秀なテンプレート

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

 

AFFINGER5の総合評価 80点

 

SEOの強さ     ★★★★☆(★5つ中)

デザイン性     ★★★★★(★5つ中)

使いやすさ・操作性 ★★★★★(★5つ中)

サポート      ★★★★☆(★5つ中)

価格        14800円(税込み)

レスポンシブWebデザイン ○(対応)

AMP ○

複数サイトで使える ○(対応)

 

 

AFFINGER5は「STINGER」という有名な無料wordpressテーマを

開発した(株)オンスピードが作っている有料テーマです。

 

STINGERは多くの人が使っていますし、実績もあります。

その会社が作っている有料テーマなので中身はかなりしっかりして

います。

 

AFFINGER5の特徴は、

 

・デザイン性+カスタマイズが色々できる

・エディター補助機能の充実

・アフィリエイトに特化した機能が豊富(SEO、google連携等)

・価格(14800円。税込み)が賢威よりも安い

 

です。

 

AFFINGER5はアフィリエイターがよく使用しています。

それなりのお値段で、それなりの性能(SEOの強さ、操作性)

だからだと思われます。

 

編集機能(エディター)の補助が充実しているので、

HTMLやCSSといった専門知識がなくとも、それなりにカッコいい

サイトが作れるのがAFFINGER5の良い所です。

 

また、アフィリエイト用のサイトに特化しているので、

SEO対策機能や、Googleの各種機能(アナリティクス等)との

連携etc 色々と細かな設定ができるようになっています。

 

ただし、SEOの強さに関しては、賢威に軍配が上がるかと

思われます。

 

その分お値段も14800円と賢威(24800円)よりだいぶ安く

なっています。

 

AFFINGER5はこんな人にオススメ

 

●アフィリエイトに使いたい

●少しでも安いwordpressテーマを使いたい

●機能の充実性を重視

●(無料テーマの)スティンガーに慣れている人

 

 

正直、有料のWordPressテンプレートはどうしても「賢威」との

比較になってしまいます。

 

AFFINGER5が賢威と比べて選ばれるとしたら、

 

・値段が安い(14800円)

 

という点でしょう。

 

ですので、有料テンプレートで本格的にブログ運営をしたい

けど、賢威の24800円はどうしても初期投資として高いという

方は、AFFINGER5を選んでも良いかと思います。

 

AFFINGER 5の公式サイトはこちら

 

  

なお、AFFINGER5を開発している同じ会社が作っている「無料」の

テンプレートが Stinger(スティンガー)です。

 

無料のwordpressテンプレートの中ではかなりのオススメとなります。

 

3位 THE THOR(ザ・トール):最先端wordpress有料テーマ

 

 

 

THE THOR(ザ・トール)の総合評価 80点

 

SEOの強さ     ★★★★☆(★5つ中)

デザイン性     ★★★★★(★5つ中)

使いやすさ・操作性 ★★★★(★5つ中)

サポート      ★★★★☆(★5つ中)

価格           15984円(税込み)

レスポンシブWebデザイン ○(対応)

AMP ○

複数サイトで使える ○(対応)

 

 

THE THOR(ザ・トール)もAFFINGER5と同じく、Wordpressの無料

テーマを提供している会社が販売している有料テーマです。

 

無料テーマLIONシリーズを提供しているFITが2018年10月にリリース

しました。

 

賢威やAFFINGER5ではなく、THE THOR(ザ・トール)を選ぶとしたら

理由は「デザイン性」でしょう。

 

THE THOR(ザ・トール)を使うとおしゃれなサイトができます。

 

また、多機能でサイトの表示スピードも早いです。

見出し装飾機能などは、非常に充実しています。

 

THE THOR(ザ・トール)は最新の有料wordpressテーマなので、

AMPだけでなく、PWA(Progressive Web Apps)という、

モバイル向けWebサイトをGooglePlayストアなどで見かける

スマートフォン向けアプリのように使える仕組みを備えています。

 

そういった意味では「最先端のwordpress有料テーマ」と言える

かもしれません。

 

THE THOR(ザ・トール)は有料WordPressテンプレートの3位に

しましたが、2019年10月現在、2020年以降を考えると、このテーマ

を選ぶ理由はたくさんあります。

 

最先端の機能が充実していて、価格も賢威より1万円ほど安い、15984円

(税込み)です。

 

リリースされたのが2018年なので、まだ実績はありませんが、仮に

僕が賢威以外の有料wordpressテーマを使用するなら、THE THOR(ザ・トール)

かなと思います。

 

THE THOR(ザ・トール)はこんな人にオススメ

 

●最新・最先端のWordPress有料テーマを使いたい

●少しでも安いwordpressテーマを使いたい

●機能の充実性を重視

●(無料テーマの)LIONシリーズに慣れている人

 

 

THE THOR(ザ・トール)の公式販売サイトはこちら

 

まとめ

以上、

 

WordPressオススメ有料テーマ(テンプレート)ベスト3!SEOに強い!【2019年】ワードプレス

 

でした。

 

再度、一覧にしてまとめると以下のようになります。

 

  価格(税込み) SEO デザイン性 操作性 レスポンシブ 複数サイト
賢威  24800円 5 5 5
AFFINGER5 14800円
THE THOR(ザ・トール)  15984円

 

初期投資(有料wordpressテンプレート)にはしっかりといきたい!

という人は、悩む必要なく「賢威」でしょう。

 

価格含めたバランス重視なら、「Affinger5」。

 

最先端のもの!という方には、「THE THOR(ザ・トール)」がオススメです。

 

(関連記事)

 

WordPressオススメ無料テーマ(テンプレート)ベスト3!【2019年】ワードプレス

14831 (3)

WordPress(ワードプレス)のテーマ(テンプレート)は無料・有料

問わず、大量に存在します。

 

「wordpress無料テーマオススメ50選」

とか書かれても、使うのは基本的には一つのテーマなので、そんなに

いらないですよね?

 

という事で、この記事では、

 

総合的に考えて、

「オススメの無料WordPressテーマベスト3」

を比較しながらまとめてみました。

 

(関連記事)

 

WordPressオススメ無料テーマ(テンプレート)ベスト3!【2019年】

先に結論を書くと、WordPressの無料テーマでオススメベスト3は

以下になります。

 

1  Cocoon(コクーン)―Simplicity(シンプリシティー)の後継

2 STINGER (スティンガー)

3 LION

 

 

評価基準は、

 

1 デザイン性・操作性

2 レスポンシブWEBデザインへの対応

3 表示スピード

(4 SEO内部対策済み)

 

です。

 

デザイン性は主観ですが、紹介する3つはとてもレベルが高いと思います。

操作性は慣れの部分もありますが、これもすべて使いやすいです。

 

「レスポンシブWebデザイン」とは、「スマホ等での表示」に

最適化されているかどうかという事です。

 

2019年10月現在、スマホサイトに最適化されていないページは

SEOでもかなり不利ですし、そもそも使いづらいです。

 

ジャンルによりますが、トレンドブログなどでは90%がスマホから

のアクセスという場合もあります。

 

つまり、「レスポンシブWebデザイン」に対応していない

WordPress(ワードプレス)のテーマは使い物になりません。

 

この記事で紹介するwordpressの無料テーマはすべて

「レスポンシブ対応」

となっています。

 

 

SEO対策(内部対策済み)というのも大事ですが、この点に関しては、

有料テーマには勝てませんので、あえて対象外としました。

 

SEO上位表示を重視するのなら、wrodpressのテーマは有料の「賢威

を使う以外ないでしょう。

 

(関連記事)

 

 

それに、「SEO」に関しては、やれ「meta description」だ

「meta robot」だ等々とwordpressテーマに関しても言われますが、

正直な所、大事なのはそこではないと思います。

 

「記事の質と数」

 

これが2019年、2020年以降最もSEO対策として大事になるでしょう。

ですから、極端なことを言うと、wordpressの無料テーマでSEOが

どうとか言っても、(無意味とは言いませんが)ほぼ意味がないかも

しれません・・・。

 

(関連記事)

 

ということで、この記事では、紹介するwordpress無料テーマのSEO対策

については記述はしますが、それほど重視はしません。

 

おそらく、wordpressの無料テーマの提供者にできるSEO対策はそんな

にないと思うからです。対策するのはそれを使って記事を書いていく

あなたです。

 

紹介する3つのテーマに共通しているのは、「キレイなデザイン」です。

デザイン性というのは主観なので、それこそ客観的な評価はできませんが、

デザインだけで言えば、個人的には有料のテーマを使う必要はないかなと

思ってしまいます。

 

 

上記の3つのテーマはなにしろ『無料』なので、金銭的な

リスクはゼロですから、気になったら使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

1位 Cocoon―WordPressオススメ無料テーマベスト3!【2019年】

 

 

Cocoonの総合評価 90点

 

デザイン性・操作性      ★★★★★(★5つ中)

レスポンシブWEBデザイン  ○ 対応

表示スピード        ★★★★★(★5つ中)

 

 

Cocoonは無料のwordpressテーマですが、機能がとても充実しています。

 

また、Cocoonはもともとwordpressの無料テーマとして非常に評判の

良かった、Simplicityの後継テーマとなりますので、ある意味では実績が

あります。

 

Simplicityを使っていたアフィリエイターやブロガーはたくさんいます。

 

Cocoonのページには特徴が7つ載っています。

 

1 シンプル

2 内部SEO施策済み

3 完全なレスポンシブスタイル

4 手軽に収益化

5 ブログの主役はあくまで本文

6 拡散のための仕掛けが施されている

7 カスタマイズがしやすい

 

確かにその通りでしょう。

 

「先輩」であるsimplicity同様、シンプルなデザインのテーマに

なっています。

 

特に女性の方にうけそうな、爽やかで柔らかいデザインです。

 

 

SEO内部対策については、worpdressの無料テーマなのでそこまで

期待するのはどうかと思いますが、「できることはやった」との

事です。

 

特に、ページ高速化機能が搭載されているので、この点はありがたい

ですね。おそらくですが、googleはページの表示速度を重視しつつあり

ますし。

 

ただ、この点(SEO)は有料のwordpressテーマには勝てないでしょう。

 

 

 

スマホにもきっちりと対応した、「レスポンシブwebデザイン」と

なっています。

 

 

また、wordpressブログによる「収益化」についても細かく施策が

されています。

例えばですが、googleアドセンスのコードを簡単に実装できたり、amazon

や楽天のアフィリエイトコードも簡単に掲載できます。

 

 

その他、とにかくCocoonは無料のwordpressテーマにしては、かなり

多機能・高機能になっています。

 

さらには、無料なのに、公式フォーラムがあります。

https://wp-cocoon.com/community/

 

 

しつこいようですが、「無料」ですから、検討中の方は一回使ってみては

どうでしょう?

 

Cocoonのダウンロードはこちら

 

2位 STINGER―WordPressオススメ無料テーマベスト3!【2019年】

 

STINGERの総合評価 90点

 

デザイン性・操作性      ★★★★★(★5つ中)

レスポンシブWEBデザイン  ○ 対応

表示スピード        ★★★★☆(★5つ中)

 

 

STINGERは無料ですが、同じ会社が有料のAFFINGER5というwordpress

テーマを作っています。

 

ですので、いわばSTINGERはAFFINGER5の下位互換のwordpressテーマ

となります。

 

下位互換と言っても、決して悪いものではなく、むしろ無料なら十分な

内容かと思います。

 

STINGERは有名で、無料なので多くの人が使っている事もあり、ネット

上に使い方が多数載っています。ですので、困ってもぐぐれば解決する

ことが多いです。

 

Cocoon同様、シンプルなデザインが特徴です。

 

STINGERのダウンロードはこちら

 

 

3位 LION BLOG―WordPressオススメ無料テーマベスト3!【2019年】

 

LION BLOG の総合評価 90点

 

デザイン性・操作性      ★★★★★(★5つ中)

レスポンシブWEBデザイン  ○ 対応

表示スピード        ★★★★☆(★5つ中)

 

 

LION BLOGも無料のWordPressテーマとしてオススメです。

理由は(無料なのに)高機能だからです。

 

デザイン性(主観ですが)、レスポンシブ対応、表示スピード、

すべて合格点です。

 

また、stinger同様、LION BLOGをリリースしている会社も有料

wordpressテンプレートを出しています。

THE THOR(ザ・トール)

です。

 

このTHE THOR(ザ・トール)、2019年10月時点で、大変注目

されている最新型wordpressテーマとなっています。有料ですが・・・。

興味のある方は下記関連記事をどうぞ。

 

(関連記事)

 

 

優れた有料テンプレートを作っている会社が、それこそ「見本」として

出している無料テーマ(テンプレ)がLION BLOGですので、高機能です。

 

LION BLOGのダウンロードはこちら

 

まとめ

以上、

 

WordPressオススメ無料テーマ(テンプレート)ベスト3!【2019年】ワードプレス

 

でした。

 

再度まとめると、

 

1位  Cocoon(コクーン)―Simplicity(シンプリシティー)の後継

2位 STINGER (スティンガー)

3位 LION BLOG

 

となります。

 

正直、どれも良い意味で大差はないですし、無料ですから、

これにしてみるか

程度の気持でどれかから使ってみてはいかがでしょうか?

 

(関連記事)

 

 

 

 

サブコンテンツ

ぽんきちのプロフィール

ぽんきちのプロフィール

都内の某国立大学の大学院を修了後、某出版社にて編集者をする。諸般の事情で急遽退社。一時、1歳の子供を抱え、夫婦ともに「無職」となる。その後、「せどり」を始める。ミイラ取りがミイラに。あれよあれよという間に5年目(2015年現在)。続けているということは、【稼ぎ続けている】ということです。国内市場、海外市場で最高月商800万程度(継続中)。2014年以降は【稼ぎ続けるせどりノウハウ】を中心に情報発信を開始。
詳細はこちら

ぽんきちの実績

ぽんきちの実績

2年分で9100万くらい。四年以上やっているので、海外市場合わせると3億円以上ですが(2016年現在)、タイトル変更も面倒なのでそのまま1億にしておきます。
詳細はこちら

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは何か?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出とは?

アマゾン輸出で一人総合商社!
詳細はこちら

古本出張買取やってます

古本出張買取やってます

twitter

LINE@始めました!

LINE@始めました!

掲載された雑誌一覧

掲載された雑誌一覧
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

ブログランキング参加中!




にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ


このページの先頭へ